通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
UXの時代――IoTとシェアリングは産業をどう変え... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 状態良好 帯あり ゆうメール発送 店頭との併売につき売り切れの際はご容赦下さい
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

UXの時代――IoTとシェアリングは産業をどう変えるのか 単行本 – 2016/12/6

5つ星のうち 4.5 24件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,400

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • UXの時代――IoTとシェアリングは産業をどう変えるのか
  • +
  • 生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの
総額: ¥3,672
ポイントの合計: 110pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

IoTとシェアリングは、産業を、企業を、個人を、どう変えるのか?
――すべての鍵は、UX(ユーザーエクスペリエンス)にある。

▼ 5ドルPC、人差し指第二関節大のセンサー、月額数十円のMtoM通信…
IoTテクノロジーは「値段が気にならない」くらい安価で、便利で、手軽だ。

▼ UberやAirbnbは地殻変動の前触れに過ぎない。モノ、空間、仕事、輸送…
産業のあらゆるリソースがIoTで共有される、究極のリソースシェアリング社会が到来する。

▼ 垂直統制から水平協働へ――。企業・産業の枠組みを超えて協働し、
ユーザーに新しい体験を提供する、UXビジネスを創造する企業だけが生き残る。

物流改革からロボット研究、ヘルスケアイノベーション、シェアリングビジネス、トライアスロン事業までを手掛ける
日本ロジスティクス大賞受賞の起業家が、今起きている変化の本質と、〈共有型経済のビジネスモデル〉を描出する。

序章 地殻変動の予兆――世界のビジネスシーンで起きている変化の本質
1章 垂直統制型から水平協働型へ――ビジネスも社会も歴史的転換点にある
2章 あらゆるリソースがIoTでつながる――水平協働型シェアリングエコノミーの到来
3章 UXビジネスにどう移行すべきか?
4章 シェアリングエコノミーを支えるIoT
5章 UX創造のビジネス戦略――リソースシェアリングによる新しいビジネスモデル
6章 UXビジネスの障壁――行政との交渉、働き方の改革
終章 ネクスト・メイン・フィールドへ

出版社からのコメント

(以下、「序章」より一部抜粋)

私は外資系コンサルティング会社で8年間、起業して15年間、ロジスティクスとテクノロジーを軸として、あらゆる産業の課題 解決・組織改革に携わってきた。しかし次第に顧客企業と向き合うだけのBtoBサービスに限界を感じるようになった。顧客の向こうにいる消費者と直接向き合わなければ、顧客にとって何が本当に必要なのかが見えてこないからだ。

そこで、それまでの事業とまったく関係のないスポーツとウエルネスの分野でBtoCの事業を始めた。この事業の立ち上げでまず見えてきたのは、UX(ユーザーエクスペリエンス)の大切さと、それに応えるビジネスの難しさだった。

今起きているユーザーの反乱は、彼らが企業の提供するものに価値をあまり認めなくなったことから生まれている。これまでの企業はユーザーのニーズを把握して、そのニーズを満たす商品やサービスを提供してきたつもりでいるが、それはあくまで設備や組織といった企業のリソースの都合で生みだしてきた商品・サービスにすぎない。

これからの企業はそうした既存の枠組みから脱却し、ユーザーが何に感動するか、価値を得るか、つまりUXをいかに最大化するかを基準に、ビジネスモデルを再構築しなければならない。

そのためにはこれまでの産業分類が邪魔になる。古いビジネスモデルは製造業やサービス業など、企業が効率的にビジネスを行うために専業化されている。しかし、UXを基準にビジネスを考えた場合、こうした産業の分類は意味をなさない。ユーザーがモノを使うのも、サービスを利用するのも、自分が求める体験をするためであり、それを提供する企業の業種が何なのかは関係ないからだ。

そこで私が始めたスポーツとウエルネスの新事業では、雑誌メディア、ネットメディア、SNS、ユーザー目線の商品開発、レースやスクールの企画・運営などを総合的に提供する仕組みを、ユーザー起点でゼロから作り上げた。そこから生まれたのは、ユーザーがただ商品やサービスを買うのではなく、イベントやネットワークを通じて自分たちのコミュニティを形成し、事業を牽引していく、シェアリングエコノミー型の活動形態だった。また、この事業では企業コンサルティング事業で磨いたIoT、SI、ロボティクスなどのテクノロジーを、BtoCビジネスの切り口から新たなかたちで活用することにも挑戦した。

このユーザー起点の仕組みと、様々な先端テクノロジーが複合的に作用するビジネスを通じて、UXを最大化するための仕組みをどうすれば構築できるか、それが単なる一企業のビジネスを超えて、どのように産業や社会のシステムを変えていくかが少しずつ見えてきたのだった。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 248ページ
  • 出版社: 英治出版 (2016/12/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 486276245X
  • ISBN-13: 978-4862762450
  • 発売日: 2016/12/6
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 613位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 この本を読んで一番感じたのは、今後の自分の在り方についてでした。
 今までは垂直統制型という構造から少なからず守られていた社員(年功序列、退職金など)は存在し、「古い企業の体質に染まるほど、その会社でしか通用しなくなる人材になってしまう」ということが当事者自身も気づかず今に至ることを改めて感じました。(あまり大きな声では言えませんが、この人がこんな役職!?という人を何人も見てきました。)世の中が成長期の時はそれでもよかったかもしれませんが、今は大企業と呼ばれる会社もその存続自体が危ぶまれる時代になっていることを思うと、今までのような考え方(会社にしがみ付く!?)ではダメだと感じています。又、水平協働型への変化に伴い「多様で柔軟な働き方ができる社会」に移り変わるなかで、「人も企業も生き残る為のチャレンジをする」ことが求められる社会では、多様な選択肢の中から自分が何をしたいか、どうなりたいかが無いと社会の変化に取り残されてしまうのではないか?という危機感を感じました。
 一方で、水平協働型による「つながり」や「分かち合う」ことで心の豊かさみたいなものは一層強まるのかなとも感じています。特に本の中にある「日本人は利欲にとらわれず、相手のため、仲間のため、地域のため、世の中のために行動することをよしとする文化がある。」という部分に強く共感しました。自分が子供のころ、近
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
とても面白い本でした。現在急速に進んでいるAI,IOTによる事業モデルの進化
自動車もシェアリングになり、AIによって自動運転など、これからの産業はハードウェアだけではなく、コンテンツ、ソフトウェア、ネットワークと
どう共存するかだ。その際、自社もしくは下請けの垂直統合モデルではたちいかないだろう
そうすると、企業間、で連携しながら水平分業をどう進めるかということが重要になる。これは日本人がもっとも苦手なモデルだ
しかしながら、過去、戦後 日本人は独創的なアイデアで事業をつくってきた。本田もソニーもだ
日本人が戦後確立した垂直統合モデルから脱却し、新しい日本の水平分業をつくらないといけない。そのためには企業は従業員を囲むのではなく、副業を認めるなど雇用のあり方も変わっていかないといけないだろうと語っている
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 AIやIoTについてほとんど事前の知識を持たない状態でこの本を読んだが、そんなレベルの読者に対しても非常にわかりやすい内容にまとまっている点に感銘をうけた。
 まずはエアビーアンドビーのような、さすがに誰でも既に知っているであろう企業を例にして、「シェアリング」という新しいビジネスの概念を、平易な言葉で少しずつ説明してくれているため、とっつきにくさやこむずかしさはまったく感じない。端的に言えば、従来の垂直統制型モデル(経営者がいてその下に管理職、さらにその下に一般社員というような、上意下達型スタイル)のビジネスは早晩ゆきづまりをみせ、水平協働型(すべてのものが水平に連携しながら、ユーザーが真に求めているものを探り当て、創り出すべく協力していくスタイル)に移行していくだろう、というのがこの本で主張されていることである。
 この本のよいところは、「何を根拠にこういう主張をしているのだろうか」と読み手に思わせるような、あやふやな点がまったくないところだと思う。にわかには信じがたい未来のビジネス上での大激震を大胆に予測する文章であるにもかかわらず、強い説得力がある。「近い将来、実際にここまで来るのだろうか」という気持ちを持って読み進めつつも、最後には「いや、ほんとにきっと来るのだろう」という気持ちにさせられるのだ。
 個人的には、グーグルやアマゾンといった企
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
古い産業の枠組みが通用しないこれからの時代に、社会のニーズに応え、成長していくのは「何屋」でもない企業だ。この言葉に強い説得力を持たせているのは、筆者の実業や実体験に基づいた「納得感」の裏付けにほかならない。特に第6章で語られる行政との交渉シーンの中で、もどかしさを感じながらも、視点を変えながら障壁をかわしていこうとする姿勢は、痛快と言わざるを得ないだろう。正直な話、本書の提言にあるような社会が今日明日すぐにも実現するとは考え難いのだが、筆者が描く「水平協働型の社会」とやらを見てみたいと思わせるだけの魅力があることも事実だ。☆4つとした理由としては、「実践編」のような続編を期待してということで。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック