ポイント: 39pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 8月8日 日曜日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
20 時間 45 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
残り15点(入荷予定あり)
お使いのスマホ、タブレット、PCで読めるKindle版(電子書籍)もあります。 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
U理論[第二版]――過去や偏見にとらわれず、本当に... がカートに入りました
無料配送: 8月8日 日曜日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
20 時間 45 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
発売元 ハニー書店
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ●帯つき。スレなど若干の使用感がございますが、良好なコンディションです。●簡易クリーニング後OPP梱包しております。発送・ご購入後のお問い合わせ・返品対応など、すべてAmazonカスタマーが責任を持って対応いたしますのでご安心ください ●お急ぎ便・代引き・コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・電子マネーなどに対応しております ●十分な検品をしておりますが見落とす場合もございます。ヤケ・スレ・破れ・折れ・経年保管によるニオイなど、中古本の性質を十分ご理解の上ご購入ください ●できる限りキレイな状態での商品提供を心がけております●
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


U理論[第二版]――過去や偏見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出す技術 単行本 – 2017/12/20

5つ星のうち4.3 26個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥3,850
¥3,850 ¥2,701

よく一緒に購入されている商品

  • U理論[第二版]――過去や偏見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出す技術
  • +
  • 学習する組織――システム思考で未来を創造する
  • +
  • ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

出版社より

U理論[第二版]――過去や偏見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出す技術

[著者]C・オットー・シャーマー C.Otto Scharmer

マサチューセッツ工科大学(MIT)上級講師、清華大学客員教授、u.lab共同創設者。ベストセラーとなった著書『U理論』と『出現する未来』(ピーター・センゲ、ジョセフ・ジャウォースキー、ベティー・スー・フラワーズとの共著)で、出現する未来から学ぶという「プレゼンシング」の概念を紹介した。カトリン・カウファーとの共著『出現する未来から導く』(英治出版、2015年)はマインドフルネスのビジネス、社会、自己への応用に焦点を当てている。中国とインドネシアでセクター横断型イノベーションのためのMIT IDEASプログラムの座長を務めるほか、MIT×u.labを通して185カ国の75,000人に変革を導くリーダーシップのための学習を提供している。2015年にMITジェイミソン教育功労賞を受賞。

商品の説明

出版社からのコメント

【旧版からの変更点について】
・32ページにわたる「第二版まえがき」とU理論の概念を説明するカラー挿絵8点が追加された。
・第15章では旧版における21の命題が20のポイントに再編され、大幅に書き換えられた。
・第19章では旧版p.424「西洋における社会経済発展の四つの段階」以降が全面的に書き換えられた。
・第21章では各原則について旧版で示された「例」の多くが割愛され、実践のガイドに内容が絞られた。
・エピローグが旧版発行以降のUスクールの発展を踏まえ大幅に書き換えられた。
・その他の各章で、単語レベル〜数パラグラフの加筆・修正が施された。
・訳文についても一部の訳語・表現を見直した。第19章・第20章は章題を改めた。

内容(「BOOK」データベースより)

自己・組織・社会の在り方を根本から問い直す。MIT発、自己変容とイノベーションのプロセスを解き明かし、各国ビジネスリーダーに熱く支持される変革理論。全体に改訂が施され、新たな前書き、挿絵が追加された第二版。

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 英治出版; 第二版 (2017/12/20)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2017/12/20
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 592ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4862762476
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4862762474
  • 寸法 ‏ : ‎ 21.6 x 15.4 x 3.2 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.3 26個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
26 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2018年10月12日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち4.0 この本を読んで数年後今感じたこと。
ユーザー名: eiyou science、日付: 2018年10月12日
4~5年前、工学部に通っていた。
大学の英語の授業でTED TALKを見て感動し
「カーンアカデミー」などの存在を知った。
そして
慶應義塾大学の教授
「井庭崇」の講義をインターネットで試聴した。
講義名は忘れたが
社会学者「ニクラス・ルーマン」に関する講義だった。
その講義の一回目の講義の中で「U理論」を紹介していた。
インターネットで検索して
その理論に魅了された。
その後
書店で立ち読みしたが難解な印象を受けた。
「人と組織の問題を劇的に解決するU理論入門」
「未来を変えるためにほんとうに必要なこと
― 最善の道を見出す技術」
「出現する未来 (講談社BIZ)」
「源泉―
―知を創造するリーダーシップ」などたくさん読んだ。
その後本書の旧版を読み感動した。
工学部時代
家庭内暴力やいじめを受けていて
精神科に通院していた。
本書を読み終わった後
当時通院していた医者に
「本書を読み
自分の弱さに向き合うことの大切さを感じた。」
と言うと医者は驚き
「お前、今なんて言った??」
と言った。
その瞬間
本当の意味で治療がスタートした。
それ以来本書は僕のなかの宝物となった。
(今も本書を理解できずにいるが・・。)
数週間前まで
私個人に「イノベーション」を起こすことに
時間を割いてきた。
「マインドフルネス」、「認知行動療法」。
本当にたくさんの本を読み
その内容を実践して
ある程度「うつ抜け」した。
中学一年の頃「躁うつ病」になり
「それからもう十年が経つのか。」
と思った。
「家庭内暴力」、
「躁うつ病」、
「アダルトチルドレン」。
これらから「卒業」し
人生を肯定出来るようになった。
卒業した瞬間
「この人生を社会に捧げてもいいのではないか?」
と思えた。
それから
本書の向き合い方や理解が変化した。
私はU理論を「I」のために読むことをやめた。
「We」のために読もうと思った。
本書の内容を理解する上でのヒント。
「ダウンローディング」。
私達は「悪い習慣」を誰しも持っている。
「フロイト」は「無意識」を発見した。
この無意識から「ダウンローディング」して、感情や思考、行動が生じる。
「ダウンローディング」されたものを「保留」せよ。
U理論の第一ステップだ。
個人だろうが集団だろうが、非常に難しい。
私はうつ病患者のバイブルである「いやな気分よ、さようなら」を読んだ。
彼は「人はお互い違う色のサングラスをかけていることに気づいていない。」と言った。
このサングラスは専門用語で「認知の歪み」と呼ばれているのだ。
「うつ抜け出来ない人の多くは、「認知の歪み」を修正できないことにある。」
「認知の歪み」は厄介で、修正するのに何年間経過していたなんてよくある話だ。
「なぜ人と組織は変われないのか ― ハーバード流 自己変革の理論と実践」。
この本は健康なビジネスマンですら、「認知の歪み」を修正できないことが書いてある名著だ。
「ダイアローグ」。
「ビジネスマンがなぜ対話が出来ないのか??」
「政治の世界でなぜ対話が出来ないのか??」
人は自分の「認知の歪み」に無意識がメリットを感じているのだ。
だから、議論が出来ない。
自分の主張の証明合戦になり、最悪の場合、罵倒合戦に発展する。
「This is reality」。
「保留」するためにはお互いが「現実について、全貌を知らない」という態度が必要だ。
「無知」であることは恥ずかしい。
だから、「オットー・シャーマー」が絶賛した「無知の技法」という本は低レビューが多い。
U理論を知りたいなら、自分が無知であることを受け入れることが重要だ。
「感じ取る。」別名は「Sensing」と本書では呼ばれている。
これも難解だ。この概念が理解できず苦しんだ。
「共感」。おそらくこれがキーポイントになると思う。
「コミュニケーション能力」、「EQ」。
共感にはこれらが不可欠だと思う。
本書も「EQ」について、言及している。
しかし、「EQ」の伸ばし方について、「ダニエル・ゴールマン」や本書などは明確に提示できていない。
このように感じる人は多いはずだ。
「EQ」について、感じたことがある。
それは多種多様な人生経験をしないと「EQ」は上がらないという事実だ。
本書を読むことが出来るであろうあなたは努力家だし、才能があると思う。
人生をエスカレーター式に上がっていったタイプだと思う。
進学校を卒業し、難関大に入学し大企業に勤めていると思う。
そして、あなたは新聞やニュースで社会について多くのことを知っていると思う。
しかし、それだけでは「EQ」を鍛えることは出来ないのだ。
あなたは社会生活の中で、営業成績や仕事が評価されていない人、
議論がかみ合わない人など多種多様な人と出会ったと思う。
特定の新聞や雑誌、似たような人とだけと接してきた人は、「共感力」が限定的である。
親しい人以外の感情や思考を理解できない人間になりがちだ。
あなたが「U理論」に向き合いたいなら、
多種多様な人のバックグラウンドに関する膨大な知識や
実際に多種多様な人と本気で向き合わないと「プレゼンシング」は不可能だ。
これらは私個人の経験なので、正しいかどうか分からない。
しかし、個人として「U理論」に向き合い、プレゼンシングを経験した。
本書の内容を実践するにはたくさんの覚悟が必要だ。
あなたが「イノベーション」のためではなく、
社会に捧げることに意味を見いだせるならば、
本書はあなたに多くのことを教えてくれるだろう。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
113人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年2月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト500レビュアー
2018年1月7日に日本でレビュー済み
19人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト1000レビュアー
2019年3月2日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年12月31日に日本でレビュー済み
28人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年4月21日に日本でレビュー済み