Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 2,376
ポイント : 23pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[大槻有一郎]のUnityではじめるC# 基礎編
Kindle App Ad

UnityではじめるC# 基礎編 Kindle版

5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,808 ¥ 2,600

紙の本の長さ: 304ページ
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

タブレット端末での読書には無料アプリ Kindle for iPadKindle for Android をご利用ください。


商品の説明

内容紹介

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

〈電子書籍版に関する注意事項〉
本書は固定レイアウト型の電子書籍です。リフロー型と異なりビューア機能が制限されるほか、端末によって見え方が異なりますので、ご購入前にお使いの端末にて「無料サンプル」をお試しください。

【ゲームエンジン「Unity」でゲームをつくりながら「C#」の基礎をしっかり習得!】

スマホアプリをつくりながらC#のキホンをしっかりマスター! ゲームエンジン「Unity」でゲームをつくりながら、定番プログラミング言語「C#」の基礎をしっかり習得できます。教材は、アプリ界の“和尚”いたのくまんぼう氏による、スマホゲームの人気ジャンル「脱出ゲーム」と「物理ゲーム」のひな形2本。学習者向けに、C#の難しい文法や概念は使わないシンプルなプログラムにするべく腐心し、カスタマイズやステージ追加を行いやすいように設計した力作。C#未経験者、Unity未経験者はもちろん、過去にC#習得に挫折した経験者にも読んでほしい一冊です。

〈本書の構成〉
Chapter 1 Unityで開発する準備をしよう
Chapter 2 C#の基本
Chapter 3 分岐とループ
Chapter 4 Unityを使ったプログラミング
Chapter 5 脱出ゲームを作ろう
Chapter 6 物理パズルを作ろう
Chapter 7 スマートフォンアプリの公開

※本書ではUnity 5.4.0f3で動作検証を行っています

内容(「BOOK」データベースより)

知識ゼロでも大丈夫!!C#初心者のための「楽しい」入門書。定番プログラミング言語「C#」の基礎を、ゲームエンジン「Unity」で簡単なスマホアプリをつくりながら、しっかり習得できます。現役アプリ開発者による、動いてうれしい、遊んでおもしろい、改造して楽しいゲームで今日からはじめよう!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 153577 KB
  • 出版社: エムディエヌコーポレーション(MdN) (2016/10/25)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01MFAJOHO
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 9,276位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
Unityの基本的なアプリ制作のやり方と手順がわかる本ですね。UnityはC#に精通しているだけではアプリ制作はできないでしょう、Unity独自の作法を覚える必要があります。逆に作法がわかればプログラム部分をかなり減らす事が可能と思います。
それだけでなく、アプリの公開に関してのGooglePlayとiOSでの解説がとてもありがたいです。このあたりは時間とともに手順などが変更されてしまうものなのですが、現時点でのやり方という事が本という形になっている事がとても参考になります。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
Unityに難しいところがあるとしたら、「ビヘイビアの記述をC#流にUnityスクリプトで書かなければならない」という部分でしょう。特に非プログラマの場合、やりたいことは「Unityのスクリプトを書くこと」なのに、「C#の文法を憶えなければならない」というのは、Unityに出会う以前にプログラミングを知っている人には、意外とそのハードルの高さの予想がついていないのかもしれません。それはいわゆる「コード恐怖症」とは意味が違い、適切な入門書がないのが一番の原因だと考えています。

本書はその点において、「Unityスクリプトを書くのにひとまず必要十分なC#の知識」をわかりやすくコンパクトにまとめてある、日本語書籍として非常に出来がよいものです。(実は、この手の目的の本は海外では何冊か出ているのですが、意外と日本では出てなかった印象があります。)

同時にゲームにとって必要なUIの知識をコンパクトに教えるために、脱出ゲームを例にとっている辺りに、Unityを教える機会がある者としても「なるほど」と思わせる点がありました。

今後、応用編も予定されているようで、非常に楽しみです。
また本書を皮切りに、より深くC#の機能を知り、ライブラリリファレンスの読み方がわかるようになれば、読者のUnity力は間違いなくアップすること
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
当方、C とjava の学習経験があり、Unity は使ったことがありません。

読み終わった感想は、とりあえずUnity 使ってゲーム作ってみたい人向けの本だなと思いました。

まず、C# の解説部分は、ハッキリ言って使い物になりません。
丁寧な説明ではありますが、言語の根幹に触れないため、モヤモヤした感じが残ると思います。
ただ、スクショや挿絵が豊富にあるので、カンのいい人は何となくわかるかもしれません。

一方、ゲーム作成部分は、非常に良いです。
こちらも、スクショや挿絵が豊富にありますし、一つ一つの手順を細かく説明しています。
スクリプトも複雑なものを使っていないため、そこまで時間をかけずにゲームを作成することができます。
読み終わるころには、Unityでゲームを作る一連の手順を身に付けることができると思います。

オールフルカラー、豊富なスクリーンショットという点を鑑みれば、適正な価格だとは思いますが、
購入を検討するのであれば、他の本と中身を比較してから購入することをお勧めします。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover