Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 500
(税込)
ポイント : 5pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[村上春樹]のTVピープル (文春文庫)
Kindle App Ad

TVピープル (文春文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.1 30件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 500
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 508 ¥ 1

商品の説明

内容紹介

ある日曜日の夕方、「僕」の部屋にTVピープルたちがテレビを持ち込んできたことで、すべては始まった――表題作「TVピープル」。男にとても犯されやすいという特性を持つ美しい女性建築家の話「加納クレタ」。17日間一睡もできず、さらに目が冴えている女「「眠り」。それぞれが謎をかけてくるような、怖くて、奇妙な世界をつくりだす。作家の新しい到達点を示す、魅惑に満ちた6つの短篇を収録。

内容(「BOOK」データベースより)

得体の知れないものがせまる恐怖、生の不可解さ、そして、奇妙な欠落感…。生と死、現実と非現実のあいだ…。小説の領域をひろげつづけてきた作家の新しい到達点。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 464 KB
  • 紙の本の長さ: 108 ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (1993/5/10)
  • 販売: 株式会社 文藝春秋
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01M18T196
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 30件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 23,216位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
著者の絵本『ねむり』(書評済)を読んだ。そのあとがきに、本書の短編小説「眠り」の文章をバージョンアップしたものが『ねむり』だとある。
著者が自分の材料をどのように調理しなおすのかに興味を覚えて、さっそく本書を読んでみた。

変更箇所は多数におよぶ。目についたものをいくつか拾ってみた。

「私は」の削除(全てではない)
「のだ」の削除(全てではない)
「ホンダ・シティー」→「ホンダ・シティ」ソファーなどはそのまま。
「仮説」→「推論」

「横浜」の削除(残りの固有名詞はごくわずか):本書(p.181)
「横浜に向かう幹線道路に出る。」→「港に向かう幹線道路に出る。」

読者への呼びかけ(ちょっと唐突)「あなた」を「人」に変更:本書(p.170)
「それは生物学的に見て正常なことではないとあなたは言うかもしれない。」→
「それは生物学的に見て正常なことではないと人は言うかもしれない。」

少し大きな変更(図書館で本を調べ、「私は眠らない。」と決意):本書(p.169)
「傾向的消費を治癒するために眠りが定期的に訪れるのだとしたら、そんなものはいらない。私には必要ない。もし私の肉体が傾向的に消費されざるを得ない
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
自己の内面にこだわってきた作風が本作品集ではがらりと変わってバラエティーに富んだテーマ設定になっています。作家に新境地が訪れたのでしょうか。
★TVピープル
TVピープルが主人公の僕の部屋にやってきた。彼らは雑誌と古い時計を押しのけてテレビを置いた。
彼らが持ち込んだ世の中の新しい前提、それを周りの人々と同じように受け入れることができない。
だから僕はTVピープルの様子をつぶさに観察し彼らのメッセージを見極めようとする。
妻が居なくなった、体が縮み始めた、そして彼らのゆがんだ概念に僕の心はシンクロし始めた。

★★飛行機
深い心の井戸から詩のような言葉が浮かび上がってきた。
彼女から聞かされるまでその言葉に気付くこともできなかった。
悲しみの涙を流す女性が目の前にいて、青年は黙って彼女を抱きしめる。
いつか・飛行機は・傷ついた魂を乗せて・空へと・飛んで・いけるだろうか?

★★★我らの時代のフォークロア
社会的な弱者の側に寄り添いたいと理想を掲げながらも、気付けば見失っていたりするのが人の常だ。
その反対に、恵まれた才能を持つ強者が抱える苦悩にも、想像が及ばないのかもしれない。
強者の側にいたはずの彼と彼女の切ないエピソード
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
この短編集のタイトル「TVピープル」はそれ自体が短編のタイトルになっているので著者も、他の作品とは異なる、それなりの思い入れがあるのでしょう(単に、執筆した順かもしれませんが)。

【TVピープル】
この世界にはTVピープルを “見えている人” と “見えていない人” がいる。ただ、この2つのグループの人々の大多数は、TVピープルの存在自体に疑義を持っているわけではなく、その存在を許容・概知のものとして認識している。  いや、むしろ、TVピープルに対する軽い畏敬の念さえ持っているかのような振舞いをする。

TVピープルが色々な場所に運びこんでくるソニー・トリニトロンTVは、言わば “生きる魂” の 「インディケーター」 そのものであり、TV電源オンで白い画面が出てくれば、TVの存在を認識している、 『彼 / 彼女はこの現実世界に留まっている』 のであるが、画面が黒いままの場合には、 『彼 / 彼女は隣の世界の住人になった』 ことを教えてくれる。 また、霊になると、全体が、僅かではあるが、均等に縮小する・・・・・と記述して、読者に、誰がどのタイミングで隣の世界に移ったのかを明示(暗示?)している。 もちろん、妻に去られた主人公は、最後には隣の世界に逝ってしまうのであるが (手のひらが少し縮んでみえる)・・・・・。
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ヒデボン VINE メンバー 投稿日 2011/4/8
形式: 文庫
 後々の長編に進化する短篇あり、不倫人妻の生態あり、火力発電所設計者の生きざまありといったハルキ・ムラカミの新境地を描く好短篇集。

 「TVピープル」は60年代初期の多くの日本人が経験していることで、勝手に2-3人のTVピープルが「我が家にTVがやってきた」ってときの声をあげながら、TVを置いて帰って行った、そして我々もTVピープルになった・・・・・・・・
 飛行機を作り始めるTVピープルが、次の「飛行機」につながるのかなあ、ひとりごと作品に・・・・・・

 「われらの時代のフォークロア」に出てくる「高度資本主義」という言葉は経済音痴のムラカミが比較的好んで使う言葉で、その後、「ダンス、ダンス、ダンス」では何度も何度も出てくる・・・・・・・・

 「加納クレタ」は、「ねじまき鳥クロニクル」での重要人物だが、火力発電所の設計者としては登場しなかったのが悔やまれる、お姉さんのマルタって、オリジナルではこんな言葉使いをしていたんだな・・・・・

 「ゾンビ」は「右の耳の中にある品のない三つのほくろ」を持つある女の悲劇を描く商品だが傑作・・・・・

 「眠り」はレビュワーの評価が高いが個人的には文字通り眠くなったしまった・・・・・ZZZ ZZZ
「水差しを持った老人」は、結局どうなったのかなあ…ZZZ ZZZ
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover