この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Till Clouds Roll By [VHS] [Import]

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 15,081より 中古品の出品:1¥ 6,000より


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。


登録情報

  • 出演: Robert Walker, Van Heflin, Lucille Bremer, June Allyson, Judy Garland
  • 監督: George Sidney, Richard Whorf, Vincente Minnelli
  • 脚本: George Wells, Guy Bolton, Jean Holloway, Myles Connolly
  • 製作者: Arthur Freed
  • 形式: Color, Import
  • テープ数:: 1
  • 販売元: MGM (Warner)
  • VHS発売日: 1992/04/01
  • 時間: 132 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • ASIN: 6301977378
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

Hollywood's 1940s craze for composer biographies did not yield many masterpieces, and Till the Clouds Roll By is one of the weaker efforts in the bunch. Robert Walker tries gamely to suggest the decency of Jerome Kern but is defeated by a sluggish story line pairing him with a crotchety mentor (Van Heflin). As a collection of freestanding production numbers devoted to Kern's songs, however, the movie has appeal. It begins with almost 20 minutes of Showboat (including Lena Horne's plaintive reading of "Can't Help Lovin' That Man") and the hits just keep on coming. Judy Garland, who appears in a few scenes as stage star Marilyn Miller, contributes "Look for the Silver Lining" and a Gatsby-esque production number on "Who?" Her songs were staged by then-hubby Vincente Minnelli. Other highlights include a young Angela Lansbury, still with baby fat, singing "How'd You Like to Spoon with Me?" Lucille Bremer, a leggy starlet who never quite caught on, plays Kern's protégé. She spins a delightful duet with Van Johnson on "I Won't Dance," two redheads capering with gusto. It all ends with another splashy theatrical montage, climaxing in Frank Sinatra's take on "Ol' Man River." That might sound like a strange idea, but Ol' Blue Eyes clearly loves the song (he would return to it often in his career) and is in beautiful voice. Despite being a lavish MGM production, Till the Clouds fell out of copyright and into the public domain, so print quality (and even running time) can be variable. --Robert Horton

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
1945年11月に亡くなった名音楽家ジェローム・カーンのトリビュートとして、当時ミュージカル映画のゴールデン時代を築いていたMGMが、人気、実力とも第一線のミュージカル・スターを駆使して製作したのが『雲流るるはてに』でした。

第二次大戦中、戦後を通して、MGMミュージカルがアメリカ社会にもたらした功績は計り知れないが、その宣伝効果も込めての製作であったことは間違いないでしょう。

この作品に回り逢えた方の多くはジュディ・ガーランドのファンだと思いますが、当時のMGMミュージカルのトップスターは間違いなくジュディでしょう。ただ、この作品の主演は誰?といえば、意見が分かれるところですが、最後はそれぞれがカーンのナンバーを歌い上げるところはすばらしいの一言。

私としては、ルシル・ブレマーとヴァン・ジョンソンの踊りながらデュエットする『I Won't Dance』が良かったです。

ジェローム・カーンのスタンダード・ナンバーは今でも多くのアーティストによって歌い継がれている。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: VHS
MGMならではの、おおーっと、唸ってしまう位豪華な出演陣です。フランク・シナトラ、ジュディー・ガーランド、リナ・ホーン、ジューン・アリソン、ルシール・ブレマー、キャスリン・グレイソン、ダイナ・ショア、ヴァン・ジョンソン、トニー・マーチン、シド・チャリシー、アンジェラ・ランズベリー、ガワー・チャンピョン、ヴァージニア・オブライエンなどなど目が眩んでしまいそうです。監督はジョージ・シドニーですが、ジュディーのナンバーだけヴィンセント・ミネリが担当してます。そう、スターがたくさん出ているということはつまりこの映画はジェローム・カーンの伝記であっても、それは名目だけでショーと呼ぶのが相応しい映画なのです。(しかも、映画のストーリーは実際のカーンの一生とは少し!違っていたそうです。)次々と繰り広げられるショーを思う存分楽しみましょう。私が好きなのは、ジュディーが歌う"WHO?"です。男性に囲まれて踊るジュディーが見ものなのです。若かりし頃のフランク・シナトラは、オールマンリヴァーを歌っております。ミュージカルが好きな方にオススメします。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック