¥ 3,276
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
Unbroken: A World War II ... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

Unbroken: A World War II Story of Survival, Resilience, and Redemption (英語) ハードカバー – 2010/11/16

5つ星のうち 3.1 32件のカスタマーレビュー

その他(17)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
図書館
"もう一度試してください。"
¥ 2,475 ¥ 7,422
ハードカバー, 2010/11/16
¥ 3,276
¥ 2,021 ¥ 951

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞
2016年、洋書で最も売れた本をご紹介 >詳しく見る

商品の説明

内容紹介

#1 NEW YORK TIMES BESTSELLER • NOW A MAJOR MOTION PICTURE • Hailed as the top nonfiction book of the year by Time magazine • Winner of the Los Angeles Times Book Prize for biography and the Indies Choice Adult Nonfiction Book of the Year award

On a May afternoon in 1943, an Army Air Forces bomber crashed into the Pacific Ocean and disappeared, leaving only a spray of debris and a slick of oil, gasoline, and blood. Then, on the ocean surface, a face appeared. It was that of a young lieutenant, the plane’s bombardier, who was struggling to a life raft and pulling himself aboard. So began one of the most extraordinary odysseys of the Second World War.

The lieutenant’s name was Louis Zamperini. In boyhood, he’d been a cunning and incorrigible delinquent, breaking into houses, brawling, and fleeing his home to ride the rails. As a teenager, he had channeled his defiance into running, discovering a prodigious talent that had carried him to the Berlin Olympics and within sight of the four-minute mile. But when war had come, the athlete had become an airman, embarking on a journey that led to his doomed flight, a tiny raft, and a drift into the unknown.

Ahead of Zamperini lay thousands of miles of open ocean, leaping sharks, a foundering raft, thirst and starvation, enemy aircraft, and, beyond, a trial even greater. Driven to the limits of endurance, Zamperini would answer desperation with ingenuity; suffering with hope, resolve, and humor; brutality with rebellion. His fate, whether triumph or tragedy, would be suspended on the fraying wire of his will.

In her long-awaited new book, Laura Hillenbrand writes with the same rich and vivid narrative voice she displayed in Seabiscuit. Telling an unforgettable story of a man’s journey into extremity, Unbroken is a testament to the resilience of the human mind, body, and spirit.

Praise for Unbroken
 
“Extraordinarily moving . . . a powerfully drawn survival epic.”The Wall Street Journal
 
“[A] one-in-a-billion story . . . designed to wrench from self-respecting critics all the blurby adjectives we normally try to avoid: It is amazing, unforgettable, gripping, harrowing, chilling, and inspiring.”—New York
 
“Staggering . . . mesmerizing . . . Hillenbrand’s writing is so ferociously cinematic, the events she describes so incredible, you don’t dare take your eyes off the page.”People
 
“A meticulous, soaring and beautifully written account of an extraordinary life.”—The Washington Post
 
“Ambitious and powerful . . . a startling narrative and an inspirational book.”—The New York Times Book Review
 
“Marvelous . . . Unbroken is wonderful twice over, for the tale it tells and for the way it’s told. . . . It manages maximum velocity with no loss of subtlety.”Newsweek
 
“Moving and, yes, inspirational . . . [Laura] Hillenbrand’s unforgettable book . . . deserve[s] pride of place alongside the best works of literature that chart the complications and the hard-won triumphs of so-called ordinary Americans and their extraordinary time.”—Maureen Corrigan, Fresh Air
 
“Hillenbrand . . . tells [this] story with cool elegance but at a thrilling sprinter’s pace.”Time

Unbroken is too much book to hope for: a hellride of a story in the grip of the one writer who can handle it.”—Christopher McDougall, author of Born to Run

レビュー

“Extraordinarily moving . . . a powerfully drawn survival epic.”The Wall Street Journal
 
“[A] one-in-a-billion story . . . designed to wrench from self-respecting critics all the blurby adjectives we normally try to avoid: It is amazing, unforgettable, gripping, harrowing, chilling, and inspiring.”—New York
 
“Staggering . . . mesmerizing . . . Hillenbrand’s writing is so ferociously cinematic, the events she describes so incredible, you don’t dare take your eyes off the page.”People

“A meticulous, soaring and beautifully written account of an extraordinary life.”—The Washington Post
 
“Ambitious and powerful . . . a startling narrative and an inspirational book.”—The New York Times Book Review
 
“Marvelous . . . Unbroken is wonderful twice over, for the tale it tells and for the way it’s told. . . . It manages maximum velocity with no loss of subtlety.”Newsweek
 
“Moving and, yes, inspirational . . . [Laura] Hillenbrand’s unforgettable book . . . deserve[s] pride of place alongside the best works of literature that chart the complications and the hard-won triumphs of so-called ordinary Americans and their extraordinary time.”—Maureen Corrigan, Fresh Air
 
“Hillenbrand . . . tells [this] story with cool elegance but at a thrilling sprinter’s pace.”Time
 
Unbroken is too much book to hope for: a hellride of a story in the grip of the one writer who can handle it. . . . When it comes to courage, charisma, and impossible adventure, few will ever match ‘the boy terror of Torrance,’ and few but the author of Seabiscuit could tell his tale with such humanity and dexterity. Hillenbrand has given us a new national treasure.”—Christopher McDougall, author of Born to Run
 
“Riveting . . . an exceptional portrait . . . So haunting and so beautifully written, those who fall under its spell will never again feel the same way about World War II and one of its previously unsung heroes.”—The Columbus Dispatch
 
“Magnificent . . . incredible . . . [Hillenbrand] has crafted another masterful blend of sports, history and overcoming terrific odds; this is biography taken to the nth degree, a chronicle of a remarkable life lived through extraordinary times.”—The Dallas Morning News
 
“No other author of narrative nonfiction chooses her subjects with greater discrimination or renders them with more discipline and commitment. If storytelling were an Olympic event, [Hillenbrand would] medal for sure.”Salon

“A celebration of gargantuan fortitude . . . full of unforgettable characters, multi-hanky moments and wild turns . . . Hillenbrand is a muscular, dynamic storyteller.”The New York Times

“[A] masterfully told true story . . . nothing less than a marvel.”Washingtonian

“Zamperini’s story is certainly one of the most remarkable survival tales ever recorded. What happened after that is equally remarkable.”—Graydon Carter, Vanity Fair

“Irresistible . . . Hillenbrand demonstrates a dazzling ability—one Seabiscuit only hinted at—to make the tale leap off the page.”Elle

“A tale of triumph and redemption . . . astonishingly detailed.”O: The Oprah Magazine

“An astonishing testament to the superhuman power of tenacity.”Entertainment Weekly

“Intense . . . You better hold onto the reins.”The Boston Globe

“Incredible . . . Zamperini’s life is one of courage, heroism, humility and unflagging endurance.”St. Louis Post Dispatch

“Hillenbrand has once again brought to life the true story of a forgotten hero, and reminded us how lucky we are to have her, one of our best writers of narrative history. You don’t have to be a sports fan or a war-history buff to devour this book—you just have to love great storytelling.”—Rebecca Skloot, author of The Immortal Life of Henrietta Lacks

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 496ページ
  • 出版社: Random House (2010/11/16)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 1400064163
  • ISBN-13: 978-1400064168
  • 発売日: 2010/11/16
  • 商品パッケージの寸法: 17.3 x 3.3 x 25.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 77,545位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック Amazonで購入
この「アンブロークン」という作品は、ルイスザンペリーニが語る「体験談」がベースになっています。驚くべきことに、このルイス・ザンペリーニという人物には「盗癖」「暴力癖」「飲酒依存」だけでなく「虚言癖」があるのです。その結果として、この「アンブロークン」という作品は「他人の小説からの模倣」と「作り話」で構成されているのです。まず、「アンブロークン」という物語のクライマックス「ルイスの改心」の部分なのですが、これ自体から「作り話」なのです。ルイスの話と「アンブロークン」の中では、「渡邊曹長の虐待により、精神破綻・生活破綻した」という「作り話」をしているのですが、本当は「投機での失敗、アルコール依存症、家庭内暴力、仕事に就かないことにより家庭崩壊した」というのが、事実なのです。これは、41歳の時の伝道集会と1956年に出版した自伝の中で、ルイス自身がそのように語っています。いつの時点から、ルイスの話が「アンブロークン」のようなストーリーになったかというと、1995年に、元英国人捕虜エリック・ローマクスにより「ザ・レイルウェイマン」という小説が出版された後なのです。この小説の筋書きは、驚くべきことに「アンブロークン」とほぼ同じなのです。すなわち、「虐待によりPTSDになり、家庭崩壊。虐待者に対し憎しみの炎を燃やすが、許して和解する」という筋書きです。ルイスは、1995年以降、自身の体験談を「...続きを読む ›
コメント 98人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
僕は日本に住んでいるアメリカ人ですので日本のこと大好きです。だからこの本に書かれている内容は非常に読み難いと思いました。でも調べてみると主人公の経験は歴史的に正確です。100%正確かどうかもちろん確かめることは無理です。

著者のリサーチはここに書かれています:[・・・]
主人公と何回もインタビューしました。

アメリカも似たような悪いことをたくさんをやりました。日系アメリカ人を強制収容所に入れて、似たような体罰などをあたえてしまいました。もちろんそれよりひどいことは広島と長崎の原爆のことです。

残念ですけど、アメリカ人の典型的な態度がこの本にあらわされています。というのは日本に原爆を使うのは正義または必要ということです。僕は絶対に反対の意見を持っています。この話の主人公は兵士でした。日本に戦争を起こした人たちでした。広島と長崎は違いました。文民、女性、年寄り、子供、赤ちゃんがみんな必要のない正義のない苦しみ受けてしまいました。これはアメリカの大罪です。日本人に心からお詫びしたいとおもいます。

最後のポイントなんですけど読みずい本はか必ず悪い本じゃないとおもいます。互いに自分の国がやった悪いことを認めれば一番理解と平和になれると思います。
24 コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 みにゃこ 投稿日 2014/12/8
形式: ペーパーバック
そもそも日本に食人文化とかありませんし。
何を調べてかいたんでしょうか。
1 コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
日本を悪者にしたい国の本。戦争なんてどの国も加害者で被害者。カメリカだって日本の一般市民を原爆で皆殺しにした。女子供、赤ちゃんまで。でもアメリカではそれが正義なんだろう。いつまでもいつまでも昔の戦争を利用して現在でも戦争しかけて、こんな本や映画を作って正義ぶればいい。
1 コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
This story is full of lies. In this story, Japanese people eat humans. And the author says that is Japanese culture. What is this? Did he really go to Japan? There is no historical evidence about such things! Is this just a political propaganda? We, the people in a democratic country, should research why and how this story was written.
2 コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 もりにゃん 投稿日 2014/7/6
形式: ペーパーバック
フィクションをノンフィクションとした捏造本

こんなインチキ話に騙されてる日本人が哀れです。
1 コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
ただ、一人の捕虜が
日本はアメリカ兵やイギリス兵、カナダ兵、
ニュージーランド兵、オランダ兵、
オーストラリア兵ら約13万2000人を捕虜にした。

そのうち3万6000人近くが死んだ。

4人に1人を超える確率だ。

こんなこと知っているのか?

特にアメリカ兵の捕虜の待遇がひどかった。

日本に捕らえられた3万4648人のアメリカ兵のうち、
37%超に相当する1万2935人が死んだ。

ちなみに、ナチス・ドイツやイタリアに捕らえられた
アメリカ兵のうち、死亡したのはわずかに1%だった。

何千人もの捕虜たちが、殴られたり焼かれたり、
銃剣で刺されたり、こん棒で殴られたりして殺され、
銃殺され、人体実験で殺され、

【人食いの風習で生きたまま食われた。】

どこまで本当のことなのかはよく自分で調べて
見ないといけません

鵜呑みに出来るのは日本人としておかしいでしょ。

そして原爆を肯定する内容。

どこまでも日本悪しだねうんざり。
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー