中古品
¥ 456
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★表紙に軽度の使用感あり。★天、地、小口にヤケあり。★本文に書き込みはなく状態は良好です。★中古品ですが状態は良好です。★丁寧にアルコール消毒&クリーニング済。★迅速・安心・安全のAmazon.co.jp 配送センターから発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

*TIME TO KILL PGRN5 (Penguin Readers: Level 5) (英語) ペーパーバック – 2000/3/28

5つ星のうち 4.2 27件のカスタマーレビュー

その他(36)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
図書館
"もう一度試してください。"
¥ 2,277 ¥ 3,177
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 798 ¥ 269
ペーパーバック, 2000/3/28
¥ 4,001 ¥ 71
マスマーケット
"もう一度試してください。"
¥ 766 ¥ 2
カセット, Audiobook
"もう一度試してください。"
¥ 3,259 ¥ 9,060
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

When a black man, Carl Lee Hailey, shoots the two white men who raped his ten-year-old daughter, the town of Clanton, Mississippi is filled with anger and violence from all sides. A dangerous case for young defence lawyer Jake Brigance, but he'll do anything to defend not only his client and case but also his own life ...Another tense and thrilling plot from this natural storyteller. Recently filmed, A Time to Kill stars Sandra Bullock and Matthew McConnaughey.

出版社からのコメント

Before The Firm and The Pelican Brief made him a superstar, John Grisham wrote this riveting story of retribution and justice -- at last it's available in a Doubleday hardcover edition. In this searing courtroom drama, best-selling author John Grisham probes the savage depths of racial violence...as he delivers a compelling tale of uncertain justice in a small southern town...

Clanton, Mississippi. The life of a ten-year-old girl is shattered by two drunken and remorseless young man. The mostly white town reacts with shock and horror at the inhuman crime. Until her black father acquires an assault rifle -- and takes justice into his own outraged hands.

For ten days, as burning crosses and the crack of sniper fire spread through the streets of Clanton, the nation sits spellbound as young defense attorney Jake Brigance struggles to save his client's life...and then his own...

"Grisham's pleasure in relating the Byzantine complexities of Clanton (Mississippi) politics is contagious and he tells a good story...An enjoyable book." -- Library Journal.

"Grisham excels!" -- Dallas Times Herald.
--このテキストは、ペーパーバック版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 89ページ
  • 出版社: Pearson ESL (2000/3/28)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 0582364108
  • ISBN-13: 978-0582364103
  • 発売日: 2000/3/28
  • 商品パッケージの寸法: 13 x 0.6 x 19.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 27件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 151,539位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: マスマーケット Amazonで購入
期待通りと言っていい作品。続きが気になって仕方ない。テーマは難しいが、法律用語さえおさえれば読みやすい文章。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 書いた小説が次々に映画化される。それが気に入って、以前、グリシャムの小説を夢中になって読み耽った時期があります。彼の一貫したスタイル(新米の敏腕弁護士が、古参の大物検事を遣り込める内容)が好きだったのですが、今は少々飽きてしまって・・・・・。

 まあそんな下らない前置きはさておき、『評決のとき』はグリシャムの本の中で一番の傑作ではないかと思います。性犯罪の実態、銃社会が起こす悲劇、死刑制度の賛否、相変わらず色濃い差別意識など、米社会が抱える諸問題を凝縮した著者入魂の一冊と言えます。その中で特に、弁護人・検事・判事入り乱れての法廷論争は見応えがあり、あたかも陪審員席で白熱した論告を聴いているような不思議な錯覚に陥りました。第一級リーガルサスペンスの期待は裏切りません。果たして、弁護人ジェイク・ブリガンスは、強姦された娘の報復殺人を犯した被告の勝利を法廷で勝ち取る事ができるのか?

 上下巻合わせて長いですが、まだ読んでないという方がいたら是非一度読んでみてください。また、グリシャムは映画でいいよ。という方、勿体無いよ。とは言いませんが、小説には別の発見があるかもしれません。事実、陪審員の前でジェイクが被告人カール・リーの無実を訴える様は、かつて弁護士として活躍した著者自身に重なります。それは小説を読んで知りました。

 
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
サイズもちょうどいい 私はその高品質が好きです。 みんな私はそれを買うことがとても幸運だと思っています。 それはとてもうまくいく。 優れた経験 本当に非常に良い、全体の仕事は非常に満足している、優れた品質、私は最終的に私は、間違いなく価格の価値が欲しいものを購入する! アイテムは本当に素晴らしいです。後悔することはないでしょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: マスマーケット
恥ずかしながらJohn Grishamは初読です。米AmazonにてSaleでしたのでKindleで読了いたしました。

530ページと長めの小説ですが、法廷物ということで覚悟していたほど英語は難しくありませんでした。というか非常に簡単で読み易く最後まで一気に読めるところは素晴らしいです。やはりコナリーやリー・チャイルドなどアメリカで人気の作家は皆英語が平易です。

ところが肝心の内容は評判ほど素晴らしくはとても思えません。
小説とは得てしてご都合主義であり、結論が有る以上はそこへ向かいそうならざるを得ない部分はあるのですが、あまりに度が過ぎると鼻についてしまいます。これがSlapstickものなどであればOpportunismなところもエンターテイメントに昇華出来るのでしょうが、この小説のような法廷物では寛容できないと思います。具体的に書くとどうしてもネタバレになってしまいますが、例えば大陪審の一員と決定的な判決の鍵を握る陪審員の関係など...

また、いわゆるLoose endsも多いですし(例えばellenのその後など)、報われない者たち(micky mouseや州兵、秘書の夫など)もとても多く、いくらJakeも多少の被害を受けているといっても彼だけがハッピーエンド過ぎます。

ただやは
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: マスマーケット
この本はジョン・グリシャムの著作の中では‘The Firm'に並ぶ名作だと思います。また彼のほかの著作と違い、かなり社会的なメッセージを含んだ一級のエンターテイメントです。
何がこの作品を非常に面白くしているのか?それは、誰でも落ちうる、そして解くことの出来ない矛盾を題材にしているからです。それは2つの質問に集約できます。「もし無残な形で自分の娘がレイプされ、その父親が殺人という形で犯人に報復した場合、それは法の元で正当化されるのか?」そしてもうひとつの問いは、「その父親が長年差別されてきた人種的マイノリティーに属している時、人種的マジョリティが多数を占める陪審員によって公正に裁かれるのだろうか?」というこてです。本の前書きによると、この問いは実際に弁護士経験のある彼が、法廷でレイプされた少女が証言台で証言するのを見ているときに深く考えさせられたとの事です。このようなことが実際に自分の身に起こったらどうするのか?また、自分が陪審員だったらどう裁くのか?そう考えながら読むと、よりいっそう物語の世界に引き込まれていきます。
確かにテーマは重いのですが、かれの空気の分子の一粒まで描くような詳細な描写と、一癖もふた癖もある魅力的な多くの登場人物によって素晴らしいエンターテイメント作品に仕上がっています。テーマにしている題材といい、かれの表現力の高さといい、この作品が事実に基づいていたら、間違いなくピューリツァ候補になるでしょう。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー