通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
Under the Rose 6―春の賛歌 (バー... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Under the Rose 6―春の賛歌 (バーズコミックスデラックス) コミックス – 2009/5/23

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • Under the Rose 6―春の賛歌 (バーズコミックスデラックス)
  • +
  • Under the Rose 7 春の賛歌 (バーズコミックス デラックス)
  • +
  • Under the Rose 5―春の賛歌 (バーズコミックスデラックス)
総額: ¥2,700
ポイントの合計: 82pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

登録情報

  • コミック: 204ページ
  • 出版社: 幻冬舎コミックス (2009/5/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 434481648X
  • ISBN-13: 978-4344816480
  • 発売日: 2009/5/23
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
一年に一冊のスピードで発売される、アンダーザローズ。

今回は、伯爵がは奥さんのアンナに、自分の今の本当の気持ちを伝えます。
話のながれは、結局はどこかわかってた様な、そんな惨たらしさや、諦観。
大人の理屈と貴族社会の中で割り切る立ち位置に、どこかで縋っていたい本当の心の中の気持ちに整理を付けていくような感じ。

そして。
レイチェル先生は、あることにやっと気がついて・・・。

さぁ、これからどうなる!ってかんじです。

巻末おまけ漫画も、コミカルに描かれてて大好きです。
アグネスさんのパンチ力ってすごいんだねぇ・・・(笑

さて、次が発売までに、また一年間悶絶するか。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ぱみ 投稿日 2009/7/9
形式: コミック Amazonで購入
巻をかさねる毎に「次はどうなるのかな?」と自分なりにしてみるのですが
良い意味ではずれてくれるのが小気味良いです。
大きく外れてくれるたび、作者さんの作品が大好きになります。
あと1年待つのか・・・と思うとどうにもじれったくて
連載WEB本を覗いてみたりと わくわくするような待ち遠しさ
大人になっても話のカケラだけでも欲しい!と激しく思う本は久しぶり
読み終えたらどこか禁断症状にも似た渇望状態です。

シリアスで底なし沼のようにダークな作風かと思えば
笑いをこらえるコミカルな部分や
人と人との純粋で誠実なあったかい陽だまりのような好意など
の表現はほんとうにお上手
時代背景の設定やしきたり、ささいな小物も描きこまれていて
一コマすらも見逃せないです。
ほとんど出番がないような使用人一人一人の設定もきちんとされている様にも思え
どこでだれが化けるのか・・・とも楽しい先読みをしたりして
物語に浸りきってしまいます。

一番密度濃く1ページを描かれているのは
お口直し的な 巻末書き下ろしなのですが
・・・これも楽しみで。
今回2作ある内の「グレンさん」の
グレン夫人の修羅
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
待ちに待ったあんだろ、6巻は個人的に充実してて大好きな1冊です。

今までのレイチェルのおせっかいがついに実を結び(?)、アンナに行動を起こさせる・・・
それによってついに伯爵の本音が吐露され、ウィリアムがこれまで何を守ろうとしていたのかも明らかになる巻です。

なんでも笑って受け入れていた(ように見えた)伯爵の真実にはドキリとさせられますね〜
他にも子どもたちの成長や、レイチェルとウィリアムの微妙な変化なども読みごたえがあります!
船戸さんは、こういうヒトの心が複雑にからまってるのを描くのが本当に上手です♪
巻末オマケもグットです(双子カワイイ〜)

私的には、舞踏会のラストの顔を赤らめたウィリアムにかつてないほど萌えました(笑)
純情になってきて・・・カワイすぎるウィル〜(笑)

最後に、作者のサイト「ひまわりらんぷ」の「めもちょう」からAmazonに新刊予約を入れると作者様の手助けが出来るらしいです。
ぜひ7巻予約を!
私?もちろんしましたよ〜!(^_^)
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告