Teenage Dream がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 Round3JP
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご注文確定の翌営業日にアメリカ合衆国・ジョージア州より発送いたします。全商品
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,384
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,350MP3アルバムを購入

Teenage Dream Import

5つ星のうち 4.4 27件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,300 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り16点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、falo-mediaが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

この商品は「輸入盤 どれでも2点以上買うと10%OFF」対象商品です
「輸入盤 どれでも2点以上買うと10%OFF」キャンペーン、8/29まで実施中。Amazon.co.jp が販売・発送する輸入盤がキャンペーン対象商品となります。販売、発送業者をご確認ください。 キャンペーンの詳細は「輸入盤ストア」でご確認ください


Amazon の ケイティ・ペリー ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Teenage Dream
  • +
  • Prism
  • +
  • One of the Boys
総額: ¥3,319
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2010/8/24)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Capitol
  • ASIN: B003L77TZI
  • EAN: 5099968460129
  • 他のエディション: CD  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 27件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 14,096位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. Teenage Dream - Katy Perry
  2. Last Friday Night (T.G.I.F.) - Katy Perry
  3. California Gurls (feat. Snoop Dogg) - Katy Perry
  4. Firework - Katy Perry
  5. Peacock - Katy Perry
  6. Circle The Drain - Katy Perry
  7. The One That Got Away - Katy Perry
  8. E.T. - Katy Perry
  9. Who Am I Living For? - Katy Perry
  10. Pearl - Katy Perry
  11. Hummingbird Heartbeat - Katy Perry
  12. Not Like The Movies - Katy Perry

商品の説明

"I can't run from where I came from, nobody can," says Katy Perry. When it came time to make her exhilarating second album "Teenage Dream," Katy found herself increasingly drawn back home to Santa Barbara, Calif. Back to where they knew her before she became a superstar. Before she kissed a girl and liked it. And, certainly, before she sold 5 million copies of her Capitol Records blockbuster, "One of the Boys." "I love the vibe that Santa Barbara gives off and I wanted to really tap into the purity of my childhood and that feeling," says the two-time Grammy nominated singer. "It was really fun to get away and walk into the studio with no make-up on."

"Teenage Dream," will move you, both emotionally and physically. "When I was touring, I wanted people to dance more," Katy says. "So I wrote an album that made people move, yet didn't sacrifice the story substance that I had on the last record." The album, whose producers include Max Martin, Tricky Stewart, Stargate, Dr. Luke and Greg Wells, is a glorious evolution from "One of The Boys," It showcases an artist who dares us to join her as she experiences every facet of life.

"I'm giving everyone the full spectrum on this record," Katy says. "You're getting the sugary sweet, but you're also getting the `Oh my goodness, she had to sit down for a minute and let some things off her chest'." Fun first single, "California Gurls," declared by Entertainment Weekly as "unforgettable," is the undeniable summer anthem of 2010. Featuring Snoop Dogg, "Gurls" is a sizzling salute to sun-kissed days spent in Daisy Dukes and a bikini top. Other album highlights include the heartbreakingly wistful "The One that Got Away," the naughty, playful strut of "Peacock," the uplifting "Firework," the pulsing, stinging "Circle the Drain," and the spiritual quest of "Who Am I Living For."

And then, of course, there's the passionate, thumping title track. "I called the album `Teenage Dream' because I feel like I will always want to be that pin-up poster," Katy says. "I definitely want to be in everybody's dreams at all times until I get to Liz Taylor's age when I'm not in your dreams anymore, and I'm just a diva!"

It's irreverent statements like this that have branded Katy a true American original. She's the extremely talented girl next door with slyly captivating charm. After Katy topped Maxim's Hot 100 this Spring, Maxim editor-in-chief Joe Levy mused of her appeal: "It's that feeling you get when you suddenly realize that the smartest, funniest, coolest girl you know also happens to the best looking and a pretty good skateboarder, too. All of sudden, your crush goes supernova, and this is Katy's supernova moment."

She's the face most likely to adorn the bedroom walls of young girls who adore Katy not only for her musical brio, but for her playful yet sophisticated fashion sense (Who else could wear a blinking dress that lights up to the Metropolitan Museum Costume Institute's Gala?) "I don't ever really want to come off as trashy," she says. `But I want people to know I'm definitely having fun."

Of that, there's no doubt. Seldom has an artist catapulted onto the world scene and captured not only people's ears, but their hearts as well. Since the 2008 release of "One of the Boys," Katy has taken a jet-fueled rocket pack to the top, wowing fans with her often whimsical, irresistible pop songs. Katy topped charts in more than 25 countries with cultural phenomenon "I Kissed a Girl," "Hot N Cold," "Thinking Of You" and "Waking Up in Vegas," and has sold more than 22 million digital tracks and mobile products worldwide. Katy erases any barrier between pop star and audience by writing all her own material. "You're getting a pure connection to the artist," Katy says. "You're not getting some idea of what that artist should be, you're getting a direct voice."

Nowhere is Katy's voice and vision clearer than in concert. She is a relentless road warrior, albeit one who comes complete with gigantic, blow up plastic strawberries to toss into the audience. As a newcomer, she stormed the Warped Tour stage for 47 dates in 2008, immediately winning over hardened rock fans with her ceaselessly energetic live show. Since then, she has steadily built audiences across the planet by touching down in more than two dozen countries and filling increasingly larger venues each time she returned to a city. 2009's headlining "One of the Boys" tour was a phenomenal success, selling out around the world.

She's also a popular television draw, appearing on countless talk shows, presenting and performing on the Grammys living out her lifelong dream of being lowered from the ceiling in a 600 lb. banana, serving as a guest judge on "American Idol," a celebrity contestant on "Who Wants to Be a Millionaire?" for St. Jude Children's Research Hospital and hosting MTV's Europe Music Awards twice. More often than not she's adding to her trophy case at each stop, winning Best New Act at the Europe Music Awards, Best Pop Video at the MTV Japan Awards and International Female Solo Artist at the Brit Awards.

As much as her life seems to play itself out in the press--she's appeared on the cover of more than 15 magazines--she reminds us the real Katy is in every note and every word of her music. "If you ever want an answer about how I felt about something or what I was going through or what I believe or my convictions or my love," she says, "You just have to listen to the lyrics." We can't wait to hear every word she has to say.


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
遅ればせながら、 このアルバムでケイティのファンになってしまいました。 1のTeenage Dream,3のCalifornia Gurlsがヒットしていたのは知っていましたが、 ちゃんと聴くまでには至らず…。 以前、YouTubeでケイティがRock In RioでPeacockを披露した時の動画を視聴し、 気になってこちらのアルバムを購入しました。 結果、前述のCalifornia Gurls,Peacockの他、 Firework,E.T.,Who Am I Living For?をよく聴いています。 中でもFireworkには、 自信や原動力を無くした時に勇気をもらえる歌詞がたくさん散りばめてあります。 E.T.は歌詞もそうですが、 何よりPVが斬新で奥が深く面白いです。 ケイティがとんでもないことになってます。 アルバムのE.T.には、 カニエ・ウェストが参加していないので、 その点が少し残念です。 (ケイティのみのバージョンでも聴き応え充分です!) ケイティの曲は、単に流行りのエレクトロ一辺倒でポップなだけではなく、 人をわくわくさせ、高揚させ、楽しませるというエンターテイナーとしての一番大事な強みが凝縮されているので、 どのジャンルを歌っても浮いてしまったり、 画一的な感じがせず、 どれも歌いこなしてしまいます。 その根底には、彼女の強固な信念があるのですね。 アルバ...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
歌唱力は、大分良くなってます!ただ日本版のボーナストラックが要らないと思います。
輸入盤の方が安いし余計なリミックス曲入って無いのでオススメですね。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ケイティは絶対に「ノるだけの歌」は作らない。

曲には何か必ず意味があるし、プラスアルファが存在する。

California Girlsは聴いたとき一瞬Tik Tokのパクりかと思ってしまったけれど、「カリフォルニア版Empire State Of Mind」と言うだけあって、夏のカリフォルニアの海が目に浮かぶ素晴らしい歌だと感じた。ウェストコーストなスヌープの起用もかなり効果的。

そしてTeenage Dream。ノリノリな4つ打ビートだけれど、なぜか涙をさそう。儚く切ない青春を思わせるこのキャッチーなメロディに、クラブ風の楽しいサウンド…明るさと切なさが同居する青春を上手くあらわしたこの曲はまさにTeenage Dreamだな…と思わせる。

アラニス・モリセット的なものを狙ったとの事だが、前作に比べエレクトロを大幅に導入したサウンドはともかくとして、誰もが抱える、言葉にできないようなもどかしい気持ちを形にするところはまさしくアラニスの特徴と似ている。

そして、前作はテンションのバランスが良かったものの、今作は後半にかけて下がり気味。最後もバラードのNot Like The Moviesでしめくくっている。でも、Lostを思わせるこの曲で終わるところもまた、陰りが
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
買う時、ティーンエイジャーじゃなくて申し訳ない・・なんて思いましたが。
大人なアタシもケイティの力強いボーカルに励まされます。
曲によってそれぞれ違う魅力が出ていて、聞いていて面白いです。
(たまに出す曲みんな同じに聞こえる歌手居ますよね・・残念なことです)。

カルフォルニアの、暖かい風が吹いてて、ヤシの木が揺れてる、
自由な感じ、浮かびますね。

シングルカットした曲目当てでしたが、
それ以外の

5. Peacock
6. Circle The Drain
7. The One That Got Away

が、お気に入りになりました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
LADY GAGAと伴に、USアイドルポップの新しいあり方をプレゼンしたKATY。
否、「アイドル」という呼称は若干不適当かもしれない。
ポップミュージック・クリエーターとしての彼女が、アイドル的要素をひとつの表現手段として選択している、
というべきでしょう。
何れにせよ、米欧での人気ぶりと比較すると、そんな彼女のやや分かり難い立ち位置が災いしてか、我が国に
おいてはイマイチ盛り上がりに欠けている感じがしていますが、この2nd作(正確には3作目)は、現時点で
既に5曲の全米ナンバー1ヒットを生み出したモンスターアルバムとなっています。
そしてその内容のほうも、営業成績と同様に素晴らしいものになっていると思います。
前作も、ハイセンスなポップソング満載の好作品でしたが、今作はそこから更に2ステップ、3ステップ前進
した、といった感じで、すべての面においてのスケールアップ、レベルアップが感じられます。
特に印象に残るのが彼女のシンガーとしての表現力の高さで、「E.T.」(今年のシングル曲の3指に入る名作
だと僕は思っています)、「WHO AM I LIVING FOR」なんかの曲では、そういった部分が存分に満喫できます。
おバカなPVは目晦まし、と言っては少し言い過ぎ
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック