通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
Think Simple アップルを生みだす熱狂的... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆当社都合による欠品はございません。◆帯無し。◆中古のためカバー、天地小口(商品上部、下部、開き口)に軽微スレ、軽微アセ、軽微薄汚れ、カバーに軽微へこみ、カバーの裏に2センチ四方のシミが1ヶ所、ページに1センチ四方の汚れが1か所、表紙に5ミリのシミが1ヶ所、表紙の地に軽いヘコミ、カバーの天地に軽いヨレがございますが他はおおむね良好です。◆その他ページなどは書き込みもなく良好です。◆クリーニング済み。検品には万全を期しておりますが、書き込みなどお気付きの点、不備などございましたら返品、返金対応させていただきますので評価をいただく前にお手数ですがご連絡ください。◆商品ラベルははがしやすい物を使用しております。◆アマゾン配送センターより発送しますので、迅速かつサービスの信頼性も高く安心。通常配送は無料です。各種オプションもご利用いただけます。◆
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Think Simple アップルを生みだす熱狂的哲学 ハードカバー – 2012/5/23

5つ星のうち 4.4 86件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,727 ¥ 128

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • Think Simple アップルを生みだす熱狂的哲学
  • +
  • ジョナサン・アイブ
総額: ¥3,672
ポイントの合計: 111pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『君の名は。』、星野源『いのちの車窓から』、『ダンジョン飯』ほか、
KADOKAWA全品10%ポイント還元中。この機会をお見逃しなく! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

複雑に考えて仕事する自分を、誇りに思っていないか。

「シンプル」は現代ビジネスにおける最強の武器だ
スティーブ・ジョブズのもとでアップルの「Think Different」キャンペーンにたずさわり、iMacを命名した伝説のクリエイティブ・ディレクターが初めて明かす、ビジネスとクリエイティブにおける「シンプル」という哲学。
いまや世界一のテクノロジー企業となったアップル躍進の秘密とは?もちろん誰もが知っている事実がある。アップルには偉大なるビジョナリーがいた。デザインに優れ、エンジニアリングにも、製造も小売もマーケティングもコミュニケーションもすべてが優れていた。だが、それらすべてを超越した何かが、真にアップルをアップルたらしめたのだ。
――アップルは「シンプル」の熱狂的信者なのだ

本書は著者にしか知りえないさまざまなアップルでのエピソードを題材としながら、〈シンプル〉という哲学を、核となる10の要素に落としこんで紹介する。マーケティングの考え方、イノベーションをいかに生みだすのか、組織の生産性をどう高めるのか、アイデアを実現させる方法、意思決定の仕方、社内や顧問とのコミュニケーションのとりかたまで ―あなたも〈シンプル〉という武器を手にすることで、この複雑な世界においてクリエイティブな力を発揮することができるはずだ。

Introduction シンプルの杖
第01章 Think Brutal 容赦なく伝える
第02章 Think Small 少人数で取り組む
第03章 Think Minimal ミニマルに徹する
第04章 Think Motion 動かし続 ける
第05章 Think Iconic イメージを利用する
第06章 Think Phrasal フレーズを決める
第07章 Think Casual カジュアルに話し合う
第08章 Think Human 人間を中心にする
第09章 Think Skeptic 不可能 を疑う
第10章 Think War 戦いを挑む
Conclusion Think Different

内容(「BOOK」データベースより)

著者にしか知りえないさまざまなアップルでのエピソードを題材としながら、「シンプル」という哲学を、核となる10の要素に落としこんで紹介する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 320ページ
  • 出版社: NHK出版 (2012/5/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4140815450
  • ISBN-13: 978-4140815458
  • 発売日: 2012/5/23
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 86件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 10,400位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー
オリジナルは2012年リリース。邦訳は、2012年5月25日リリース。筆者ケン・シーゲルは、アップルの『i』の革命を生み出すきっかけとなった『iMac』の名付け親である。そのことについては、あの『スティーブ・ジョブズ II』の106ページにもはっきり書かれている。それ以上に、ジョブズの最後の15年間(それは倒産寸前から時価総額世界一という途方も無い15年間)をともに過ごした人物ということで、ある意味、あのマイルス・デイビスとマーカス・ミラーの関係のようなものを読んでいて感じた。

まず興味深いのは原題だ。『Insanely Simple』である。シンプルにこだわるスティーヴ・ジョブズにふさわしいタイトルだ。人は結局、シンプルなものを選ぶ。ジョブズの基本概念だ。E3に登場してくる新製品群を見ながら、『それってホントにシンプル?』ってやはり考えてしまった。デザインとしてまずシンプル?操作方法はシンプル?パッケージは?と思ってしまう。

アップルの広告代理店を長く務めたシャイアット・デイは『充分でよい、では不十分だ』と書かれたTシャツを配ったことで古参Macユーザにはおなじみだが、アップルの今の製品群は考えて考えて考えて、そぎ落として、そぎ落として、そぎ落として、今のカタチになっているものを感じるものばかりだ。それは使い込むほどに分かる。そしてこの
...続きを読む ›
2 コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 zigeunerweisen VINE メンバー 投稿日 2012/5/26
形式: ハードカバー
タイトル通り、“Think Simple”の真髄を披露する好著です。マーケティングのみならず、経営戦略、組織論などに関心をお持ちの読者にも推奨したい。原著の価値をいささかも損なうことのない翻訳にも5つ星を贈呈したいと思います。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
ミニマリズムの一つの参考のために購入しました。
ミニマリズム、禅、シンプル、簡素の美
ジョブズがアップル製品に込めた想いの確信が熱く語られています。

多くの余計なことにNoといい、削って削って必要な部分だけを残す。
iPhoneのボタンが少ない理由、使いやすさの追求、プレゼンでの説明の仕方など。

ハードカバーで、濃厚な内容一読の価値あり!
ありがとう!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
この本の中身はタイトル通り非常にシンプルだ。ただただシンプルさの大切さを伝えている。

そのためレビューも本の中に出てきた言葉になってしまうが、この本はジョブズについて一般書籍に載っているような誇大や演出じみた表現にはなっていない。
また、作者がジョブズの側近という事もあり生々しいエピソードも盛り込まれており、今までにジョブズに関する書籍を読んだ人にとっても新鮮で興味深い内容だった。

ただシンプルについて要点を置いてるため、エピソードの時系列はバラバラだ。
なのでよりシンプルに読み解くためには、ある程度ジョブズやアップルを歴史を知った上で手にした方が良いだろう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 たろ☆ 投稿日 2012/10/5
形式: ハードカバー
アップル製品の哲学である「シンプルであること」に焦点を当てた本。アップル(ジョブズ)と非常に近い立場で仕事をしてきた著者だけに,仕事を通じてアップル(ジョブズ)の哲学が分かりやすく描写されている。ジョブズの言葉やその人間性に焦点を当てていない点が本書の特徴。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
著者はシンプルさは単なる目標ではなく、スキルであるが、皮肉にもシンプルさのスキルを身につけるのはシンプルではない と言う。
この言葉はとても象徴的ではあるが、わかりにくい。
でも本書の中でレビュアーが一番わかりやすいと思ったのは、アップル社内会議での会話のやりとりではなくて、
その結果の製品ラインの例である。アップルのウェブサイトに行くと2種類のモデルがノートパソコンとしてのっている。
その一方、HPとDELLのサイトに行くと、それぞれ20種類くらいのモデルがのっている。
この違いだ。これを著者は「製品増殖」と呼んで危険な現象としてみている。
シンプルさのスキルを身につけるのはシンプルではない という著者の意味がここでようやくレビュアーにはわかった。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
アップルの再生現場をスティーブ ジョブズの間近でみてきた著者の文章にはリアリティがあり、また、迫力もある。それだけに読んでいて非常にわかりやすく、ジョブズのエピソードとしては大変面白い。

特にシンプルさへのジョブズのこだわりは、かなり徹底されていて、それが産み出される現場の臨場感がはっきりと伝わってくる。シンプルというのは、複雑さの皮を一枚一枚はがしていくことによって、本当に必要なものだけを残していくもの。それを本気で行ってもなかなかできることではない。シンプルさへのこだわりがあったからこそ、ジョブズの傲慢で、ともすると暴力的でもあったのではないかと思う。

一方で、エピソードをのぞく本書の内容とすると、あまり面白みがない。シンプルさを追求するのであれば、ただのエピソード集で十分。それ以外の部分から得るものはほとんどない。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー