There's a Riot Goin on [1... がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,600MP3アルバムを購入

There's a Riot Goin on [12 inch Analog] Import

5つ星のうち 5.0 9件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,639 通常配送無料 詳細
残り19点 ご注文はお早めに 在庫状況について
Amazon.co.jpフラストレーション・フリー・パッケージで販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 2,365より 中古品の出品:1¥ 6,941より

この商品は「輸入盤 どれでも2点以上買うと10%OFF」対象商品です
「輸入盤 どれでも2点以上買うと10%OFF」キャンペーン、8/29まで実施中。Amazon.co.jp が販売・発送する輸入盤がキャンペーン対象商品となります。販売、発送業者をご確認ください。 キャンペーンの詳細は「輸入盤ストア」でご確認ください


Amazon の SLY STONE ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 「CDを買うとデジタルミュージック(MP3)ストアで使える200円クーポンプレゼント」キャンペーンの対象商品です。2016年8月31日23時59分(日本時間)までのご購入が対象となります。(マーケットプレイスでのご注文は対象外)

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中。 今すぐチェック


登録情報

  • LP Record (2008/4/1)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Sundazed Music Inc.
  • ASIN: B00133KHG0
  • EAN: 0090771514714
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 260,309位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Since it took almost two years to make, the fifth album by now bonafide superstars Sly & the Family Stone had everyone salivating in anticipation. Needless to say, Sly did not disappoint! 1971's There's A Riot Goin' On finds the Bay Area-based genius getting funkier than before, even as his artistic vision becomes darker. Some may have been disappointed that Sly didn't simply re-create the chart successes of earlier singles, but who can argue with the flat-out brilliance of turning recent big hit "Thank You (Falettinme Be Mice Elf Agin)" on its head to create the mind-boggling "Thank You For Talkin' To Me Africa" Two of this hypnotic album's best tunes" Family Affair" and "Runnin' Away" were gigantic chart hits, proving beyond any doubt that Sly Stone could totally deliver the goods!


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
9
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(9)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
個人的にもスライのアルバムの中で一番好きです
ロック歴史上も最重要アルバムの一つ
自分などが今更このアルバムの凄さを語るのはおこがましいくらいの作品ですが
敢えてここで傑作中の傑作だと謳わずにはいられません
「暴動」って和訳がイイよなあ。まず。

1曲目、
ざっくりとしたベースといかにもリズムボックスな
ドラムから入って、ワウギターや不穏な感じのコーラス、狂気じみたボーカルが絡むイントロは何度聴いてもワクワクする。
2曲目は「子どものように」というタイトルなんだが
全く「子ども」ぽくないダークな不気味さが漂う
雰囲気もすばらしい!
名曲「ファミリー・アフェア」も倦怠感漂うボーカルが
一本調子にも聴こえて、それが逆に味を加えている。
それでいて異様にテンションが高い。

このアルバム全体を覆う
気だるさ、緩さ、倦怠感、ダークさ
それがこれまでの陽気でパワフルなファンクというイメージとかけ離れていたのだが
このアルバムを聴き進めていくうち
それこそが「ファンク」の本質なんではないかという
気分にもなってくる。
というよりスライ自身の心の内面を剥き出しに
曝け出
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
70年台に入ると、愛と平和を謳うリベラル勢は敗北、そしてベトナム戦争は継続。同時に、保守権力による黒人ゲットーへの弾圧が激しくなる。当然の結果、全米各地で黒人達は暴動を起こす。だがそれは往々にして、自らのコミュニティーの破壊、という結果にのみ終わった。ヒッピーカルチャーの全盛に作られた前作“Stand!”の陽気さと溌剌さは、この“There’s a Riot Goin’ On”にはない。Sly Stoneは自己の内面を凝視するようにつぶやき、時に唸る。サウンドは壊れやすいガラス細工のように繊細だ。パーティーで踊る類のファンクではない。独り部屋に閉じこもり聞く音楽だ。これほど綿密なファンクが作られることはもうないかもしれない。余りに影響力の大きい、そして音楽史上忘れられてはならない大傑作である。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
SLYの最高傑作にして歴史に残るFUNK金字塔。

黒人公民権運動、ベトナム戦争などアメリカ社会が揺れに揺れていた時代に
突如現れたトリックスター、SLY。

Stand!なんて意気揚々と黒人としてのアイデンティティを
鼓舞していた頃のSLYの姿は、もぅココにはない。
ただ打ちひしがれ、翼をもがれ“のたうつ一人の男”が居るだけだ。
内省的で自虐的なサウンド、それが痛く美しい。

全編、低域をカットしたようなローファイなサウンドに、チープなリズムBOX独特の
無機質なビートがイカす。そこにオフトーンのホーンやSLY自ら演奏したと思われる
ワウで揺らぐヘタウマ楽曲パートとまるでドラッグでラリったようなボーカルが、
コラージュのように重なりながら堕ちていく。まさに究極の密室芸。
スペース・カウボーイなんて、宇宙と交信してる様なぶっ壊れ具合。

パッと聞いた感じでは?なんだけど、聴き込むにつれてコレ無しではいられなくなるような
不思議な陶酔感。取っ付きにくさと裏腹の常習性は最強クラス。
そういう意味でもドラッグ・ミュージック。それもかなり強力なダウナー系。
ひたすら下に下にと沈みこんでいくダウン系
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
前作"Stand!"がポジティヴな夢への「希望」を描いたアルバムであれば、このアルバムは「絶望」という言葉が1番相応しいかと思う。重く暗澹とした雰囲気がアルバム全体を覆い、ネガティヴな言葉で綴られた歌詞が痛々しいほど突き刺さってくる。一役時代の寵児とまで駆け上がった彼がこの作品を発売するまでに一体何があったのだろうか?それはこの作品が発売された時期と照らし合わせると見えてくるような気がする。公民権運動を率いたMartin Luther King, Jr.(キング牧師)の暗殺や、各地で起こる暴動。ベトナム戦争の激化やゲットーで暮らす黒人達の貧困。様々な社会問題がアメリカで発生していた。"Stand!"にて彼が説いた理想とする世界はそこには無かった。勿論彼が常用していた麻薬の影響もあるだろうけれど、Sly Stoneを絶望と諦めに満ちさせてしまう現実がこのアルバムを生み出してしまったのでは無いか?と僕は思う。

このアルバムはSly Stoneが殆ど1人で創ったもの。ドラムスに関してはリズムボックスを使用し、その他の楽器演奏は殆ど彼が弾いている。

初めてこのアルバムを聴いた時、とてつもない嫌悪感に襲われた。全体を通して倦怠感に満ち溢れ、これがファンクの名盤か?と思わせるような退屈なビートが鳴り続けていた。そして何よりもそのサウンドは僕を不安にさ
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック