通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
TOEIC(R) テスト スピーキング/ライティン... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

TOEIC(R) テスト スピーキング/ライティング問題集 単行本(ソフトカバー) – 2010/11/26

5つ星のうち 4.0 24件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 190
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • TOEIC(R) テスト スピーキング/ライティング問題集
  • +
  • TOEICスピーキングテスト/ライティングテスト公式ガイド
  • +
  • TOEIC Speaking & Writing 公式 テストの解説と練習問題
総額: ¥7,992
ポイントの合計: 241pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

◆出版社による初のTOEIC(R) SWテスト(スピーキングテスト/ライティングテスト)対策問題集、ついに刊行!
◆TOEIC(R)説明会、企業・学校で開催の「SWテスト講演会」の講師2名が執筆!
◆本書収録の実戦さながらの模擬試験と詳細な解説で、完璧なSWテスト対策ができる!
*CD付

内容(「BOOK」データベースより)

出版社による初のTOEIC SWテスト(スピーキングテスト/ライティングテスト)実戦問題集。TOEIC説明会、企業・学校で開催の「SWテスト講演会」の講師2名が執筆。実践さながらの模試とネイティブの解答例・詳細な解説で、完璧なSWテスト準備ができる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 180ページ
  • 出版社: 研究社 (2010/11/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4327430684
  • ISBN-13: 978-4327430689
  • 発売日: 2010/11/26
  • 梱包サイズ: 21 x 14.8 x 0.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 124,569位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 けいちゃん☆ VINE メンバー 投稿日 2010/12/29
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
 「TOEICスピーキングテスト/ライティングテスト(TOEIC SWテスト)」とは、通常のマークシート式のTOEICテストと異なり、ETS認定会場に出向いてパソコンに向かって音声を吹き込んだり文章をタイプして解答するテストです。
 TOEIC SWテストは企業に導入が始まっているとはいえ、会場の制約や知名度等の理由からか受験者数は毎回300人ほどしかいないそうです(公式データより)。
 そのため、TOEIC SWテスト用の問題集はあまりニーズがないようで、今のところ公式の問題集と本書ぐらいしかないようです。

 しかし、実際のビジネスなどの場ではリーディング・リスニングの力よりスピーキング・ライティングの力のほうが必要とされるのは言わずもがななことなので、これからTOEIC SWテストを受ける人はもちろんのこと、純粋にスピーキング・ライティングの力を伸ばしたい人にもいい問題集かもしれません。
 実際、コラムとして付いている「自分で伸ばせる学習法」にはTOEIC SWテスト用の勉強法だけではなく普遍的に使えそうな勉強法が載っています。(アイ・シャドウイング、サマライジング、音読筆写、など)

 日本にいて、近くに英語を教えてくれる人もいないけど、スピーキング・ライティングの力を伸ばしたいという方にはよいと思います。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
本の構成は実用英語検定試験2次試験対策本のようなものと思っていただければイメージしやすいと思います。でも、書いてある内容は英検対策本のようにスカスカなものではなく、かなり実用的です。試験本番の形式を紹介するだけでなく、独力で学習する人に有益な勉強方法なども書いてあります。点数向上のために英語学校へ行かずに勉強したいという人には参考になるはずです。
でも、英語そのものはかなり中級です。実用英語検定準1級程度という感じです。ある程度の英語力が既に身についている方には、この参考書は試験形式を知るためのツールでしかなく、英語力向上を望むことはできないと思います。英検2級、準1級程度の英語力がある人には、英語の参考書としてはあまり有益ではないと思いますので、その点をご留意の上、お買い求めください。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 黒猫ラテ VINE メンバー 投稿日 2011/1/8
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
「聞こえる英語しか話せない」そして「読める英語しか書けない」。
当たり前の事ですが、実感できてなかったこの言葉。
スピーキングもライティングも自分の力の中からしか出てこない。
英語、日本語関係なく自分の発信力を上げていく事が出来れば、そしてその中で英語力も上がればいいなと思いました。
私はTOEIC845点なんですが、SWは学生レベル日常レベルから脱却できていません。
発音は褒められる事もあるのですが文章レベルが低いのは自分でもわかっています。
なので、そこから一皮向けたいと常々思っているのですが、あまり必要性もないのでそのままに。

一般に話す、書くの勉強はマークシートに答えるような勉強ではなく、自分しだいで後につながっていく可能性のある勉強だと思います。
不正解がある訳ではなく自分の話したり書いたりする力や思考力が伸びればレベルが上がっていく。
この本の中では私は自分の意見を記述する問題やスピードが求められる問題が一番難しかったです。
自分の弱点がわかるのはテスト形式のいいところですよね。

単に試験のサンプルとしての意味の他に、この本には自分で伸ばせる学習法としていろいろ具体的な方法がのっています。
これをじっくりと勉強する事は、面倒でし
...続きを読む ›
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
TOEICで900点を超えるなど、いわゆる上級者だけれど話している英語はなんとなく子供っぽい表現が多かったり、ビジネスパーソンとしては洗練されていないような気がするという人は少なくないと思います。
そういう場合は、「使い慣れる」ことに重点を置いた学習が必要となるため、更なる英語力向上を目指すためにはスピーキング、ライティングの経験をつむ必要があると思います。
このテキストは、SWテストの内容となぜそのような問題を出してSWのスキルを測ろうとするのかという大前提の解説から、英語学習への取り組み方のヒントなど、「英語を学ぶということは突き詰めればどういうことをするべきか」が詰まっている本だと思います。これを一通り読んでから、SWのスキルアップのための学習を進め、目標としてたまにSWテストを受けられると英語力向上に役に立つと思います。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー