Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,516
ポイント : 356pt (23%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[Archer, Jeffrey]のThis Was a Man (The Clifton Chronicles Book 7) (English Edition)
Kindle App Ad

This Was a Man (The Clifton Chronicles Book 7) (English Edition) Kindle版

5つ星のうち 3.0 4件のカスタマーレビュー
The Clifton Chronicles Series (7 Book Series)の7の第7巻

その他(13)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,516
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 1,096
CD, Audiobook
"もう一度試してください。"
¥ 3,794 ¥ 4,718

紙の本の長さ: 432ページ Word Wise: 有効 タイプセッティングの改善: 有効
Page Flip: 有効 言語: 英語
【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。



商品の説明

内容紹介

This Was a Man is the captivating final instalment of the Clifton Chronicles, a series of seven novels that has topped the bestseller lists around the world, and enhanced Jeffrey Archer's reputation as a master storyteller.

This Was a Man opens with a shot being fired, but who pulled the trigger, and who lives and who dies?

In Whitehall, Giles Barrington discovers the truth about his wife Karin from the Cabinet Secretary. Is she a spy or a pawn in a larger game?

Harry Clifton sets out to write his magnum opus, while his wife Emma completes her ten years as Chairman of the Bristol Royal Infirmary, and receives an unexpected call from Margaret Thatcher offering her a job.

Sebastian Clifton becomes chairman of Farthings Kaufman bank, but only after Hakim Bishara has to resign for personal reasons. Sebastian and Samantha's talented daughter, Jessica, is expelled from the Slade School of Fine Art, but her aunt Grace comes to her rescue.

Meanwhile, Lady Virginia is about to flee the country to avoid her creditors when the Duchess of Hertford dies, and she sees another opportunity to clear her debts and finally trump the Cliftons and Barringtons.

In a devastating twist, tragedy engulfs the Clifton family when one of them receives a shocking diagnosis that will throw all their lives into turmoil.

レビュー

Archer continues his storytelling magic to create characters of spellbinding substance, and readers can count on his surprising twists and shocking conclusion. Here, just when the end seems too tidy, Archer provides a killer cliffhanger. "Publishers Weekly "on "The Clifton Chronicles"

Archer packs a plot with thrills and chills enough for readers to keep turning the pages, saying, What's gonna happen next?...The conclusion's a turbo-charged cliffhanger that'll have fans screaming Arrrcherr! "Kirkus Reviews "on "Mightier Than the Sword"

Archer s tight plotting makes for a page-turning rich man s soap opera Entertaining. "Kirkus Reviews "on "Be Careful What You Wish For""

Archer continues his storytelling magic to create characters of spellbinding substance, and readers can count on his surprising twists and shocking conclusion. Here, just when the end seems too tidy, Archer provides a killer cliffhanger. Publishers Weekly on The Clifton Chronicles

Archer packs a plot with thrills and chills enough for readers to keep turning the pages, saying, What's gonna happen next?...The conclusion's a turbo-charged cliffhanger that'll have fans screaming Arrrcherr! Kirkus Reviews on Mightier Than the Sword

Archer s tight plotting makes for a page-turning rich man s soap opera Entertaining. Kirkus Reviews on Be Careful What You Wish For

"

"Archer continues his storytelling magic to create characters of spellbinding substance, and readers can count on his surprising twists and shocking conclusion. Here, just when the end seems too tidy, Archer provides a killer cliffhanger."--Publishers Weekly on The Clifton Chronicles

"Archer packs a plot with thrills and chills enough for readers to keep turning the pages, saying, What's gonna happen next?...The conclusion's a turbo-charged cliffhanger that'll have fans screaming Arrrcherr!"--Kirkus Reviews on Mightier Than the Sword

"Archer's...tight plotting makes for a page-turning rich man's soap opera...Entertaining."--Kirkus Reviews on Be Careful What You Wish For


登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 4321 KB
  • 紙の本の長さ: 432 ページ
  • 出版社: Macmillan; Main Market Ed.版 (2016/11/3)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 英語
  • ASIN: B01BTWN6EO
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
クリフトン年代記7部作の最終巻。
ある一家の一生を追うという手法はシドニー・シェルダンの「ゲームの達人」と似ていますが、
シェルダンが性悪説に則って書かれているのに対し、こちらはあくまで性善説が根底にあります。
この最終巻ではあの長年の仇敵レディ・ヴァージニア・フェンウィックですら、最後の最後に改心して、
ハリーの葬儀にしおらしく、目立たぬように参列しているというシーンが描かれています。
実際この最終巻の主役はヴァージニアと言っても過言ではないくらいページが割かれていて、
作者もこのシリーズ最大の悪役にかなりの思い入れがあることが窺えます。

シェルダンのような血で血を洗う復讐の連鎖を求める人には逆にやや毒が少ない点が物足りないかもしれませんが、
この大作を読み終わった後のなんとも言えない達成感と心地よさは、間違いなくシェルダン作品にはないものだと思われます。
サッチャーが登場し、ベルリンの壁が崩壊するシーンも登場するなど近代史がこれまでより身近に感じられるというメリットも
この作品のプラスアルファの楽しみでもありますね。

最後まで読んで非常に満足度の高いシリーズでした。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 コテヒョウ 投稿日 2017/1/23
形式: Kindle版 Amazonで購入
クリフトン年代記は全7巻で完結したが、後半に入ってからは安易なストーリー展開が目立つ。セバスチャンの結婚とかジャイルズの再婚などご都合主義的な展開である。才能があり懸命な人物が、男のせいで麻薬中毒になるというのもありふれた展開である。また子供ができたと騙して大金をせしめるなど、およそ非現実的な話も出てきたりする。非現実的といえば、いくら若く見えるといえども、60歳を超えた老女が、妻を亡くした直後の70歳を超えた老人貴族を、あたかも色仕掛けでたらし込み、ここでも大金をだまし取った上、美食やワインを勧めて、心臓発作を再発させて、死に至らしめるというような話は、薄汚くてアーチャーらしくない。最後には安楽死まで出てくる。長ったらしい弔辞も鬱陶しい。あまり具体的に書くとこれから読もうとする人に申し訳ないのでこれくらいにするが、要するに駄作である。アーチャーらしい、爽やかな読後感は全くない。しかし第6巻まで読んだら第7巻も読まざるを得ない。残念な完結編である。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
2011年からはじまった大河小説クリフトンシリーズ全7巻の最終巻である。
これまでの7巻の中でも出来不出来が激しかったシリーズであるが、率直に言って本最終巻の出来はとてもじゃないが褒められたものではない。
小生はJ.アーチャーの大ファンであるが、でも、そうであるがゆえにあえて本作にたいしては☆の数を落とすことにした。正直なところ、J.アーチャーの名前を使って他の人が書いたのではないか、と思ったくらい。

一言でいうとJ.アーチャーらしいキレや、彼の小説には必ずある読者の期待のさらに上を行く意外性が全くと言っていいほど本最終巻にはないのだ。 そのうえ、取り上げられるエピソードが中途半端な結末であったり、展開不足で読んでいるこちらが消化不良を起こしそうになる。しかも無理無理の設定が目立つし、陳腐な説明、都合のいい展開が多すぎる。
 
前回から続く最初の章でのKarinの行く末にしろ予測された通りの結末でしかないし、Emmaが会長を務めていた病院での不祥事にしたところで、唐突な事件の発生と展開のないストーリーで気が付いたら一件落着。 Mellorの企みについてもその裏話や加担するワルどもの描写もしかり。 船会社の売却、銀行の運営、、、ちょっとご都合主義が強すぎませんか。そんなに上手くいきますかね。 バージニアが色仕掛けで侯爵に取
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
although I have not read the other Harry series with wizards and magic, this is definitely the Harry series that readers shouldn't miss.

Mr. Archer, I salute you.
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

Amazon.com で最も参考になったカスタマーレビュー (beta)

Amazon.com: 5つ星のうち 4.4 1,383 件のカスタマーレビュー
61 人中、57人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 A final end to an excellent series. 2016/10/27
投稿者 Wayne Robinson - (Amazon.com)
形式: Kindle版 Amazonで購入
The good news is that this is definitely the last volume of the Clifton Chronicles (as if you'd need to be told this after reading the title of this volume). There's no cliffhanger ending, and all the loose threads have been tied off, including the big one - whether Harry Clifton and Emma Barrington are brother and sister (and they'd committed incest in marrying) or not.

The cliffhanger ending of the previous novel proceeded more or less as expected in this one, so there weren't any surprises.

Jeffrey Archer could have done with a proofreader of the quality Harry Clifton enjoyed in this novel. Some of the medical details he includes are just wrong, and even if they were, events wouldn't have happened the way described (I won't reveal the details in case it's a spoiler). Anyway - a Sotheby's auctioneer would never refer to the Emperor Jiaqing (Jiaqing is the name of an era, not a person). It's the Jiaqing Emperor.

It's a very satisfying series. In a few years, I'll probably go back and reread them, one after the other (it's actually the best way of reading them - not having to wait a year for each new one to be published).
33 人中、31人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 2.0 and it is the one that launched my love of reading 2016/11/10
投稿者 Leppo - (Amazon.com)
形式: Kindle版 Amazonで購入
First, you must understand that I view Jeffrey Archer as a god (lower case is intentional...I'm not a complete heretic); Kane and Abel was the first book I ever read for pleasure, and it is the one that launched my love of reading. Lord Archer remains my favorite author, and I'm proud to declare that I've read everything he has published for the general public. However, "This Was a Man" was clearly written with an intent to just tying up loose strings. Sorry, but it was disappointing...I still wouldn't have skipped it...But I expect more from "the master". Please don't hate me Jeff, you're still totally awesome.
13 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 Predictable. 2016/12/2
投稿者 Gina A. Emory - (Amazon.com)
形式: Kindle版 Amazonで購入
It is clear Archer has grown weary of the Clifton and Barrington families. The elements that drew me to the series when I stumbled across the first book have been sorely lacking in the last few. The only reason to read this book is to have closure. I will miss the characters, although they had become just shadows of their former selves. Time to move on.
8 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 Mixed feelings 2016/11/14
投稿者 Marcia R - (Amazon.com)
形式: Kindle版 Amazonで購入
I loved parts of this book and was bored by other parts. I've been reading the series over the years, but this one felt too much like a history lesson some of the time instead of a story. I also didn't always remember what some of the characters did in a past book, so I was kind of lost. I'm glad I read it, but I certainly wouldn't recommend it to someone who hasn't been following the series.
5つ星のうち 5.0 This should be among the Classics 2017/4/27
投稿者 Maria Georgiou - (Amazon.com)
形式: ハードカバー Amazonで購入
The Clifton Chronicles of which this is the last in the series is the most exceptional read I have every had. The final book "This Was a Man" was unbelievable. I want to go back and read it again and again. This was beautiful writing, a wonderful story and the characters of which they are many will stay with me forever. I've never read anything else of Archer's but I will try now. If you like Bristish settings and historical fisction and characters that just resonate with personality and depth you will love these books and I strongly suggest that you start with the first in the series otherwise I'm not sure the final books will resonate as well. Great read it should become a classic.
これらのレビューは参考になりましたか? ご意見はクチコミでお聞かせください。
click to open popover