¥ 2,823 + ¥ 350 関東への配送料
残り1点 ご注文はお早めに 販売元: Felista玉光堂

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,854
+ ¥ 350 関東への配送料
発売元: バンダレコードweb店
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

TVアニメ 黒子のバスケ DRAMA THEATER 2nd GAMES それがボクたちのバスケです

5つ星のうち 4.2 13件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,086
価格: ¥ 2,823
OFF: ¥ 263 (9%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Felista玉光堂 が販売、発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
新品の出品:4¥ 2,771より 中古品の出品:74¥ 1より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • TVアニメ 黒子のバスケ DRAMA THEATER 2nd GAMES それがボクたちのバスケです
  • +
  • TVアニメ 黒子のバスケ DRAMA THEATER 3rd GAMES すれ違っているかもしれません
  • +
  • TVアニメ 黒子のバスケ DRAMA THEATER 1st GAMES
総額: ¥7,409
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2012/11/14)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ランティス
  • 収録時間: 60 分
  • ASIN: B008YINQGK
  • JAN: 4540774152490
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 79,772位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. プロローグ~それがボクたちのバスケです~
  2. 帝光祭
  3. スタンプラリーに参加します
  4. スタンプラリー、開始です
  5. スタンプラリー、決着です
  6. 帝光祭の思い出
  7. エピローグ~それがボクたちのバスケです~
  8. キャストコメント

商品の説明

メディア掲載レビューほか

小説版「ReplaceII」をドラマCD用にアレンジ!! キセキの世代メンバーが総出演!! (C)RS


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 名無しさん 投稿日 2016/8/2
Amazonで購入
昔も今も変わりなく、変わったとしてもまた戻り引き合うのがキセキの世代だと私は思いました。

ネタバレは私自身好まないので内容は事細かに伝えられません。

ご自身で購入してぜひ聞いてみてください。どんなときでもハチャメチャなキセキの世代をご堪能して下さい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
小説とCDドラマ両方持って比較してみましたが、内容は小説そのままではありません。
街で偶然出会った桃井と黄瀬と黒子による帝光祭の回想という導入部から始まり、現在に戻ってこれからの意気込みを語るといった構成なので、オリジナル部分では黄瀬と黒子の出番が増えている感じです。

小説は桃井視点だったので、キセキの世代同士の関わりはそんなになかったのですが、小説版ではいなかったシーンに他メンバーが追加されて仲の良さが強調されています。
・ 青峰と桃井のやり取りに緑間追加
・ 桃井と黒子のやり取りに黄瀬追加 ※
・ 桃井と黄瀬と紫原のやり取りに黒子追加
・ 赤司の無双を見る桃井に黄瀬追加
・ 桃井黒子青峰黄瀬のラストシーンに紫原と赤司と緑間追加 ※
※のシーンでは特にオリジナル要素が増えてます。

カットされていたのは、第二ゲーム(青峰のクイズ珍回答等)、第四ゲーム(お化け屋敷のくだり)で、第三ゲームの借り物競争がメインです。
オリジナルでは細部をみればいろいろと細かく追加されていますが、黒子と黄瀬で執事と青年将校のやり取り、赤司のボードゲームでの無双、屋上で全員で食事をし写真を取るシーンが大きく追加されたところかと。

小説版では出番がほぼない赤司ですが
...続きを読む ›
コメント 69人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 芽依 投稿日 2014/10/14
Amazonで購入
笑わせてもらいました。大爆笑でした。
キセキの世代が全員出ていて、すごくいいと思います。ただ、赤司は出番はすくないかなと思いますが、黒子のバスケのファンの方(特にキセキの世代ファン)には、すごく楽しめるのではないでしょうか。私は、大満足しています!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ノベライズ2巻の帝光祭をCDにしたものです。
小説版を読んでいたことや前回のCDで覚悟ができていたせいか
DRAMATHEATER 1st GAMEよりは楽しかったです。

小説版との違いについてちょっとだけ。

小説版の帝光祭は全体的に桃井視点で描かれ、桃井をヒロインとした
乙女向けのような内容だと個人的には思ったのですが
今回のCDではそう感じた部分は大幅にカットされ黒子・キセキ達が中心となっています。
(あくまで小説と比較してなので小説未読でジャケットの雰囲気目当てだと
桃井の出番が多めに感じるかもしれません)
赤司の出番が増やされ、苦手な食べ物も発覚します。
ラストシーンのしんみりとした雰囲気が
屋上に行くメンバーが増えにぎやかになっています。

賛否あると思いますが改変については概ね良かったと思います。
他個人的に良かった部分は
黒子が執事の格好をするなら必要だろうと思った定番のセリフが入っていたことや
原作14巻にあった黒子が青峰に退部を告げ
赤司に才能を見出されるシーンが入っていたこと。
出来ればアニメで見たい箇所ですが、青峰役の諏訪部さんの演技がとても良かったです。

ドラマはおよそ50分・声優さんのトーク(一言自己紹介)が10分ほどでした。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 うわべべ 投稿日 2012/12/7
脚本がCD一段と同じ方だったのでかな〜り不安でした(この方の小説は私的にドリーム、ドリーム、桃井総愛されだったので)が、CDは思った以上に良い方に改善されていましたね。多分アニメスタッフも関わったからでしょうが…一段目と同じようなグダグタのブレブレだったらどうしよう…と心配してましたが杞憂に終わりました。小説より桃井がアッサリ、だけど乙女可愛い。小説みたいな桃井のでばり感は無く、引く所はしっかり引いて、けど桃井の可愛い部分もしっかり垣間見れる、良い演出で声優さんも良かったです。桃井のでばり感が無い変わり、キセキ同士の絡みも多く楽しく聞けました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2012/11/14
小説版がダメな人は買わないと思いますが、小説版がOKな自分はかなり満足でした。

正直、第一弾がイマイチだったんで今回もあまり期待はしてませんでした…。

軸となるスタンプラリーはメインになるゲームを全キャラが出る借り物競走に絞ってるのもよかったし、
それでいて他のゲームの解説もちゃんと入ってて話の流れもすごくよかったです。

収録時間が60分だから詰め込みすぎてグダグダになるんじゃないかって不安でしたが、
構成はほぼ小説通りだったし、上手く省いて上手く改変されてて逆にスッキリしてました。

何より、キャラに声が付いたことで余計に楽しめて面白かったです!
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー