この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

UMLワークブック (オブジェクトテクノロジーワークブックシリーズ) 大型本 – 2003/3

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   UMLはソフトウェア設計、顧客要求の分析、実装にいたるまであらゆる場面で利用されている。オブジェクト指向との親和性が高いことからJavaなどのオブジェクト指向言語での実装に大きな威力を発揮するため、ソフトウェアに関わるユーザーにとってはもはや常識となっている。

   本書は、初めてUMLを学ぶ人が、UML全般の知識を習得できるように構成された学習書である。一問一答式で構成されており、導入で各トピックを解説した後、演習問題を出題し、次ページで解答とフォローの説明を行うようになっている。

   本書の内容は大きく基礎知識編、記法編、そして総合問題に分かれている。基礎編ではUMLの歴史や用語、名称などを扱っており、UMLの概要を解説している。記法編ではUMLの各図の記法をひととおり説明しており、単純な例をもとに記号、概念、図の書き方などを徹底的に押さえている。UMLの学習では例として使う概念と現実とのギャップに苦しむ場面が多いが、本書では現実に近い例題を扱うことで、実問題での粒度の設定やUMLへの落とし込みをフォローするようになっている。また、付録としてUMLメタモデルの説明と用語集も収録されている。

   解答欄に書き込んでいくと、最終的に自分の解答を付け加えた教科書ができあがる。業務用の学習にも、各種UML試験対策にも役立つ1冊である。(斎藤牧人)

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、UML(Unified Modeling Language)の基本を理解するためのワークブックである。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 167ページ
  • 出版社: 翔泳社 (2003/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4798101931
  • ISBN-13: 978-4798101934
  • 発売日: 2003/03
  • 梱包サイズ: 23 x 21 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 721,011位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本
UMLというと、目的が明確でないと道具に振り回されて、結局使わなくなったという話をよく聞きました。
UMLの機能のうち、状態遷移図と時系列図だけに絞って利用していると、利用しなくなるということはありません。

その先の展開は、自動のコード生成と検証かもしれません。

本書でも、状態遷移図と時系列図の例は参考にさせていただきました。(名)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
本書を一通りやり終えての感想を記述したいと思います。
ワークブック形式なので、片手にペンを持ちながら、
本を読み進める形になります。ただし、最後の総合問題
を除いては、極簡単な問題ばかりで、穴埋め程度の感覚で
学習を進めることができます。
よって、UMLで使われる10種類の図についてスムーズに学習
出来ました。
UML初心者でも、苦労することなく最後まで、学習できると思います。
値段も手軽で、内容も簡潔なので、
UML学習の最初の一冊としては、適当な本だと思います。
ただし、本書は、記法(図の書き方)を中心に説明しているので、
実際の開発でのプロセス(各図をどのように使うか)は、
開発の現場で習うか、他の技術書に頼ることになると思います。
あと、私が買ったのは初版ですが、少々の誤記があるようです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
読んでいるだけだと眠くなってしまうので、ワークブック形式のこの本を購入しました。実際に書きながらUMLについて理解していくことができる点はよいと思います。分量も少なくて、初心者はとっつきやすいと思います。ただし、内容のレベルとしては基本的なものに留まっているので、もうすでにUMLを知っている方には、物足りない内容かと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告