¥ 463
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
UQ HOLDER!(12) (講談社コミックス) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

UQ HOLDER!(12) (講談社コミックス) コミック – 2016/11/17

5つ星のうち 3.1 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 463 ¥ 149
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • UQ HOLDER!(12) (講談社コミックス)
  • +
  • UQ HOLDER!(11) (講談社コミックス)
  • +
  • UQ HOLDER!(10) (講談社コミックス)
総額: ¥1,389
ポイントの合計: 94pt (7%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ニーア オートマタ 美術記録集 ≪廃墟都市調査報告書≫
ヨルハ部隊員達が旅する世界をアートとともにめぐるワールドガイド 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

都に行って一旗揚げる! それが近衛刀太のでっかい夢。村長が課した旅立ちの条件は、育ての親であり、優れた魔法の使い手、雪姫を倒してみせること。雪姫に挑戦する日々を送っていた刀太だが、2人の前に現れた賞金稼ぎとの戦いによって、自分が“不死身”の存在であることを知る‥‥! 『ラブひな』『魔法先生ネギま!』の赤松健最新作は、“不死者”たちが躍動する近未来バトルファンタジー!!

ネギ・スプリングフィールド登場! 動き出す、最終決戦!! ネギを殺して世界を救うか、ネギを救って世界も救うか。カギを握るのは、キリヱとキスをすることで発動する時間停止能力。能力強化のため、刀太とキリヱを付き合わせようとしたところ……勃発したのは、みぞれ・忍・キリヱの刀太を巡る大バトル!!


登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 講談社 (2016/11/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063958019
  • ISBN-13: 978-4063958010
  • 発売日: 2016/11/17
  • 商品パッケージの寸法: 17.3 x 11.9 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
至る所で服(?)が脱げる脱げる……
やや恥ずかしい展開の多いこの巻ですが、
戦いながら選択を迫られ服が脱げるというのは、
かつてのラブひなの素子を思い出しますね。

恋も学業も刀も全て修める、という素子の選択の意味が
子供だったかつての私には分かりませんでしたが、
社会人となった今の私には分かる気がします。

一度漫画に描かれたストーリーは不変ですが、
それを読む私達は変わっていくのですから、
面白いものですね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
気が付いたら掲載媒体が変わり、話の展開もナニコレ状態ですが、ご都合主義前提のエロコメとしてならお奨めでしょうか?!個人的にはこのシリーズが始まった際の期待感は前々巻あたりから消えつつありますが。以下ネタバレ含みます。
そもそもパラレルワールドものか、前作の後日譚か明示されないまま話が進んできましたが、前々巻あたりで前者であることが確定しました。前作の主人公チームがラスボスに負けた(と言うか取り込まれた)世界での話な訳ですが、個人的な期待としては前作のヒロインが安易に未来から元の時代に戻らず、その延長線上に今作が上手く繋がれば面白いと思っていました。ところが、人気がつかなかったのか、安易なエロコメを増やし、特に説明もないまま前作のキャラを使いまわすなど、少々ガッカリな展開のまま、至極残念な形で旧作ヒロイン登場となっています。ここからの巻き返しは難しい気もしますが、驚くような仕掛けを期待したいです。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
「AIが止まらない」からの赤松先生のファンですが、
ここまで楽しく読んでいます。

ネギまより少しダークな設定であるのにノリは変わらず、
寧ろ主人公の性格のせいでかなり緩い雰囲気となってます。

エヴァの過去編なんかは
ダーク×緩さの組み合わせが良い感じだったのですが、
今巻のレース編は個人的にはイマイチ。

キリヱ以外の女子メンバーが急増キャラだったので
「なんかよく知らない女が全裸で騒いでる」という印象

その後の展開はこの作品で最大の謎だった
ネギま!の主要キャラが登場

そして月刊誌に移った後、「魔法先生ネギま!2」とタイトルが追加されました。

元々、番外編としてはネギま!の設定を押し出しすぎてた感じはしてたのと、
そもそも壮絶な未完作品だったので、
寧ろ良い方向かと思いました。

しかし正直な所、当初の気持ちとしては前作に頼らず
UQホルダーとしての面白さを追求・表現して欲しかったので、
まだ掘り下げが不十分なUQのキャラ達が放置されないかと心配です。

ここからの舵取りを間違えなければ、
まだまだ面白く出来る作品だと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
レース編は大体全裸祭りなので女キャラが脱いだら嬉しい人は楽しめます。
とうとう前作主人公であるネギが出てきましたがその仲間にいる夕映とのどかが作中最強格扱いされてる事に違和感が凄かったです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ネギまの時から恒例の脱がせ勝負がページの半分以上、
内容はヒロイン達を脱がせたりドキっとさせるだけの薄っぺらで色気の無いお色気シーン
UQ始まったころは最初からバトル路線で良い感じだったのに、
結局ネギまと同じ道を辿るのか
クソだと思ってたネギま最終巻すら汚されたと感じ始めた
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告