¥ 3,098 + ¥ 350 関東への配送料
通常6~10日以内に発送します。 販売元: MEGALOS
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 Round3JP
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご注文確定の翌営業日にアメリカ合衆国・ジョージア州より発送いたします。全商品
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

There & Back Import

5つ星のうち 4.9 22件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 3,098
ポイント: 10pt  詳細はこちら
通常6~10日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、MEGALOS が販売、発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
新品の出品:6¥ 3,028より 中古品の出品:12¥ 538より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ジェフ・ベック ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • There & Back
  • +
  • ブロウ・バイ・ブロウ ―SA-CDマルチ・ハイブリッド・エディションー(紙ジャケット仕様)
  • +
  • Wired
総額: ¥7,701
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1988/10/27)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Sony
  • ASIN: B0000025EY
  • JAN: 0074643568425
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 22件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 232,305位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. Star Cycle
  2. Too Much To Lose
  3. You Never Know
  4. The Pump
  5. El Becko
  6. The Golden Road
  7. Space Boogie
  8. The Final Peace


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
1980年リリースの聴けば聴くほど味わいのある素晴らしいギターインストアルバム・・・実は「BLOWBYBLOW」「WIRED」も大好きですが、個人的に一番愛聴しているアルバムです。ヤンハマー(Key)とスタートしたレコーディング(前半3曲)でしたが途中中断してしまい、残りはトニーハイマス(Key)を中心として制作しています。他メンバーはモフォスター(B)・サイモンフィリップス(Dr)・・・このリズムセクションは実に素晴らしい!!(マイケルシェンカーの「神」も彼らの仕事です!!)とにかくこのアルバムは曲が良く、ジェフの演奏が伸びやかでかっこいい・・・サウンドはプログレッシブな感じで、聴き応え十分!!スペイシーなサウンドに切り込んでいくジェフのギターは!!、本当天才的です。1曲目「スターサイクル」は、「ブルーウィンド」の続編的で良く知られていますよね。7曲目「スペースブギ」はサイモンの真骨頂ツーバス炸裂のかっこいいナンバーです。個人的には4曲目「ザパンプ」のシンプルでゆったりした曲展開における、ジェフのギターが大好きです・・・圧巻!!ギターインストの名盤です!!!!
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
スターサイクルを聴くとプロレス番組を思い出す。次期シリーズ予告の時この曲にのせて超過激なアナウンスがはいるのだ。いつもワクワクドキドキしながら魅入ったものだ。今から25年程昔のことだ。ジェフの名演といえば哀しみの恋人達やスキャッターブレイン、ブルーウィンドなどが挙げられようが自分にとってはスターサイクルこそがジェフベックそのものなのだ。もちろんワイアードから引き続き参加しているヤンハマーの存在が大きいのは十分承知している。この曲は彼の作品だ。ブローバイブローがギタリストの為のギターアルバムだとすると、本作はロックファンにもポップスファンにも安心して勧められるまさにジェフベックファンの為のアルバムといえよう。ヴォーカル無しのインストアルバムだからって難しく考えなくても大丈夫。きっと楽しく聴くことができるとおもいますよ。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
リアル・タイムで聴いたのは1980年のコレが最初なんですよ。おなじみヤン・ハマーとの共演が火花を散らす1、最初のトリルがペダルをクルクル踏んでる様子を表現しきっているなぁ。メロディアスで心地よい2、独特なトーンが神がかりな4、スライドが熱いラテンなロックン・ロール5、超ド変態テクニカル7拍子高速ブギーがカッコ良い!まさに”スペース・ブギ”な7(Keyのトニー・ハイマス、Drのサイモン・フィリップスもがんばってます!)、ジーンとくる8。当時の中学生だった自分にもわかるキャッチーさでありながら、大人になった今も味わえる奥深さと血沸き肉踊る変態性を併せ持ったギター・インストの宇宙遺産。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
マイルスデイビスバンドで脚光を浴びたギタリスト、ジョンマクラフリン率いるマハヴィシュヌオーケストラやビリーコブハムの「スペクトラム」を聴いて影響を受けたJeff Beckが、BBA解散後に発表した「Blow By Blow」「Wired」。Jeff Beckを代表する2作だが、今作「There And Back」もJeff Beckの感覚的な天才ギターが冴えていて、安定して聴けるアルバムです。ジャケットもセンスがあってとてもかっこいいです。
「Star Cycle」「You Never Know」「The Pump」など、最近のライブでは定番となっている曲が入っているので、必聴です。
 そして、このアルバムは、とても宇宙的な感覚の曲で殆ど占められています。
1、ジェフベックのライヴでは欠かせないほどの重要な曲。
2、ジェフベックのキャリアの中では特に目立たない位置にある曲だが、結構するどいギターが聴ける。
3、ライヴでは欠かせない曲。ヤンハマー作のリフが特にかっこいい。
4、正式には「The Pump」で、重いドラムの一定のリズムにジェフのスペイシーなフレーズが絡む。
5、正式には「El Becko」です。頭の早いクラシックのようなピアノからハードロック調のリフを持った曲。
7、ビリーコブハムの「スペク
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
このアルバムの収録曲、ライヴで聴くとまるで感じが違いますよね。

忘れもしない、今から三十年前の大学時代。
発売当日、レコード屋にすっ飛んで行って、このアルバムを手に入れたものの、予想外に音が「ぬるい」
肩すかしをくらった感があったのですが、それからしばらくして行われたジェフのジャパン・ツアーで印象が一変。
こーんないい曲だったのかと、以来、手放せない愛聴盤となりました。

ライヴではジェフのギターがもっと前面に押し出されて、音も格段にヘヴィになります。
耳にも体にも心地よい圧がかかってくる感じの、分厚い音で聴く方が、私自身は好みですね。

ただ、残念なことに、この時代のジェフのライブは、録音があまり残っていないみたいですね。
となると、YouTubeにもアップされてる、ARMSコンサートでのライヴは、今となっては大変貴重なものというわけですが、
中でも、その時演奏された「The Pump」は、私の大のお気に入り。
ジェフのライブ演奏の中でも、飛びぬけて好きなもののひとつです。
中盤以降のジェフのギターのうなり具合は、まさに「むせび泣く」という感じで、本当にこたえられません。
今でもパソコンで見るたび、自分の年も忘れ、「じぇふ〜」と身
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー