この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

TOMITA ON NHK〜冨田勲 NHKテーマ音楽集

5つ星のうち 4.0 20件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 13,539より 中古品の出品:10¥ 2,173より
【1,500円OFF】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の 冨田勲 ストア


キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • CD (2003/3/29)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: 日本コロムビア
  • 収録時間: 67 分
  • ASIN: B00006JJ8U
  • JAN: 4988001937722
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 132,321位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. 新日本紀行 (1963(昭和38)年~1982(昭和57)年)
  2. 街道をゆく ~ NHKスペシャル (1997(平成9)年~1999(平成11)年)
  3. 街道をゆく (1999(平成11)年~2000(平成12)年)
  4. 蒼き狼 チンギス・ハーン ~ NHKスペシャル (1992(平成4)年)
  5. ミツコ 二つの世紀末 ~ NHK特集 (1987(昭和62)年)
  6. 太郎の国の物語 ~ NHKスペシャル (1989(平成元)年)
  7. ニュース解説 (1978(昭和53)年頃)
  8. 教養特集 (1956(昭和31)年~1978(昭和53)年)
  9. 日本の素顔 (1957(昭和32)年~1964(昭和39)年)
  10. 新日本紀行 (旧テーマ曲)
  11. 現代の映像 (1964(昭和39)年~1971(昭和46)年)
  12. わたしの人生 (1971(昭和46)年頃)
  13. きょうの料理 (旧ヴァージョン) (1957(昭和32)年~)
  14. きょうの料理 (新ヴァージョン) (1997年新録音)
  15. きょうの健康 (1967(昭和42)年~)
  16. みんなの世界 (1972(昭和47)年4月~1985(昭和60)年)
  17. 宇宙船シリカ (1960(昭和35)年~1962(昭和37)年)
  18. 宇宙人ピピ (1965(昭和40)年~1966(昭和41)年)
  19. 空中都市008 (1969(昭和44)年~1970(昭和45)年)
  20. 文五捕物絵図 (1967(昭和42)年~1968(昭和43)年)
  21. 花の生涯 <大河ドラマ> (1963(昭和38)年)
  22. 天と地と <大河ドラマ> (1969(昭和44)年)
  23. 新・平家物語 <大河ドラマ> (1972(昭和47)年)
  24. 勝海舟 <大河ドラマ> (1974(昭和49)年)
  25. 徳川家康 <大河ドラマ> (1983(昭和58)年)
  26. 聖徳太子 <大河ドラマ> (2001(平成13)年)
  27. テーマ (アジア古都物語~NHKスペシャル 音楽集 2002(平成14)年)
  28. 「インド・ベナレス」 編より ガンジス川 (アジア古都物語~NHKスペシャル 音楽集 2002(平成14)年)
  29. 「インドネシア・ジョグジャカルタ」 編より 時間が止まった国 (アジア古都物語~NHKスペシャル 音楽集 2002(平成14)年)
  30. 「ネパール・カトマンズ」 編より ヒンズーの神に祈る少女 (アジア古都物語~NHKスペシャル 音楽集 2002(平成14)年)
  31. 「イラン・イスファハン」 編より モスクのタイル職人になることを夢見る少年 (アジア古都物語~NHKスペシャル 音楽集 2002(平成14)年)
  32. 「日本・京都」 編より 葵の行列 (アジア古都物語~NHKスペシャル 音楽集 2002(平成14)年)
  33. エンディング (アジア古都物語~NHKスペシャル 音楽集 2002(平成14)年)
  34. 青い地球は誰のもの ~ 70年代われらの世界 (<千葉県少年少女オーケストラによるスタジオ・ライヴ> 2003(平成15)年2月1日放送)
  35. 新日本紀行 (<千葉県少年少女オーケストラによるスタジオ・ライヴ> 2003(平成15)年2月1日放送)

商品の説明

Amazonレビュー

   短いながら、どれもなんと懐深く、聴いて飽きない音楽だろう。1960年代以降のNHKのさまざまな番組で使用された冨田勲のオーケストラ音楽の格調高さ、そして幅広い音楽語法には驚かされる。

   冨田勲というと、どうしてもミスター・シンセサイザーのイメージが付きまとう。しかし、このNHKテーマ音楽集を聴くと、古きよき日本の香りを漂わせた正統派のメロディを書かせても、天下一品の作曲家だったという事実を、しみじみ感じる。これまでに5本を手がけている大河ドラマのテーマなど、どれも素晴らしい。また、1分以内で番組のイメージを定着させるテーマを作ることにかけても無類のうまさを発揮する。

   名曲として人気の高い「新日本紀行」のテーマ(1963~1982年)をはじめ、「ニュース解説」「きょうの料理」「きょうの健康」など、私たちの生活のそばには、いつも冨田勲の音楽があった。

   古い音源は無条件におもしろい。「空中都市008」(1969年)の主題歌を歌う34年前の中山千夏の歌のうまさ、かわいらしさにはびっくり!

   1990年代以降も、NHKスペシャル「蒼き狼 チンギス・ハーン」(1992年)、「アジア古都物語」(2002年)など、冨田の音楽はいささかも古びることなく、時代を超えて、いまもなお心をとらえるテーマを書き続けている。

   作曲家・冨田勲の凄さを再認識させる、聴きごたえ充分のディスクである。(林田直樹)

メディア掲載レビューほか

「新日本紀行」「きょうの料理」や5作品にのぼる大河ドラマをはじめとする、冨田勲がNHKのために書いたテーマ曲を収録したアルバム。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
40代以上の世代には懐かしい作品が目白押しでしょう。アルバムとしてはあまり労力の感じられないものですが、それでも冨田勲の作曲(特にオーケストレーション)能力の異常な高さには改めて驚嘆しました。彼を始め、前田憲男、”未来への遺産”での武満徹などの世代がTV時代のかなり早い時代から独創的で完成度の高い作品を供していたこと、そしてその後の世代にあまり進化の観られなかったことを実感しました。今日の放送における音楽は事実上彼らの焼き直しのようなものだと感じた。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
このCDの魅力は何と言っても、冨田勲さんの、創造的な美しいメロディーをオリジナル音源で聞けることです。僅か20秒の短い作品にも、極めて印象的なメロディーが散りばめられている。NHKには実にさまざまな音源が保存されていたんですね。とても懐かしくて感動しました。

ブックレビューも詳しく書かれていて、大変興味深い内容が盛りだくさんです。

<ニュースの焦点>など、まだまだ眠っている名曲もある筈です。ラジオ番組のテーマ曲も聴きたいです。ぜひパート2を企画して欲しいですね。

民放にも数多く存在していますよね。<マイティージャック>をオリジナル音源で聴きたいな。民放版も出して欲しいな。

そして、全作品をオリジナルスコアによる最新の演奏版も大いに期待してます。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
新日本紀行は、オーケストラという西洋の演奏形態で演奏されていますが、これほどに日本の情緒を豊かに表している曲はそう多くはないのではないかと思います。この新日本紀行を聴きたいばかりに、以前大友直人指揮東京交響楽団による演奏のCDを購入したのですが、どうしてもかつてTVで聴いていた世界を充分に感じることができませんでした。今回オリジナルの演奏を聴いて、たとえば最後の方のトロンボーンのハーモニーの音程やバランスのとり方などが、違うことがわかりました。ちょっとした事が曲全体が醸し出す雰囲気に大きな影響を与えてしまうのだなぁ、と思いました。私としてはこの1曲だけでこのCDを購入したことは満足です。他の曲も懐かしく、素晴らしく、他の方のレビューにある通りかと思います。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
現在、土曜の11:25分からNHK総合で放送されている「新日本紀行ふたたび」。
 この番組を見て、以前「新日本紀行」という大変素晴らしい番組があったのだということを知り、自分もこれが放送されている時に生まれていれば良かったとつくづく思った。
 その番組のテーマソングが冨田勲氏の作曲した音楽なのだが、多くの方が言うように、大変マッチングした音楽で素晴らしい。題名にもある通り、はるか彼方への旅へと誘ってくれる。
 冨田氏は他にも、司馬遼太郎の「街道を行く」やNHK教育の「きょうの料理」など多くの番組のテーマソングも手掛けている。お聞きになった方も多いと思う。

 当該CDはこれらの曲が余すところなく収められていて大変良い。貴重な1枚であると私は思う。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 このアルバムを聴くと富田氏の創作活動がNHKテレビの50年の歩みとともにあったことがよくわかります。また、トミタサウンドの原点とも言える、既成概念にとらわれない音作りの数々が収められていることも注目です。
 欲を言えば既にCD発売されている収録曲の代わりに他の未発表曲、例えば1985年放映のNHK特集「THE DAYその日1995年日本」のテーマなどを収録してほしかったです。
しかし、言い換えればこの一枚でNHKテレビの50年を代表する曲がしっかり網羅されているわけで、トミタファンのみならず多くの方々に聴いて頂きたい一枚です。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 988ra 投稿日 2005/5/4
形式: CD
昨今は「癒し」系音楽とういジャンルが巾を利かせているが本来、音楽は癒しなのだ。
「ニュース解説」のテーマは短くシンプルながらも最高の音楽であると思う。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 x9800 投稿日 2003/5/9
形式: CD
「みんなの世界」のために購入した私としては、収録が後期のアレンジ版であることが非常に残念。オリジナル版の「これぞトミタサウンド」というシンセサイジングはもう聞けないのだろうか・・・。
しかし、「ニュース解説」や「今日の健康」などの掘り出し物も聞けたため購入の価値は十分にあり。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
職場の同僚との飲み会で、「リアルタイムでともに生きた音楽は何か?」というお題で盛り上がったことがあります。
「美空ひばり!」「コルトレーン!」という先輩や「中森明菜!」「チェッカーズ!」という後輩などみなそれぞれに熱い想いを語ってくれました。
で、1960年生まれの私は断然「冨田勲!!」です。
幼少のミギリ、胸ときめかせてブラウン管にかじりついた「ジャングル大帝」や「リボンの騎士」。
10代の初め、壮大な歴史への浪漫をかき立ててくれた「新平家物語」や「勝海舟」。
クラシックに親しみだした頃に夢中になったシンセサイザーによるドビュッシーや惑星。
そして限りない郷愁に満ちあふれ、涙が出るほど素晴らしい「新日本紀行」。
私が生きてきた半世紀、冨田勲の音楽は常に寄り添っていてくれた気がします。
どのメロディを聴いてもいろいろな想い出や、風景や、出逢った人たちの面影が浮かんだりして、もう骨がらみの音楽と云えます。
本CDとともにBMGビクターから1994年に発売された「新日本紀行/冨田勲の音楽」を購入されると、次の音楽が聴けて彼の音楽の魅力をより完璧に楽しむことができます。
・ 映画「学校」
・ TV「国境のない伝記」
・ TV「二つの橋」
・ TV「決断」(タツ
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー