通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
The EFFECTOR BOOK Vol.26 ... がカートに入りました
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 38Shop
コンディション: 中古品: 非常に良い
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

The EFFECTOR BOOK Vol.26 (シンコー・ミュージックMOOK) ムック – 2014/12/6

5つ星のうち 1.5 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ムック, 2014/12/6
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 904

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • The EFFECTOR BOOK Vol.26 (シンコー・ミュージックMOOK)
  • +
  • The EFFECTOR BOOK Vol.24 (シンコー・ミュージックMOOK)
  • +
  • The EFFECTOR BOOK Vol.27 (シンコー・ミュージックMOOK)
総額: ¥4,644
ポイントの合計: 141pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



売れ筋ランキング (和書総合)
Amazon.co.jpで今一番売れている作品が分かる。ランキングは1時間ごとに更新。 >詳しく見る

商品の説明

内容紹介

一冊まるごと“エフェクターのみ"!とことんマニアックにエフェクターの魅力を追究。

【CONTENTS】
[Pedal Board Profiling]
バーリー・カドガン(Little Barrie)
辻 友貴(cinema staff)

[特集1] BROWN SOUND

■What is BROWN SOUND?~EVHサウンドの秘密を探る
■ワンプラー・ペダルズ・インタビュー~ブラウン・サウンド・シミュレートの軌跡
■アンプトゥイーカー・インタビュー~5150アンプを作った男
■著名ビルダーが語るマーシャル・サウンド考える
■ブラウン・サウンドの音響学
■現行"ブラウン・サウンド系ペダル"試奏レビュー
■Sound Wave Labインタビュー
■アンプライク・ペダル回路の構造学
■実験:マーシャル風味が得られるダイオードを捜索
■DAWでブラウン・サウンド
■[M.A.S.F.実験]エディ・モデルでノイズを作る!

[新製品紹介] COMING UP NEXT NEW PRODUCTS REVIEW
[特別企画] "いまみちともたか"が2014年リリースの製品を試奏&レビュー

[シリーズ:ベテランの矜持] 第26回:高崎 晃(LOUDNESS)

[特集2] BOSS
世界的ブランドが目指す新たなブレイクスルー

[インタビュー] Builder's Voice
Way Huge
TC Electronic
m.o.e.fxp

新製品インフォメーション
インフォメーション+~SPIさいとうがペダル開発の模様をドキュメント

[連載] Whatever cool with me
さいとうさんに聞いてみよう(Soul Power Instruments)
世界のマニアックさんたち、こんにちは
今さら人に訊けないエフェクターの使い方(Crews)
音の正体
攻撃する機械―エフェクターその可能性の中心(M.A.S.F)
マニアの極北


登録情報

  • ムック: 116ページ
  • 出版社: シンコーミュージック (2014/12/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4401640896
  • ISBN-13: 978-4401640898
  • 発売日: 2014/12/6
  • 商品パッケージの寸法: 25.6 x 20.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 1.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 303,774位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 1.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 SLAI VINE メンバー 投稿日 2014/12/27
Amazonで購入
EVHのサウンドの秘密としてエコープレックスに触れていますが
EP-3に所謂(日本人が想像するであろう)ブーストはありません。
文章内に出てくる「秘密のトリマー」は「レコーディングレベル」
であってインプットレベルではありません。レコーディングレベルを
上げても録音される音量が上がり、ディレイ音が大きくなるだけです。

海外アーティストが表現した「ブースト」と日本人が連想する「ブースト」は
異なる事、EP-3にブースト機能など無い事など、現代ではあちこちで
多く語られているにも関わらず、活字として残してしまう事に
嫌悪感と恐ろしさを感じます。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yuyuyu 投稿日 2015/2/6
Amazonで購入
ところどころに名前を連ねている方の記事がどうにもうさん臭く感じたので紹介されているHPを拝見しました
なんとプレイヤーでも音楽業界の方でもなく単なるアフィリエイターでした
ギターはお世辞にも上手いとは言えるレベルではなく初めて間もない初心者程度のスキル
何なのでしょう?
一般の雑誌記者か何かなのですか?
音楽雑誌にこの方の解説やレビュー記事を載せる理由が分かりません
1 コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
今この期に及んでブラウンサウンドを扱うのはちょっと冒険が過ぎますね(笑)記事の内容より写真のマーシャル群が気になります。
EP-3のブースト機能ですが、EP-3は回路的には入力初段のFETでまず固定でブーストされます。そこからEcho Volumeに行くルート(ドライ側)と、Recording Levelトリマーを通してRecording Head側に行くルート以外に、Sustainノブを通ってEcho Volume(ウェット側)に行くルートがあります。Echo ONではこのRecording LevelのトリマーもSustainノブを通過するブーストされたドライ音に影響を与えるため、結果的にはエコーの返しだけでなくブーストされたドライ音も調整していると言えます。ただフットスイッチでEchoをOFFにしてしまえば、このRecording Levelトリマーを通るルートはキャンセルされるので、Echo ONの時だけこのトリマーの調整でブーストを調整出来ちゃうことになります。Echo OFF時はこのトリマーではなく、単にEcho Volumeでドライ音を上げることで、初段FETで増幅された分までブーストがかかる、という仕組みです。なのでどちらにしても「ブースト機能などない」というは間違いです。それは、インプットで無条件にFETによる増幅(ブースト)回路を通っているため本機の電
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
アナログディバイスをアナライズする事の限界は誰もオリジナルの音を聴いた経験が無い事。ブラウンサウンドしかり。
私たちの誰もが初期のEVHのレコーディングに立ち会う機会などあるわけが無いですし。レコーディング時の音量やオンオフのマイキング、キャビネットの振動、歪みなど、全てエンジニアの領域です。実際プロデューサーは変わってもエディはエンジニアのドン・ランディーは重用していました。これにギタリスト特有なピッキングなどのテクニックが加味される事を考えれば、ストンプボックスひとつでなんとかしようなんてナンセンスですよね?
実際に編集部が再現する際にも状態の良いオールドマーシャルが入手出来ないので、シュミレーター(恐らくAxe Fx)を使っているので自明だと思いますが。
それならデジタルシュミレーターの特集しなさいよ。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック