¥ 3,024
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
UX × Biz Book ~顧客志向のビジネス・... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
10点すべてのイメージを見る

UX × Biz Book ~顧客志向のビジネス・アプローチとしてのUXデザイン~ 単行本 – 2016/12/27

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 5,291

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • UX × Biz Book ~顧客志向のビジネス・アプローチとしてのUXデザイン~
  • +
  • Web制作者のためのUXデザインをはじめる本 ユーザビリティ評価からカスタマージャーニーマップまで
  • +
  • デザインスプリント ―プロダクトを成功に導く短期集中実践ガイド
総額: ¥8,640
ポイントの合計: 261pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



AKB48入山杏奈 ファースト写真集「美しい罪」
クールビューティなイメージが定着している彼女の新たな一面に注目! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

ビジネス視点から、UXの価値を探る

ビジネス・パーソン向けのUX(ユーザーエクスペリエンス : 顧客体験)解説書。
B2Cであれ、B2Bであれ、Webであれ、アプリであれ、ブランディングであれ、コールセンターであれ、ビジネスの場面において「顧客とのエンゲージメント」の重要性が増している中、UXアプローチは必要不可欠なものとなってきています。
本書はデジタル・マーケティングから顧客との関係構築、ブランディング、実装まで、それぞれ現場で活躍する執筆陣が、多面的・複合的な視点、切り口で、UXおよびUXDのビジネス価値に関して、分かりやすく解説します。

【誰のための本か?】
ビジネス視点からUX(ユーザーエクスペリエンス)の価値や重要性を知りたい方

【構成】
Chapter1 UXとはなにか? (田平 博嗣)
Chapter2 UXと顧客エンゲージメント (原 裕)
Chapter3 UXが企業にもたらす価値 (井登 友一)
Chapter4 UXブランディング (明海 司)
Chapter5 Webサービス開発プロジェクトにおけるUXデザイン (塚本 洋、川田 学)
Chapter6 BtoBビジネスにおけるUX (橘 守)
Chapter7 コールセンターにおけるUXとカスタマー・エンゲージメント (萩谷 衞厚)
Chapter8 UXの採用プロセス (坂本 貴史)
Chapter9 オムニチャネル時代におけるCX/UX:エンゲージメント・コマース(奥谷 孝司、原 裕)

出版社からのコメント

キャンペーン詳細はこちら
book.mynavi.jp/pcbook/blog/detail/id=64513
connpass.com/event/47475/

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 240ページ
  • 出版社: マイナビ出版 (2016/12/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4839959064
  • ISBN-13: 978-4839959067
  • 発売日: 2016/12/27
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 21,463位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
読後の感想は、「ずいぶんあっちこっち行ったなぁ。最終的には1冊の本としてまとまっていると思うけど、でも、誰も”超満足”とは言わないだろうな」というものでした。だって、UXという広大なエリアを、多数の著者が「ビジネスの現場で」という括りだけで自分の得意な分野について好き勝手に論じているんですもの…。
ただ、9つからなるそれぞれのChapterを1つずつバラのものとして見ていけば、それぞれが論じているポイントは分かりやすいと思います。
以下、もくじに私の簡単な主観的紹介を加えてみます:

Chapter1 UXとはなにか? (田平 博嗣)
UXの定義から始まり、「サービスデザイン」という言葉で語られがちな調理器具とスポーツ観戦というオフライン事例へ。
■ Chapter2 UXと顧客エンゲージメント (原 裕)
顧客が新たな顧客を作っていくというエンゲージメント・モデルの説明と無印の担当者へのインタビュー。
■ Chapter3 UXが企業にもたらす価値 (井登 友一)
モノからコトへ、コトからサービスへ、サービスから経験へ、経験からシステムへという変遷を大局的に解説。
「ユーザー中心から社会中心へ」という世の中の志向性の変化とその背景も説明されていて、個人的には前半の山場です
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
超顧客志向でビジネスを再構築!

実際に、UXデザインを使って、顧客が想像する以上に顧客の満足度をあげるビジネスを生み出している最先端の方々によるUXのビジネス活用本。

読み進めると、驚くほどに著作陣の、UXの定義だったり、書き方も統制されていない。
途中は「う~ん、UX本だけど読者のこと考え切れてないのでは?」と考えてしまった。

さらに読み進めると「利用者よりも利用者体験の最大化・最適化を考える、という点は全員が一緒なんだ」というのに気付く。
そして「UXという幅広い抽象概念を多面的に描くことで、読者に全体を理解させるのだ」というのにも気付く。
具体的な章もあれば、抽象度高い章もあり、理解を広げることができる一冊。

そんな本の出版記念イベントに参加させて頂いた。
著作陣によるパネルディスカッションと懇親会。

実務化によるビジネス本は、自分の顧客を広げる目的のことが多いと感じるのだけど、イベントに参加して一番感じたのは「全てのビジネスに顧客志向を根付かせたい」という強い思い。

本に書かれていないことを聞かせて頂く中で感じたのは、「UXを多面的に書き尽くした本」ではないということ。「読者の今のビジネスに顧客志向がある
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
数年前から溢れだしたUX(顧客体験)は我田引水的に広がって捉え所がなく、なんとなく判るけどちゃんと判らない、という代表的な言葉でした。こうした言葉を理解する上でのひとつの試みは、異なる視座から、あるいは異なる視点をもった人がオムニバス的に書いたものを横並びに読むことだと本書は気付かせてくれます。顧客エンゲージメントからBtoBからコールセンターまで、横並びにして読むことで理解が深まり、整理が出来ます。特にマーケティングの周辺に多い定義が曖昧な言葉の理解としてはこうした書籍の読むことが最も効果的かも知れません。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
さまざまな立場の異なる執筆者が書いているので、UXの定義からしてそれぞれではあるのだが、共通する「顧客主義」「共創」「体験」といったキーワードはどの論考にも出てくる。そのような企業や事例や商品のアイデアについて読み進めていくうちに、大事なコンセプトが漆塗りのように何度も何度も重ねられていくことで、UXの全体像が何となくわかってくる。

近年、UXの重要性が注目されるようになってきたが、UXの入門書的な本はなかなかないように思う。UXって重要そうだ、でも手頃な本がなかなか見つからないという人にお勧めしたい一冊だ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
他の方もレビューされている通り、多様な観点で書かれています。悪くいうとまとまりがありませんが、UXがそれだけ広い範囲で語られているという現実を理解することができます。
一章はUXについてニュートラルでわかりやすい解説が書かれているので、その章だけでも十分に読む価値があると感じました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック