この本は現在お取り扱いできません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

USB 2.0とUSB On-The-Goを含むカスタムUSBデバイス開発のすべて USBコンプリート[第3版] 単行本 – 2006/10/20

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2006/10/20

この商品には新版があります:

click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

本書はUSB(Universal Serial Bus)インタフェースを使用するデバイスの設計を行
い、プログラムを作成する開発者向けのものです。本書の目的は、USBに関して、で
きるだけ速く、簡単にデバイスの設計ができるよう支援することです。
USBインタフェースは、広範囲にわたる周辺装置向けの幅広い用途があります。USBを
使用する標準的な周辺機器には、マウス、キーボード、ドライブ、プリンタ、および
オーディオ/ビデオ装置などがあります。USBは、固有に設計された機能を持つデー
タ収集装置やコントロールシステムなどにも使われます。
USBインタフェースを持つデバイスを開発する場合、インタフェースがどのような働
きをするのか、バス上で通信するためにはデバイスファームウェアのどういうタスク
を実行しなければならないのか、そして開発するドライバを接続するホストコンピュ
ータではどのクラスのドライバやサポートが利用できるのかについて知る必要があり
ます。デバイスハードウェア、デバイスクラス、そして開発ツールと技術の正しい選
択は、障害を回避し、成すべきことを単純化するのに、大いに役立ちます。
USBデバイスの設計開発やUSBデバイス内部のファームウェアの設計開発、USBデバイ
スと通信するアプリケーションの設計開発に携わる場合において、本書は参考となる
でしょう。


本書では、以下の質問に関しての回答が記載されています。

●USBデバイスの通信方法とはどのようなものか USBインタフェースの仕様は非常に
広範囲に及びます。USB 2.0の仕様は、クラス仕様やその他の補足のドキュメント類
を除いても、600ページを超えます。本書では、その仕様の内容すべてについては紹
介できませんが、その代わりに、デバイスが効率良く、確実に通信するために必要な
部分を中心に説明しています。
●USBインタフェースを使用すべきかどうかをどのように判断するのか USBがどのア
プリケーションに対してもベストな選択というわけではありません。インタフェース
の設計を行う場合、USBか他のインタフェース、そのどちらを使用するかを検討する
必要があります。しかし、USBを選ぶ場合が多く、実際そうであれば検討対象のアプ
リケーションに対してUSBの三つの転送速度と四つの転送形態の選び方を学ぶことで
しょう。
●デバイスにはどのコントローラチップが適切か どのUSBデバイスも、USBインタフ
ェースを実装するためには高性能なコントローラが必要です。多くの半導体製造業者
はそれぞれのアーキテクチャや性能を持つコントローラチップを提供しています。本
書には一般的なチップの説明とともに、設計者のプロジェクトのニーズやバックグラ
ウンドなどに合わせたコントローラの選択の方法なども記載しています。
●アプリケーションとUSBデバイスの通信方法とはどのようなものか PCアプリケー
ションは、オペレーティングシステムがデバイスに割り当てたデバイスドライバと通
信することにより、USBデバイスへアクセスします。Windowsに内蔵されているクラス
ドライバを使うことができるデバイスもあります。それ以外のデバイスは、カスタム
ドライバが必要となります。本書では各クラスを紹介するとともに、定義クラスがデ
バイスにとって適切かどうかを決めるのに役立つようになっています。また、デバイ
スがカスタムドライバを必要とする場合、ドライバをどのようにプログラムしなけれ
ばいけないのか、どのツールならそのプロセスをスピードアップできるのか、また、
どのようなオプションをドライバに含めなければいけないのかを学ぶことができま
す。サンプルコードでは、Visual Basic .NETとVisual C++ .NETといったアプリケー
ション内におけるデバイスとの検出や通信の方法を紹介します。
●USB通信をサポートするのに必要なファームウェアは何か デバイスが受信したリ
クエストに対する応答の仕方やバス上のデータ変換の方法について、デバイスのファ
ームウェアのプログラム方法を知る必要があります。
●デバイスがバスパワーを使える場合とセルフパワーを使わなければならない場合を
どのように決定するか 多くのUSBデバイスはバスから完全に電源供給を受けること
ができます。ただし、デバイスがバスパワーを使用できるかどうか確認しなければな
りません。ホストコンピュータがバスをサスペンドしている時に、バスの電流使用を
制限するために、USBの要求に対応させる方法を知る必要があります。
●他のUSB周辺機器をデバイスへ接続できるのか デバイスが他のUSB周辺機器にアク
セスするのに、機能の限られたホストとして動作するUSB On-The-Goを使う方法があ
ります。
●デバイスが問題なく通信することを確実にするにはどのようにするのか デバイス
で、不具合のないファームウェアを書くには、USBの仕様要求に応じるためにデバイ
スが何をしなければならないのかを理解することが要求されます。ホストコンピュー
タについて、Windowsはデバイスと通信するために、ドライバロケーションの決定や
デバイスを識別するための情報が必要とされます。本書では、これらの項目を解決す
るためのソフトウェアとハードウェアのデバッグについての情報およびサンプルコー
ドなどを掲載しています。
本書の内容を理解するには、いくつかの分野における基礎知識が必要です。本書を読
むにはデジタル論理、PCのアプリケーションプログラム、周辺機器向けの組み込み用
コード作成などの経験があることを前提としています。USBについてはすべてを知ら
なくてもかまいません。


[第3版での新しい内容について]
『USBコンプリート 第2版』の出版以来、USBの世界では多くの変化がありました。
USBの仕様には、デバイスクラスの拡張やOTG(On-The-Go)など、多くの仕様がアッ
プデートされています。また、多くの新しいデバイスコントローラの出荷が開始さ
れ、デバッグやコンプライアンス(適合性)テストのツールも登場しています。
Windows下でのUSBデバイスクラスのサポートも改善されています。そして、
Microsoft製.NETフレームワークは、ホストアプリケーション開発用の一般的なプラ
ットフォームの一つとなりました。
このUSB環境における状況の変化は、本書『USBコンプリート 第3版』を出版する理
由となりました。内容については、全章を通してUSBのハードウェアとプログラムに
関する発展を反映し、改訂とアップデートを行っています。


著者からのコメント

USBは多くの人々の協力なしに執筆するにはあまりに大きなトピックです。
関係者各位のご協力に多大なる感謝を表します。彼らからのフィードバックにより、
本書を大きく改善することができました(いうまでもありませんが、本書に関しての
ミスは、私個人の責任です)。
まずはじめに、MCCIのVice Presidentであり、Architecture and USB-IF Device Working Gropeのチーフでもある、Paul E. Berg氏にお礼を申し上げます。
そして、USB-IFのVideo Device Working GropeのDavid Goll氏、Microchip
TechnologyのLucio DiJasio氏とRawin Rojvanit氏、usb-by-example.comのJohn
Hyde氏、USB-IFのAudio Device Working GropeのGeert Knapen氏、Walter Oney
SoftwareのWalter Oney氏、System SolutionsのMarc Reinig氏、ありがとうございま
す。
Cypress SemiconductorのGlenn M. Roberts氏、FTDI ChipのFred Dart氏とKeith
Dingwall氏、Keil SoftwareのWendy Dee氏、DeVaSys Embedded SystemsのMichael
DeVault氏、Saelig Company Inc.のAlan Lowne氏、EllisysのLaurent Guinnard氏、
RPM Systems CorporationのRich Moran氏、NCR CorporationのBob Nathan氏、彼らの
サポートに感謝します。
本書の基礎となる以前の版でご協力とご支援をいただいた、Joshua Buergel氏、
Gary Crowell氏、Dave Dowler氏、Mike Fahrion氏、John M. Goodman氏、Lane
Hauck氏、David James氏、Christer Johansson氏、Kosta Koeman氏、Jon Lueker氏、
Brad Markisohn氏、Amar Rajan氏、Robert Severson氏、Craig R. Smith氏、Dave
Wright氏、ありがとうございました。
読者にとって本書が役に立つ一冊でありますように。コメントもお寄せ下さい。
Jan Axelson

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 560ページ
  • 出版社: 株式会社エスアイビー・アクセス; 第3版 (2006/10/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4434084607
  • ISBN-13: 978-4434084607
  • 発売日: 2006/10/20
  • 梱包サイズ: 20.8 x 15 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 891,650位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(3)

トップカスタマーレビュー

2012年12月1日
形式: 単行本
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年1月10日
形式: 単行本
0コメント| 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年5月24日
形式: 単行本
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。arrows