中古品
¥ 161
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

Tuesdays With Morrie: An Old Man, a Young Man, and Life's Greatest Lesson (英語) ペーパーバック – 1998/12/29

5つ星のうち 4.8 72件のカスタマーレビュー

その他(28)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
図書館
"もう一度試してください。"
¥ 2,723 ¥ 800
ペーパーバック, 1998/12/29
¥ 780 ¥ 161
マスマーケット
"もう一度試してください。"
¥ 4,753 ¥ 551
カセット, Audiobook
"もう一度試してください。"
¥ 2,128 ¥ 2,144
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

商品説明

   それは祖父母かもしれないし、教師かもしれないし、同僚かもしれない。だれか歳上の、忍耐強くて思慮深い人。何かを探し求めている若いあなたを理解し、世界がより深遠な場所であることを示してくれる人。自分の人生を生き抜く力となるような信頼できるアドバイスを与えてくれる人。ミッチ・アルボムにとって、その人とは、20年近く昔に大学で教わったモリー・シュワルツ教授だった。

   あなたもミッチと同じように、人生が過ぎるなかで良き師を見失い、その見識も色あせ、世界を冷たく感じるようになっているかもしれない。その人にもう一度会って、若かったころにそうしたように、いまだ絶えず付きまとっている大きな質問をぶつけ、今の忙しい人生に対する知恵を授けてほしいと思わないだろうか?

   ミッチ・アルボムは、そんな2度目のチャンスを得た。人生の最後の数か月を過ごしているモリー先生に再会したのだ。死が近づいていることを知りながら、モリー先生は毎週火曜日に自分の書斎でミッチと話をする。大学にいたころと同じように。再び親交を温めたふたりの対話は、やがて先生の生涯最後の「授業」へ――いかに生きるかという授業へと変わってゆく。

 『Tuesdays with Morrie』(邦題『モリー先生との火曜日』)は、ふたりがともに過ごした魔法のような時間を記録したもの。本書をつうじて、ミッチはモリー先生の永遠の贈り物を世界と分かち合っている。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容紹介

Maybe it was a grandparent, or a teacher, or a colleague.  Someone older, patient and wise, who understood you when you were young and searching, helped you see the world as a more profound place, gave you sound advice to help you make your way through it.

For Mitch Albom, that person was Morrie Schwartz, his college professor from nearly twenty years ago.

Maybe, like Mitch, you lost track of this mentor as you made your way, and the insights faded, and the world seemed colder.  Wouldn't you like to see that person again, ask the bigger questions that still haunt you, receive wisdom for your busy life today the way you once did when you were younger?

Mitch Albom had that second chance.  He rediscovered Morrie in the last months of the older man's life.  Knowing he was dying, Morrie visited with Mitch in his study every Tuesday, just as they used to back in college.  Their rekindled relationship turned into one final "class": lessons in how to live.

Tuesdays with Morrie is a magical chronicle of their time together, through which Mitch shares Morrie's lasting gift with the world.


From the Hardcover edition.

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 208ページ
  • 出版社: Anchor books (1997/09)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 0385496494
  • ISBN-13: 978-0385496490
  • 発売日: 1998/12/29
  • 商品パッケージの寸法: 10.6 x 1.4 x 17.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 72件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 11,916位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
本がよかったので、著者本人の朗読CDの購入を検討したのですが、なかなかCDについてのレビューが見つからなかったので参考に記します。

すでに本を何度も読んでいましたが、読んでいなくても、聞きとりやすいです。早過ぎず、遅過ぎず、といった感じです。

4枚のCDで4時間。4枚目の最後の10分位が実際の著者とモリー先生の会話です。他は著者がモリー先生の部分を声を変えて、読み上げています。

とてもいいですよ。
おすすめです。
英語を勉強している友人などへのプレゼントにもおすすめです。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
 ベトナム戦争の後遺症が未だ色濃く残る1979年に大学を卒業し、今はスポーツジャーナリストとして活躍している筆者は、と或るテレビ番組を見たことをきっかけに、かつての恩師と15年ぶりに再会し、火曜日ごとにその恩師・Morrie 先生の家を訪れて、人生とは何か、世界とは何か、文化とは、お金とは、自分とは、家族とは、老いとは、死とは、感情とは、愛とは、結婚とは、赦しとは――そうした或る意味「昔懐かしい」テーマについて語り合うようになる。それを再構成した本である。
 要するに「人生論」である。ただこの本は、(それがベストセラーとなった原因なのだろうが)単なる「人生論」以上のものを感じさせる。それは、この Morrie 先生が死の病にかかっており余命幾ばくもないことが一つ、さらにはMorrie 先生と筆者との間に、大好きな先生と愛する生徒という、「理想的な師弟関係」が存在するからである。もしそれがなかったなら、この本は、単なるHow To ものに過ぎなかったであろう。(それにしても何故アメリカ人は−−そして現代の日本人も−−こんなにも How To ものが好きなのでしょうか?)
 教師と生徒との間にこのような理想的な関係が生まれることは極めて稀である。それが、40年に渡って高校教師を務めた私の偽らざる感想である。若い頃には、生徒達と年齢の差が少ないために友達のような関係を
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: マスマーケット
静かに、けれど熱く波打つようなMorrieの声と喜びの拳がそこにあるようです。あと数ページで読み終えますが、読み終えたくない。けれど、人生ってそういうものなんです。Live well, die well.おそらくこの先なんどもページを広げることになるでしょう。自分に残された生の、一秒たりともムダに無意識に無謀に過ごしてはいけないな、と再確認させてくれました。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
 2007年の6月にCD版で、著者のMitch Albomが語りかけている音声を聞きました。とても感動したので、報告します。
私がTuesdays with Morrieを知ったのは、1990年代の終わりに、カー・ラジオで聞いたAFNのMitch Albom本人の
声からです。ちょうどMitchが日本に来ていて、その後NHKにも出ていました。スポーツライターとして、
働き蜂だったMitchが、人生について考え、その後の彼の人生を変えた、恩師Morrie先生との出会いが
話されました。
 NHKでは、死について見つめることの新しい考え方として、この本がMitchとのインタビューとともに
紹介されそしてMorrie先生本人の生前のMitchとのインタビューの映像などが紹介されていました。
この番組を見てから読むと、英文が直接心の深いところに響いて、英語に対するハードルが
低くなると思われるので、ぜひ再放送してほしい映像です。
 私は、本書が書かれた背景を知ってから、いよいよ英文で、Tuesdays with Morrieを読んだのです。
そして、通勤電車で読んでいて、涙がぼろぼろと出て困りました。
 それ以来、ペーパーバックの入門書として推薦しています。ペーパーバックを数冊読んで
英文でイメージすることに慣れてから、じっくりと味わってほしい本です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
大切なことを思い出すのには、いい本です。読んでいる最中に目頭と心が熱くなります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
モリーのもとを尋ねて行った元学生が書いた本ですが、モリーはニュースで紹介されたりして
有名になっていくのですが、モリーが人生訓などをときおりいうのですが、それがなんなんだ?
と言いたくなる時があります。モリーと著者の個人的な付き合いを書いた本であってそんなものには
他人は関心ないのでこの本は読んでもつまらないとしか思えません
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー