通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
And Then There Were None がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■ご注文通知から1営業日以内に発送。■水ヌレ、ヨゴレ、キズ防止の為、エアキャップまたはクッション封筒に入れて発送いたします。■万が一、こちらの商品説明及びガイドラインで認められている範囲以外に不良点がございましたら送料及び商品代金を全額返金いたします。■商品の状態 【カバー】多少のキズ・ヨゴレあり。【本体】カキコミなし。多少のキズ・ヨゴレあり。【付属品の不足】問題なし。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

And Then There Were None (英語) マスマーケット – 2011/3/29

5つ星のうち 4.5 32件のカスタマーレビュー

その他(56)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
学校
"もう一度試してください。"
¥ 1,592 ¥ 2,836
マスマーケット
"もう一度試してください。"
¥ 714 ¥ 1
マスマーケット
"もう一度試してください。"
¥ 957
¥ 697 ¥ 592
カセット, Audiobook
"もう一度試してください。"
¥ 2,929 ¥ 4,409

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • And Then There Were None
  • +
  • Murder on the Orient Express (Poirot)
  • +
  • The ABC Murders (Poirot)
総額: ¥3,084
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

One of the most famous and beloved mysteries from The Queen of Suspense—Agatha Christie—now a Lifetime TV movie.

"Ten . . ."
Ten strangers are lured to an isolated island mansion off the Devon coast by a mysterious "U. N. Owen."

"Nine . . ."
At dinner a recorded message accuses each of them in turn of having a guilty secret, and by the end of the night one of the guests is dead.

"Eight . . ."
Stranded by a violent storm, and haunted by a nursery rhyme counting down one by one . . . as one by one . . . they begin to die.

"Seven . . ."
Which among them is the killer and will any of them survive?

レビュー

“The whole thing is utterly impossible and utterly fascinating. It is the most baffling mystery Agatha Christie has ever written.” (New York Times)

“One of the most ingenious thrillers in many a day.” (Time magazine)

“One of the very best, most genuinely bewildering Christies.” (The Observer (UK))

“There is no cheating; the reader is just bamboozled in a straightforward way from first to last….The most colossal achievement of a colossal career. The book must rank with Mrs. Christie’s previous best—on the top notch of detection.” (New Statesman (UK))

“The most astonishingly impudent, ingenious and altogether successful mystery story since The Murder of Roger Ackroyd.” (Daily Herald (UK))

“What Agatha Christie taught me was all about the delicate placement of the red herring. She was the ultimate genius behind ‘by indirections shall we find directions out.’ ” (Elizabeth George, New York Times bestselling author of the Inspector Lynley novels)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • マスマーケット: 320ページ
  • 出版社: Harper; Reissue版 (2011/3/29)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 0062073486
  • ISBN-13: 978-0062073488
  • 発売日: 2011/3/29
  • 商品パッケージの寸法: 10.6 x 2 x 17.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 2,958位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: マスマーケット Amazonで購入
これ、普通のペーパーバックの大きさではありませんね。
小さくて持ち歩くには良いですが。。。
ちなみに、字の大きさ自体は他のペーパーバック版のアガサクリスティーのと一緒です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: マスマーケット Amazonで購入
全く接点のないはずの10名の招待客がひとつの孤島の別荘へ招待され、一人ひとり、マザーグーズの歌“10人のインディアン”のとおりに消えて行く。。。

中学生の頃くらいに、日本語版で読みましたが、覚えてないのとカンが鈍いので(苦笑)、最後の最後で結構びっくりしました!

一人一人が確実に殺されて行く様子がだんだんと鬼気迫ってきます。
とにかくぐんぐん引き寄せられてあっという間に読み終わりました。

さすが、ミステリーの古典にふさわしい一書でした。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: マスマーケット Amazonで購入
洋書を買うときは、いつもLexileスケールを参考にしています。この本は570Lとかなり低い(ハリーポッターの第1巻は890L)ですが、わからない単語はかなりありました。とはいえ、それなりに読みやすく、英語がそれほど得意でない人も、話の筋をはずすことなく最後まで読めると思います。アガサクリスティの作品はどれもLexileスケールが低く、英語学習者には最適だと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ハムなしソーセージ トップ1000レビュアー 投稿日 2014/6/14
形式: マスマーケット
What is happening in this story could never happen in real life. Any thinking person would think that the characters are unrealistic, their discourse with one another stilted, and their behavior incredible.
But one cannot deny that this is one of the greatest mystery novels ever written, because what matters most in the mystery novel is the idea of the plot, and Christie has succeeded in showing a wonderful idea in this novel. In other wrords, in this genre, the idea of the plot is much more important than its likelihood.
I was very much impressed by Christie’s imaginative ability wh
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: マスマーケット
U・N・オーエンと名乗る人物から無償でインディアン島に招待された10人の男女。晩餐時にテーブルに集まった彼らの耳に突然レコードの音声が流れる。その音声は、招待客たちの秘められた犯罪の秘密を1人1人暴き立てるのだった。そして晩餐時に第1の殺人が起こる。その殺人は、部屋にかかっている額縁のなかに書かれたマザーグースになぞらえていた。テーブルの上に飾られていた10人のインディアンが1人姿を消すと共に、1人、また1人と犠牲者が増えていく。・・・
マザーグースの歌詞通りに進められていく殺人事件。10人それぞれの闇に葬られていたはずの暗い過去。次に殺されるのは誰か。そして犯人は誰なのか。緊張感高まる文体にぞくり、ぞくりと静かな恐怖感を掻き立てられました。殺人の描写よりだんだんお互いが犯人ではないかと疑い始め、本能をむき出しにしていく人々の描写が何より恐ろしく感じました。人間の奥底に潜む暗い部分が暴かれ、刻一刻と完全犯罪の歯車が回り始める。怖くてどうしようもなけれど、それでもページをめくってしまうのが止められないほどの面白さ。その緊張感が衝撃的なラストによってもたらされる驚愕に変わった時、なぜこの作品が書かれて60年以上経った今日も世界中で愛されているミステリーなのか、やっとわかりました。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: マスマーケット
これだけ多くの方々がレビューされている、超有名なミステリーの古典的作品。なのであらすじは割愛します。

私がこの「AND THEN THER WERE NONE」を知るきっかけとなったのは、アニメうる星やつら「そして誰もいなくなったっちゃ」。他にも夏樹静子著「そして誰かいなくなった」、今邑彩著「そして誰もいなくなる」など、この作品を元にした作品が世に送り出されています。どれも、怖かったですが、やはりこの本家の恐ろしさはMAX!!と清水俊二訳のハヤカワミステリ文庫昭和58年9月20日 39刷版を繰り返し読んで思っていました。実際、6人…何事もなかったようにふるまっている6人の人間…のように何でわさわざこんな恐い書き方してるの!!(・・;)))と泣きたくなるような恐い文章(涙)。しかし、この洋書で読むと、微妙なニュアンスの差でそこまでの恐さは感じませんでした。翻訳家のホラーにしたて上げた手腕でしょうか。そのかわり、「and THEN THER WERE (Nine〜None)」の部分が読んでて段々恐くなってきます。同じ話の筈ですが、英文と日本語の文のニュアンスの違いを楽しみました。思ったより読みやすい文章で、簡単な事しか英語で話せない私でも、何とか読めました。やはり恐くて面白い名作。

余談ですが、私のハヤカワミステリ文庫の「そして〜」は、高校生
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー