UDON スタンダード・エディション [DVD] がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 タカコー書房
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■レンタルアップではありません。■ブックレット付属■中古商品ため、多少のケース傷や日焼け、ディスクの微キズなどはご容赦ください。■ディスク面は研磨クリーニング済みの為、目立ったキズはなく良好の状態です。■付属品(付録・初回特典等)の記載がない場合は、付属しておりませんのでご了承ください。■その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。■商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。ご了承ください。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,500
通常配送無料 詳細
発売元: Guts!
カートに入れる
¥ 2,700
通常配送無料 詳細
発売元: falo-media
カートに入れる
¥ 3,015
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

UDON スタンダード・エディション [DVD]

5つ星のうち 3.4 57件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 2,500 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,604 (39%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、SimpleLifeItemが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 2,000より 中古品の出品:16¥ 299より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • UDON スタンダード・エディション [DVD]
  • +
  • 舞妓Haaaan!!! [DVD]
総額: ¥3,100
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ユースケ・サンタマリア, 小西真奈美, トータス松本, 升毅, 片桐仁
  • 監督: 本広克行
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 英語, 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2007/03/07
  • 時間: 134 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 57件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000LW7L40
  • EAN: 4988632501675
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 24,737位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

★観ないと、マズイ!

★製作・亀山千広 x 監督・本広克行。
あの、日本映画史上に残るヒットシリーズ『踊る大捜査線』を手掛けたユニットが、"ソウル・フード"をテーマに、
またまた新たなエンタテインメントを仕掛けてきた!! それは"UDON"=うどんの物語。

★家族そろって楽しめる心あたたまるエンタテインメント作品!!
さぬきうどんの聖地・香川県を舞台に、うどん屋の息子が愛すべき仲間たちと共に巻き起こす騒動が、彼とうどんを
取り巻く人々の心を動かすハートウォーミングなストーリー。さぬきうどんという"ソウル・フード"を軸に、家族や故郷
といった人間の根差すものに関してあらためて考えさせられる、ウェルメイドな娯楽作品です。

【商品仕様】
2枚組:本編ディスク(134分) /16:9LB(スコープ)/DD5.1chサラウンドほか + 特典ディスク(内容未定)

【ストーリー】
BIG!になるため讃岐を飛び出した男――松井香助(コースケ)(31才)。田舎暮らしに嫌気がさした香助は父親と大喧嘩した挙句、
NYへ……。だが、案の定、武者修行も夢半ばで挫折。たっぷり背負った借金に追われながらの凱旋?帰国。大嫌いだった
故郷では、いつも心配ばかりかけ通しの優しい姉と、うどんを打つことしか知らないガンコな親父、昔のままの友人たち、世話
好きな近所のおばちゃん、そして、温かい「うどん」が待っていた。
そんな香助が、タウン情報誌編集者・恭子とともにひょんなことから出会った「うどん」の魅力は、次第に大きな湯気を立ち上げ
日本中を包み込む!?

【キャスト】
ユースケ・サンタマリア 小西真奈美 トータス松本 / 鈴木京香
升 毅 片桐 仁(ラーメンズ) 要 潤 小日向文世 木場勝己

【スタッフ】
製作:亀山千広
監督:本広克行
脚本:戸田山雅司
音楽:渡辺俊幸

*ジャケット写真及び仕様、内容は変更となる場合がございます。

発売元:フジテレビジョン ROBOT 東宝
販売元:ポニーキャニオン

(C)2006 フジテレビジョン ROBOT 東宝

Amazonレビュー

   全米でコメディアンになる夢に挫折し、故郷の香川県に戻ってきた香助。うどん職人である彼の父親はそんな香助に冷たい。だがその父が急死。故郷の味・さぬきうどんに魅入られてきていた香助は、父が残した製麺所でうどんを打とうと決意をするのだが…。
   こういった主軸となる父と息子、その家族の物語に、うどんブームに踊らされる人々やそれをあおるマスコミへの皮肉な視点が入るなど、さまざまなドラマが盛りだくさんに織り込まれたのがおもしろい。しかもほとんどが実話。ドキュメントとフィクションの中間を行く感じも斬新で、あまり見たことのないタイプの映画だ。そのせいか映画の方程式にあてはめて見たがるガチガチ頭の評論家には評判がよろしくないようだが、素直に映画を見れる人には好評なのもうなずける。見れば見るほど味わいあるぞ。(横森 文)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

ユースケさん目当てで観たのですが…正直微妙な作品でした。
ドタバタ騒がしい内輪受け的な前半は必要だったのかと後半とのテイストの違いにチグハグな印象が否めません。
うどん販促作品と言うには、ほぼメニューを羅列しているだけでうどん自体の魅力はあまり伝わってきませんし
親子の人情話にするにも使い古されたありがちすぎる展開ですし
なによりナレーションで進行を片付けてしまう雑な演出に萎えてしまいました。
料理が題材の映画は好きな作品が多いのですが、この作品を見てもうどんを食べたい!と思うには至りません。
コースケがうどん作りへの情熱に目覚めていく過程や動機もありがちすぎな上に内容も薄く
結局作中の話のように、うどん屋の有名どころを集めて
フジテレビがうどんブームを作りたかっただけなんじゃないのかとさえ思ってしまいました。
ユースケさんや小西さんのキャラにもいまひとつ役者さんの魅力が活かされていませんでしたが
ほのぼの小日向さんは見所でした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 いせむし トップ1000レビュアー 投稿日 2006/12/24
「UDON」。

ストリーは凡庸かもしれません。ありがちなヒューマンタッチ。

でも、結構しっかり感動させてくれます。

皆、言及しませんが本作でのユースケ・サンタマリアの演技はすばらしいと思います。

軽くて悲しくて、おかしくて繊細。

こういう役者って、誰か他にいますかね。

讃岐の風景とユースケと共演者の醸し出す暖かさとさりげない寂しさが、本作の芯じゃないかと・・・。

生きる意味とか誠実さとか、メッセージが実は盛りだくさん。

じっくり見ると何か発見があるのではないでしょうか。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
讃岐うどん、好きです。とくに釜玉。親父の職業に反発して別の仕事につく事もよくある風景。
ファミリービジネス、つまり家業をどう見るか。親の仕事だって、職人仕事だって、半端な努力では超えられない。
イベント屋さん、伝統のうどん屋さん、出版社さん、書店さん、小学校の生徒まで、なかなか楽しませてくれる。
讃岐富士のきれいな映画。
小西真奈美さんの良さ、鈴木京香さんの奇麗さも光ってる。
小学生や中学生が、親の仕事を学ぶ前にみると、いいんじゃないかな。
平易なつくりで仕事の面白さと大変さ、そしてこだわりを魅せてくれる映画です。
琴平宮の階段を駆けのぼってみますか。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 学生時代の僕はよく神戸や宇野から高松まで船で渡り、自転車やバイクで香川県の各地を巡りながらうどんの食べ歩きみたいな旅をしたものです。そんな経験があっただけに、この映画に出てくる「麺通団」の取材活動を見て、とても懐かしい気持ちになりました。
 史実は明らかではありませんが、饂飩(うどん)は空海が唐から日本に伝えた索餅に由来するとされています。その弘法伝説のせいなのかどうかはわかりませんが、讃岐の人たちのうどんへのこだわりと愛情の深さ、また日常食としてのうどんの浸透度は他の地域の比ではありません。
 讃岐には、人里離れた辺鄙な場所や、逆にごく普通の住宅街の一角で麺を打つ小さな製麺所がたくさんあります。この映画の中でも表現されているように、そうした製麺所の多くは店の看板は掲げてなくても、「うどん屋」として地域の人たちにうどんを供します。
 この製麺所で食べるうどんは実に美味いのですが、ユースケ・サンタマリアさん演ずる松井香助たちが結成した「麺通団」がソウルフーズとして取り上げたのも、こうした地域に密着したうどんでした。しかし、実はそれを誰よりも深く実践していたのが、香助のお父さんが一人で切り盛りしてきた松井製麺所だったのです。。。
 讃岐うどんの良さは、店も客も妙に粋がったり通ぶったりしないことで、その野暮ったい大らかさに包まれているととても幸せな気分になってきます。この映画を観て、久しぶりに讃岐へ行ってみたくなりました。あ、ブームに乗っちゃダメかな!(笑)
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 雪柳 VINE メンバー 投稿日 2007/7/26
気軽に楽しめて、ちょっぴり感動もできる、大人のための一種のファンタジー(と私は捉えたのだが、もちろん異論もあろう)。
大感動を求めたり、何らかの教訓や人生哲学めいたものを期待したりすれば、物足りなく感じるかもしれないが、何の気なしに楽しむには充分。
特に何も期待せずに観たところ、意外に感動できた分、お得な感じだった。
全編にわたって飽きさせない工夫が凝らされ、かつ、人情の機微もきちんと描かれた、優れたエンターテインメント作品だと思う。
しかし、とにかく、観る前から想像していたことではあるが、観ているうちに、どうしようもなく、うどんが食べたくなってしまうので要注意。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック