通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

USTREAM 世界を変えるネット生中継 (ソフトバンク新書) 新書 – 2010/5/19

5つ星のうち 4.6 37件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 788
¥ 788 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

あなたがテレビ局になる
個人が簡単に動画をウェブ配信できてしまうプラットフォーム、それがUSTREAM。個人が映像を発信し共有するこの革新的なプラットフォームが私たちのライフスタイルやビジネス、メディアのあり方をどう変えるのか? 進化するウェブの究極の形がここにある!


ユーザー発の情報革命といわれるTwitter。その先にあるものとしていまもっとも注目を集めるのがUSTREAMだ。ビデオカメラとパソコン、あるいはiPhoneが1台あれば、誰でも世界に向けて映像を発信し、それをユーザー同士で共有できる時代がやってきた。ソーシャルメディアの進化を加速させるこのプラットフォームは私たちのライフスタイルをどう変えていくのか。USTREAMのサービスの全容から具体的な使い方、その応用方法を踏まえつつ、USTREAMの切り開く未来をがよくわかる一冊。


第一章:ユーストリームとは何か?
第二章:ユーストリームを視聴する
第三章:ユーストリームでライブ配信する
第四章:ストリームメディア論
第五章:ユーストリームのキーパーソンに聞く
第六章:まとめ――ユーストリーム10のポイント

内容(「BOOK」データベースより)

動画を核にしたこのまったく新しいコミュニケーションツールが、私たちのライフスタイルを、メディアのあり方を、そしてビジネスを変える。ソフトバンク決算発表の席上で孫正義社長にユーザー向けスタジオ創設を呼びかけ快諾されたことで知られるユーストリーム界のトップランナーが、サービスの概要から具体的な使い方、今後の展望まで徹底的に語り尽くす。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 200ページ
  • 出版社: SBクリエイティブ (2010/5/19)
  • ISBN-10: 479736016X
  • ISBN-13: 978-4797360165
  • 発売日: 2010/5/19
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 37件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 362,868位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
このネタ、このタイミングで、このテーマの本を書ける
著書の力量とマーケティングセンスに脱帽である。
本書は、今年ソーシャルメディアにおいて最も注目を集めるであろうUstreamの最初の解説本。
本書の印象を一言で言うと、実践的&行動的。
マクロ視点での解説に陥りがちなテーマではあるが、
見る側、配信側双方の解説が、一ユーザーとしての視点から徹底的に行われているため、その後のアクションにつながりやすい。
また、著者自身の使いこなし方もいくつか紹介されているが、常人離れした感性がある。
Ustreamキーパーソンへのインタビューは、インタビューそのものが、良くも悪くもUstream的であり、臨場感がある。
今年のソーシャルメディア動向に注目している人には絶対的におススメ。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
ありがちなサービス紹介のみに留まらず、実際に配信を試してみたくなるような内容。
概要から始まり、閲覧方法の詳しい解説、面白いチャンネルの紹介と、ここまでは、一般的なサービス解説本と同様。
この本の「メイン」は、中盤からの「配信のやり方」紹介や、今まで著者の経験したUstream以外では起きることのない「おもしろい」事象の紹介である。
読めば読むほど、手元にWebCamあったっけ?と、実際に配信を試したい気持ちになる。
twitterを絡めた、情報伝達のパラダイムシフトについても興味深い。

動画に関わらず、コンテンツの配信ビジネスに関わっている人は必読だと思われる。
(ただし、マネタイズに関する記述は少ない。これはUst本体含め、今後の工夫のしどころ)

内容が非常に「新鮮」な為、1年後に読んだとしたら、物足りないだろう。
あくまで「イマ」を語っている最良のUstream本として、★4つとした。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
日本初のUstreamに限定した書籍。Ustの情報に飢えていた人たちにとって大変ありがたい本です。文体も口語調なので、あっという間に読めてお手軽です。

著者のヒマナイヌ川井さんは普段のTweetから沢山の機材を試しているので、カメラや音声などの機材の話や便利なツールの使い方などを期待していたのですが、その辺は実に最低限の内容だけでアッサリしていました。実際の所、そういった情報はネットを探せば無くはないからでしょうか。ということで、「最近Ustreamって聞くんだけどそれって何?」という人が読むのに丁度良い本かも知れません。

ただ、実際にUstreamを配信したことがある人が読んだ場合、ちょっと物足りないかも知れませんね。カメラの選び方や、撮影方法、音声の扱い方等々です。この辺は他の本に譲ることとなりそうです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 やんず VINE メンバー 投稿日 2010/5/17
形式: 新書 Amazonで購入
twitterから、USTREAMを知りました。
テレビとは違う臨場感&双方向メディアとして、面白いなーとは感じていましたが、
「私見る人、あなた見せる人」という感覚を持っていました。

この本で、簡単な機材で始められる事を知りました。
アカウントの取得方法まで、手取り足取り書いてあります。
もしかして、私も発信できるんじゃ?とワクワクしてくる本です。

そして、、、こんな使い方もあったのか?!という、著者のUSTREAM活用例が楽しかったです。
USTREAMはまだまだ始まったばかり、早く使ったもん勝ちなのかもしれません。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
USTREAMについての著書第1号ということで、まさに旬。いますぐにでも読むべき一冊です。
(著者いわく、電車の中で気軽に読んでくださいとのこと。)読むのに1時間程度しかかかりません。

この本は、USTREAMに前から興味がある人にはもちろんのこと、「USTREAMって何?」「ツィッターとか、よく分からないんだよね」という、ビギナー(あるいは苦手意識がある方)にこそ、読んで頂きたいです。
分かりやすい言葉で要点が簡潔に書かれているので、非常に読みやすく理解しやすいです。

「敷居が高くて難しいそうだな」と思っている人は、「なるほど、そういうことか」となることでしょう。そして、「自分もやってみよう」となるはずです。予備知識があった人も「歴史の証人」として、現状を今一度把握し、今後どのような可能性を模索していけるのかを考えるきっかけになる一冊です。

早速読んで、会話のネタにして欲しい、そんな活用が出来る1冊です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー