数量:1
TASCAM オーディオインターフェイス DSPミ... がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 《国内正規品》US-366 ◆商品状態:外箱-傷み少なく良品です / 本体-目立ったキズ等なし/付属品- CD-ROM、USBケーブル、バンドルソフト(CUBASE LE) クイックスタートガイド ◆商品はAmazon物流センターで保管・発送します。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 14,800
通常配送無料 詳細
発売元: EarthShip
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

TASCAM オーディオインターフェイス DSPミキサー搭載 96/192kHz対応 USB2.0 US-366

5つ星のうち 3.9 88件のカスタマーレビュー
| 12人が質問に回答しました

参考価格: ¥ 21,600
価格: ¥ 14,800 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 6,800 (31%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、マークスミュージックが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
新品の出品:11¥ 14,800より 中古品の出品:8¥ 12,180より
  • メーカー型番 : US-366
  • 付属品 : USBケーブル(1.5m)、TASCAM Professional Software SONAR X3 LE(ライセンスカード同梱)、Ableton Live 9 Lite(ライセンスカード同梱)、保証書


この商品には新しいモデルがあります:


楽器サマーセール 後半
お買い得品多数。レジで割引ほか。楽器サマーセールをお見逃しなく。7/31まで。 楽器サマーセール 後半をチェック

 

お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら

出品者のコメント: ◇生産完了品特価!◇【全国送料無料】即納可能です!! こちらは現行品の「US-366-SC」ではなく、生産完了品の「US-366」です。付属DAWソフトは「SONAR LE」, 「Ableton Live Lite」となりますので、ご注意下さい。



よく一緒に購入されている商品

  • TASCAM オーディオインターフェイス DSPミキサー搭載 96/192kHz対応 USB2.0 US-366
  • +
  • audio-technica キャノンケーブル ATL458A/3.0
  • +
  • キクタニ ポップブロッカー ネット直径10cm PO-5S
総額: ¥18,370
ポイントの合計: 159pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

キャンペーンおよび追加情報


商品の情報

詳細情報
メーカー型番US-366
インターフェース USB 2.0
  
登録情報
ASINB00B7DN59W
おすすめ度 5つ星のうち 3.9 88件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング 楽器 - 1,081位 (ベストセラーを見る)
発送重量816 g
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2013/1/29
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

商品の説明

◆高音質マイクプリと多くの機能が納得のレコーディングをサポート◆DSPミキサー搭載 USB2.0 192kHz対応◆メーカー型番 : US-366 ◆付属品 : USBケーブル(1.5m)、TASCAM Professional Software SONAR X3 LE(ライセンスカード同梱)、Ableton Live 9 Lite(ライセンスカード同梱)、保証書

Amazonより

高音質HDDAマイクプリと多くの機能が納得のレコーディングをサポート。
DSPミキサー搭載USB2.0 192kHz対応オーディオインターフェース。

堅牢なアルミボディに2系統の高音質HDDAマイクプリアンプ、録音環境に合わせた様々な活用法を提供するDSPミキサーを搭載したオーディオインターフェースです。
ご好評頂いているUSシリーズを継承しながら、より高度な録音をサポートするDSPミキサー機能を搭載し、96kHzをさらに上回る192kHzフォーマットに対応しました。

HDDAマイクプリアンプは高いオーディオパフォーマンスを誇り、試聴評価を経て選ばれたパーツによるディスクリート構成のプリアンプが高音質入力をサポートします。
コンデンサーマイクの接続はもちろん、ギターの直接入力にも対応します。
また、本体内にDSPミキサー、DSPエフェクトを搭載。
DSPミキサーは2つの動作モードを用意しており、音楽制作だけでなくインターネット生放送にも活用できます。

『US-366』では、高度な環境構築をサポートする仕様を搭載。
192kHz対応に加え、豊富な入出力端子群が特長です。
さらに、別売のRC-3Fフットスイッチの接続が可能となっており、DAWソフトウェアのハンズフリーコントロールを提供します。
既に多くの録音機材をお持ちの方や、ハイレベルな録音環境を構築したい方に最適です。

これらの豊富な機能が使いやすいデスクトップデザインのボディに効率的に収められた『US-366』は、将来的なレベルアップにも対応でき、納得できる音源制作をサポートします。


高音質録音を実現するハードウェア
  • 高音質「HDDA(High Definition Discrete Architecture)マイクプリアンプ」搭載
  • 24bit/192kHzフォーマット録音に対応
  • ファントム電源対応XLR端子/バランス入力対応TRS端子を2系統装備

高度な録音にも対応できるDSPミキサー
  • 用途に合わせた2つのモードを提供するDSPミキサー(オンボードデジタルミキサー)
  • よりハイレベルな録音、音声入力をサポートするDSPエフェクト(オンボードエフェクト)
  • DSPミキサーをワンアクションで呼び出せるMIXER PANELボタン

使いやすい環境構築をサポートする充実の仕様
  • ストレスなく演奏できる低レイテンシーモニタリング
  • 緻密なモニターレベル調節が可能な大型LINE OUTボリューム
  • 精密さ、高級感を演出するアルミ材採用のデスクトップデザイン

その他特徴
  • 様々な環境に対応できる入力/出力切替スイッチ搭載、最大6入力/最大6出力に対応
  • 様々なデジタル機器の接続に対応するCOAXIAL/OPTICALデジタル入出力
  • オプションのRC-3Fフットスイッチ接続により、DAWを足元でコントロール

機能一覧
  • 高音質「HDDA(High Definition Discrete Architecture)マイクプリアンプ」搭載
  • CDクオリティを大きく超える24bit/192kHzフォーマット録音に対応
  • ファントム電源対応XLR端子/バランス入力対応TRS端子を2系統装備
  • DSPミキサー経由の低レイテンシーモニタリング
  • 用途に合わせた2つのモードを提供するDSPミキサー(オンボードデジタルミキサー)
  • よりハイレベルな録音、音声入力をサポートするダイナミクスおよびセンドエフェクト(48kHz以下のフォーマット動作時のみ使用可能)
  • DSPミキサーをワンアクションで呼び出せるMIXER PANELボタン
  • 大型LINE OUTボリューム
  • 2つのTRSバランス出力端子
  • 2つのRCAアンバランス出力端子(RCA入力または出力に切替可能)
  • 18mW + 18mWヘッドホン出力端子
  • 設置時の優れた安定感と操作性を提供するデスクトップデザイン
  • 精密さ、高級感を演出し、モチベーションをアップさせる堅牢なアルミボディ
  • ノートPCとのコンビネーションでモバイルユースにも応えるUSBバスパワー駆動
  • 24bit/192kHzフォーマット録音に対応
  • 様々な環境に対応できる入力/出力切替スイッチ装備、最大6入力/最大6出力に対応(192kHz動作時、RCAはデジタル出力と同じ信号を出力)
  • 様々なデジタル機器の接続に対応する切替式COAXIAL/OPTICALデジタル入出力
  • オプションのRC-3Fフットスイッチ接続により、DAWを足元でコントロール(Mackie Control/HUIエミュレーション)
  • TASCAM Professional Software SONAR X3 LE付属(ライセンスカード同梱)
  • Ableton Live 9 Lite付属(ライセンスカード同梱)


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
なんだか超長い文章になりました。読むのがだるい人ように1行でまとめます
録音やネット放送で歌ってみたや演奏してみたをするのに最強機材です おわり

こまかな仕様は公式サイトに記載されてます、また取説やドライバもダウンロードできますので
ディスクドライブがないPCでも問題はありません

話は変わりますが電話に音楽プレーヤーにカメラにテレビを一緒にしちゃった日本ですが
音楽機材界のコレがそれでしょうか
オーディオIFに、ミキサーに、エフェクターを一緒にしちゃいました、エレキギターも直接繋げます
ついでに音楽作成ソフトのCubaseLEも付属していますのですぐ使えますね

いやぁ全部入りですね、これ一つで録音もネット配信もできます

本来録音作業というのは何もエフェクトをかけない状態で声だけ録音したあと、音楽作成ソフトを使って声にエフェクトをかけてBGMとミックスしますのでリアルタイムでこれをやる機能など必要ありませんでした

ただしニコ生やUstreamやJustinTVなどのネット配信サイトの登場で、リアルタイムにBGMとのミックスやエフェクトをかけるという需要が高まりました
普通は別途PAミキサーやボーカルエフェクターを買え
...続きを読む ›
1 コメント 158人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
アナログ盤のPC取り込みのため購入しました。私はMACユーザーなのですが、標準の96khz/24bitより良くなるか試してみました。結果はかなり満足の行く仕上がりで、アナログの質感を完璧とまで言えませんが個人で録音保管するには十分使用できました。192khzと96khzでは、わずかばかりですが差が出ます。Beatles/Please Please Meの2012 アナログを録音して、USBでリリースした24bitのものと聴き比べましたが甲乙付けがたいほど綺麗に録音出来ました。ただしこの一枚だけでロスレスファイルにしても約1.3GBの容量になります。Windowsユーザーも一緒かもしれませんが、Audacityと併用する事でトラック分割など仕上げられます。少数派のMACユーザーでも安心して使用できると言う報告のためレビュー書きました。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
実際使った感想はほかの方のレヴューを参考にしていただくとして
使えるようにするための手順を説明したいと思います。
私自身、使えるようにするまで少し手間取ったので参考にしていただければと思います。

1.ドライバインストールについて
Windows8で利用する際、付属のドライバではうまくインストールができないのでStenberg社ホームページ
[・・・]
から最新のドライバをダウンロードしてください。
うまくいかない場合は下記アドレスの「ドライバ再インストール手順」を参考にしてください。
[・・・]

2.バンドルソフト「CUBASE LE」について
ソフトのインストール自体はインストーラーの手引き通り行って問題はありません。
アクティベーションコードがパッケージ、付属ディスクレーベル面、マニュアル等に記載されていない為、
アクティベーション方法がわかりづらいので説明。
まずStenberg社ホームページに行き、「eLicenser Control Center」をダウンロード&インストールを行ってください。
Stenberg社ホームページのアカウント(MySteinberg)を作成してログインしてください。
「製品
...続きを読む ›
1 コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 柳絢 投稿日 2014/10/27
Amazonで購入
やはりUS-366は多機能な分、音質はシンプルなUR22のほうが上質です。
US-366は低域が出ていない印象です。
とくにPHONES端子の音はひどいです。これはどのオーディオ I/Fにも言えることかもしれませんが。
UR22のほうが聴ける音です。
なのでUS-366のOUTPUTをヘッドフォンアンプにつないでK702で聴いています。

機能に関してはまだ全部使ったわけではないので詳しくは言えないのですが、まずドライバのCD-ROMがついてないのに驚き。
ネットから落として使いました。
これだけ多機能でこの価格となると品質はあまり期待できないのですが(実際OUTPUTの音さえスカスカ)
やはりループバック機能がついているという点は大きいですね。
UR22にはないのでCubaseでVST中心で曲づくりをするという使い方ではこちらのほうが圧倒的に向いています。

両方でギターの音を録ってみましたが、UR22のほうがやはり良いと言えます。
US-366も悪くはないのですが・・・
品質のUR22、機能性のUS-366といった感じです。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー