この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
8点すべてのイメージを見る

TRANSIT TOKYO ごはん (講談社 Mook) (講談社 Mook) ムック – 2010/3/5

5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ムック
"もう一度試してください。"
¥ 1,440 ¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容説明

「東京を楽しむことは“ごはん”に通ず」

世界を旅する雑誌『TRANSIT』が「東京を紹介する」ガイドブック『TRANSIT TOKYO』ナビゲーターが何度も足を運んで、選び抜いたお店を紹介していくシリーズの第1弾は、常連になりたい!外国人の友人をエスコートしたい!「ごはんやさん70軒」。
星の数ほどあるTOKYOの“ごはんどころ”の中から厳選した7ジャンル、70店舗をどどん!と紹介。
オススメ料理とお店への熱い思いがつまった一冊です。
ナビゲーターは内のブログで圧倒的な支持を集める梶原由景氏。
彼がブログ内でお店を紹介すれば、食材や料理、お酒の豊富な知識により、お客さんが殺到するという伝説も。
また外国人をエスコートする際に役立 つ、英訳付き。
巻末には「ごはんどころ」での様々なシーンに対応した指差し英会話も収録!
この一冊をもってTOKYOに繰り出せば、あなたも食通の仲間入り。
必ずお気に入りのお店が見つかるはずです。

著者について

梶原由景●かじわら・よしかげ
LOWERCASE代表。
元ビームス・クリエイティブディレクター。幅広い業種にク
ライアントを持ち、その領域はデザイン・ファッション・デジタルと広範囲にわたる。
業界きっての食通としても知られ、グルメ情報満載のブログはファン多し。


登録情報

  • ムック: 160ページ
  • 出版社: 講談社 (2010/3/5)
  • ISBN-10: 4063794067
  • ISBN-13: 978-4063794069
  • 発売日: 2010/3/5
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 236,736位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ムック
欧米でFoodie Culture…つまりグルメ文化が大流行している現在、伝統的な和食や戦後の日常食や独自進化を遂げたB級グルメを求めて日本にやってくる外国人の数はとても多い。
この本では、そんな外国から訪れたお客さんに紹介するのにちょうど良いお店が挙げられています。

この本を買う決め手は、とんかつの名店「とんき」が載っていたこと。このお店が良い事は知っていたので、この本で紹介されている他のお店も同じくらいのクオリティだろうということで決断しました。

おいしそうな料理のシンプルな写真と、解説文が日本語と英語両方載っています。

紹介されてるお店が東京西側エリアに絞られている方を苦言されてる人も居ましたが、外国人に紹介するならむしろエリアがまとまってたほうが都合が良いです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
まったく新しいタイプのグルメ本だと思いました。

かじわらよしかげって誰?
って感じだったのですが、大好きな旅雑誌「トランジット」から出たグルメ本
だということで、とりあえず購入。

グルメガイドは多数あれど、こんなに「厳選・吟味」されているのは初めて。
おもしろいのは、接待などにも使えそうな高級店から安ウマな学生食堂まで(笑)、
いっしょくたに「旨い店」として紹介されていること。
旨ければなんでも!なコンセプトが、なんだか気持ち良い。
本当に全部行きたくなっちゃうし。
この方のセンスが垣間見れそうなお店のチョイスに、本当に常連だからこそ書ける
レビュー! 
さすがビームスの元クリエイティブディレクターだなぁと。
どれもこだわりをもった美食店ばかり。
かじわら氏とお店とのエピソードなどの小ネタも楽しい。

さらに、見てるだけでお腹がすいてくる写真もクリエイティビティたっぷり!
そうです、写真が素敵。
ありきたりな料理写真を想像しないでください。

デザイナーの友達やカフェのオーナー友達とかに、自信もって教えてあげたくなる
一冊です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック Amazonで購入
有名店からカジュアルな感じのお店までいろいろ紹介されており満足です。
もう少し地域が広く紹介されていると良かったかもしれません。
続編がもしも出るなら購入したいです。

あと、英語での紹介はとても良いと思います。知人に見せましたら喜んでました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック