劇場版 TIGER & BUNNY -The Ri... がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 madaiJAPAN
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 動作確認済。クリスタルパックに入れて保管しています。中古品の為、商品によっては多少の汚れ、キズなどがある場合がございます。Amazon配送センターに保管ですので品切れの心配はございません。Amazon配送センターから迅速かつ丁寧に配送されますので安心です。代引・コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy払い等、各種御利用いただけます。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 9,800
通常配送無料 詳細
発売元: bs_craft
カートに入れる
¥ 11,800
通常配送無料 詳細
発売元: コロルストア
カートに入れる
¥ 11,800
通常配送無料 詳細
発売元: S&G STORE
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising- (初回限定版) [Blu-ray]

5つ星のうち 4.1 64件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 9,800 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、こすもすたー☆毎日発送・コンビニ受取り可☆が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising- (初回限定版) [Blu-ray]
  • +
  • 劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning- (初回限定版) [Blu-ray]
  • +
  • TIGER & BUNNY Blu-ray BOX
総額: ¥37,444
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 平田広明, 森田成一, 中村悠一
  • 監督: 米たにヨシトモ
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 英語, 日本語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 3
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2014/07/04
  • 時間: 370 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 64件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00J2SBI3O
  • JAN: 4934569358820
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 17,659位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

シリーズ集大成――
大ヒットTVアニメ「TIGER & BUNNY」待望の劇場版第2弾!


TVシリーズのその後を描く完全新作!


己の正義 己の守るべきもの


◎仕様◎
【特典】
■特典DISC
・「劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising- SUPER PRELUDE」
・握手会・舞台挨拶ダイジェスト映像「Back to The Rising」
■スペシャルCD
※オーディオドラマ+キャストトークを収録予定!
■60Pスペシャルブックレット
※西田征史書き下ろし「HEROES COLUMN CARD」のコラムを再録! 各種設定やスタッフインタビュー等を収録予定
■24Pブックレット(通常版共通)
■生フィルム
【映像特典】
■特報
■本予告
■CM
■PV
■劇場マナーCM(ワイルドタイガー&バーナビー・ブルックス Jr.)
■週替わり映像「これを見れば更に映画が面白くなるTIGER & BUNNYの用語解説」
■TVシリーズ振り返り映像(2種)
■ノンテロップOP
■ノンテロップED
【音声特典】
■オーディオコメンタリー
【他、仕様】
■桂正和描き下ろし特製ボックス
■キャラクターデザイン羽山賢二・板垣徳宏3面描き下ろし初回限定仕様ジャケット


◎内容◎
一度引退を決意したもののヒーローに復帰したワイルドタイガーこと鏑木・T・虎徹とバーナビー・ブルックス Jr.。
復帰から数ヶ月後、2部リーグのヒーローとして活躍する2人は、相変わらず言い合いをしながらも日々、街の事件の解決に取り組んでいた。
そんな中バーナビーは、スカイハイ、ブルーローズ、ドラゴンキッド、ファイヤーエンブレム、折紙サイクロン、ロックバイソンらHERO
TVで活躍する1部リーグのメンバーを見て、1部リーグに復帰したいとこぼす。虎徹はバーナビーを諭しつつ複雑な思いを抱くのだった。
一方、“マーベリック事件"によりオーナー不在となったアポロンメディアは、新たにカリスマ実業家のマーク・シュナイダーを新オーナー
に迎え会社の立て直しを図っていた。その一環として、シュナイダーはバーナビーを1部リーグへ復帰させる。だが、バーナビーの相棒は
ワイルドタイガーではなく、シュナイダーがスカウトした新ヒーロー、ゴールデンライアン(ライアン・ゴールドスミス)だった。
バーナビーとゴールデンライアンの新コンビの活躍を見た虎徹は、2部リーグでの自身の活躍を誓う。
だがしかし、虎徹には厳しい現実が待っていた。
時を同じくして、シュテルンビルトでは街に古くから伝わる女神の“影"があらわれたことをきっかけに奇妙な事件が起こりはじめていた。
女神伝説になぞらえた一連の事件には、怪しげな三人のNEXT(特殊能力者)の姿が。事件の解決を待たずして、女神が災いをもたらすことで
市民を悔い改めさせたとされる記念日“ジャスティスデー"の日は近づいていた…
果たしてこの事件の真の目的とは――謎に翻弄されるヒーローたちにさらなる危機が襲いかかる!!


◎キャスト◎
鏑木・T・虎徹(ワイルドタイガー):平田広明/バーナビー・ブルックス Jr.:森田成一/ライアン・ゴールドスミス(ゴールデンライアン):中村悠一
カリーナ・ライル(ブルーローズ):寿 美菜子/アントニオ・ロペス(ロックバイソン):楠 大典/ホァン・パオリン(ドラゴンキッド):伊瀬茉莉也
ネイサン・シーモア(ファイヤーエンブレム):津田健次郎/キース・グッドマン(スカイハイ):井上 剛/イワン・カレリン(折紙サイクロン):岡本信彦
ユーリ・ペトロフ(ルナティック):遊佐浩二/リチャード・マックス:小山力也/カーシャ・グラハム:水樹奈々/ジョニー・ウォン:麦人
マーク・シュナイダー:大塚芳忠/ヴィルギル・ディングフェルダー:平川大輔 他

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

多彩なスタッフが集結し大ヒットを記録したヒーローアクション『TIGER & BUNNY』の劇場版第2弾。2部リーグのヒーローとして復帰した虎徹とバーナビーに、様々な謎とさらなる危機が襲い掛かる。特典映像を収録。スペシャルCDほかを封入。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
今更タイバニにハマり、レンタル1週間でTVシリーズから全て見ました。監督が変わればそれはもう別物なのでしょう。二期があるとすればさとう監督カムバックプリーズ。
さて、この作品についての感想ですが、
・時間経過を表しているのだろうけどどの作品でもキャラデザは最初が一番良いに決まっているのだからあまり変えないで欲しい(ドラゴンキッドは前の方が可愛い、折り紙はせっかく美形なのに顔が分からない、虎徹はあの緑シャツとハンチング帽、おじさんと思えないスタイルの良さがトレードマーク)
・作画が…映画なのになんでTVより顔がブサイクなんですか。戦闘に力入れ過ぎですか。
・ライジングもったいない。ゴールド的な光とか派手さのあるネクストかと思いきや重力とか動きなくて地味で似合わない。せっかくのゆーきゃんなのに、かっこいい桂先生のキャラデザなのに…当て馬扱いもったいない!
むしろ味方と思わせて実はこっちが敵でした、みたいなヒーロー対ヒーローの構図のが盛り上がったのでは?魅力的な悪役はみんな大好きだと思う。
・最後の敵は社長を倒す目的がTVのバーナビーと被っていて、これだけ引っ張ってTVで見たことある動機?みたいな。あとラスボスが機械系って、確かに怖くて凄いけどもののけ姫の祟り神とかFF8の蜘蛛ロボなどで見た雰囲気で特に目新しさはない。敵は普通の
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
職業ヒーロー(正社員)という設定に惹かれ、
働くおじさんに自分の状況を重ねてタイバニを楽しむ中年です。
萌え描写に特化したビギニングはあまり肌に合いませんでしたが、ヒーローという職業とそれを続ける難しさが生々しくせちがらく描かれたこちらは面白かったです。
中年の苦悩と若者の成長。
子供から教わることもある。
虎徹さんはじめ、この映画の年長者は皆辛く、
でもどこか可笑しく描かれています。
大人でも、どんなに強い人でも迷うんです。
私はこの映画に励まされました。
ただやはり詰め込みすぎで描写不足な点も多々あるので「文句なしの大満足」とは行きません。
正直な気持ちとして、さとう監督ならどう描いたかな?とも思います。
見る人の立場や状況、タイバニという作品のどこに感情移入しているかによって、感想はまったく変わってくると思います。
退屈な映画ではないと思いますので、興味を持たれる方にはぜひ見て確かめてもらいたです。
コメント 165人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
今回の映画、見る人によって評価が割れているようですが、理由を考えてみました。星五つのレビューとしては不適当かもしれませんが、迷っている方にはご参考になることもあるかもしれません。長いですがもし興味がおありでしたらお付き合い頂けますと幸いです。

もともとタイバニは、キャラクターの心情やバックボーンなどを全ては語らず、伝えるべき最低限の部分を追うことの多い作品でした。それによって想像の余地が生まれる部分もあり、あるいは表面に現れる部分だけを追っても充分に作品が面白く成り立っているという、希有なバランスを持った作品だったと思います。

そして、今回の映画ですが、伝えるべき最低限を追う、ということに関しては、あまりスタンスは変わってはいませんが、何を『見せる』か、というアングルの部分が少し変わったような気がします。その切り取りが今までと比べて一歩、心情描写の部分に踏み込んだものになっているように、私には見えました。

そして、タイバニのシリーズの中でも、特にこの映画が最も描きたかったものは、『人』である、と私は思っています。NEXT能力を持っていても、ヒーローでも、または犯罪者でも、ただ、あたり前の『人』なのだと。それを「素晴らしい」と思うか「ありふれてつまらない」と思うかは、見た人の感性によるものだと思います。
...続きを読む ›
コメント 194人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
テレビ版をリアルタイムで、映画は映画館で見ることが叶わなかったので、非常に楽しみにしながらDVDを購入しました。

率直に言うと、二時間の映画の中ですべてを完結させるには詰め込みすぎた感があります。
このアニメは群像劇としての魅力がある作品ですが、それに群像劇の中でも軸となる主人公二人が完全に埋没してしまい、結果的に何が主たる話だったかが見えなくなっています。(この映画の最後がまさしくそれを物語っていたと私は感じました)
しかしながら、素材としては非常に興味深いものがあります。
テレビ版を終えてからの主人公の苦悩、葛藤という点においては今迄にはないものでありました。
新たなヒーローが登場をすることによって生まれる動揺。
主人公たちの考え方の違い、相手に期待している(そして諦観、失望してしまった)事、仲間から教えられた事への気づき、信頼。
もう少し時間があり、掘り下げたものになったのならば、或いはこれが1クール分のテレビアニメとして放映されたのならばと、残念でなりません。
あとは、単純に、虎徹もうちょっと歯をくいしばってあきらめずに頑張れよ……!!!と同年代ながら思いました(あまりにも後ろ向き過ぎて…)

個人的にはスカッとするアクションというよりも、主人公の二人とそれを取り
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す