この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

TANNKA 短歌 [DVD]

5つ星のうち 2.9 22件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:16¥ 1,185より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 黒谷友香, 黄川田将也, 村上弘明, 高島礼子, 西郷輝彦
  • 監督: 阿木燿子
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東映ビデオ
  • 発売日 2007/05/21
  • 時間: 101 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9 22件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000M5KBES
  • EAN: 4988101129362
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 62,388位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   俵万智の『トリアングル』を原作に、作詞家の阿木曜子が映画監督に挑戦したヒロイン映画。33歳のフリーライター薫里(黒谷友香)は年上のカメラマン(村上弘明)との不倫、ヴァイオリニストの卵(黄河田将也)と、2人の男の間で揺れ動いていく。大人の女性の恋と日常を繊細なタッチで描いたものだが、ダンスなどを用いたイメージ重視の演出がなされている割にはそこが膨らんでゆかず、時折挿入される原作の短歌に画が負けているのは痛い。どこか一昔前の女性自立を表看板にしたセクシー映画を見せられているようだ。結局、黒谷友香のシェイプアップされた美しいヌードも含むラブ・シーンの数々が最大の魅力ということになってしまうが、それらが嫌味なく撮られているのは認めていい。阿木監督の夫・宇崎竜童の音楽も妻を健気にサポートしている。(増當竜也)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

俵万智原作、阿木燿子監督、黒谷友香主演による官能ドラマ。9年越しの恋人であるカメラマンと、新たに知り合ったバイオリニストの卵。そんなふたりの男性の間で揺れる30代女性・薫里の恋模様を、短歌と情熱的なベリーダンスを交えて綴る。R-15作品。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 おにぎり娘。 VINE メンバー 投稿日 2007/7/5
形式: DVD
黒谷友香が文字通り体当たりで主演を努めたことで話題になった映画
二人の男の間で揺れ動く妙齢の女 を描いた 言ってしまえば大したことは無い内容だ
起承転結ってものが昨今の日本映画には不必要なようで
特にこれといった山も谷も無く時間だけが過ぎていった

黒谷さんがほぼ素っ裸をさらして熱演しているのだが 何でここで脱ぐの? という場面もしばしばだし
相手役の黄川田何某とかいう役者の上滑りしているセリフと演技にガッカリし
ハッキリ言えば 黒谷さんの一人脱ぎ損 な映画に仕上がってます

これって 映画の主演にかこつけて単に製作者(監督の阿木燿子を除く)が黒谷さんの裸を見たかった ってだけじゃないの?
映像特典で黒谷さんが裸で踊るシーンを集めてあるけど プロデューサーの個人的趣味としか思えないよ
コメント 64人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
阿木燿子監督、黒谷友香主演の官能映画ということで期待してました。
黒谷さん、何度もラブシーンで脱いでいます。只『化身』の阿木さんのような美しいラブシーンとは程遠い出来で、ガッカリというか惜しいなというのが率直な印象です。

というのはまず画面が暗い&ひじでバストトップを隠そうとする体勢が見え隠れ&カメラワークも映さないように制限している。阿木さんと黒谷さん、どちらの意図なのでしょうか?

黒谷さんはさっぱりした気質と聞いて、色気のあるというよりは寧ろ凛としたラブシーンを期待していましたが、中途半端・不自然な画像になっていました。
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
原作は未読ですが、たぶん原作ではうまく表現されているだろうというところが

映像になったことで、心境の変化とかも見えづらく、

気持ちを描ききれないまま終わったという感じです。

劇中の区切りで出てくる短歌に

その気持ちが表現されているといえば、それまでなんでしょうけど、

映画なので映像として表現してほしいです。

裸をさらして、激しいラブシーンもこなした黒谷さん自身の意気込みはわかるけれども、ちょっともったいない感じはしましたね。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
黒谷友香の魅力的な肢体が印象に残ったが、それだけしか後に残らない作品であった。

黒谷が演じる薫里は雑誌のフリーライターで、妻子ある年上の男性と不倫する一方で、年下の彼との新鮮なアバンチュールを繰り広げる。それぞれのシチュエーションで薫里が読む短歌が挿入されるが、短歌でうたわれた繊細な心情が映像で表現しきれておらず、安っぽいメロドラマのようになってしまったのが残念。

作品としての評価は星2つが妥当と思うが、黒谷の熱演を加味して1つプラスしました。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
黒谷友香さんはよく知らんかったが、さだまさし「眉山」の娘役を舞台でやっているのをテレビで見たことがある。長身で、関西出身のため阿波弁もうまく、躍動的な演技が印象的だった。

ここでは俵万智の直情的な短歌に合わせて、情事を重ねて行く文筆家なんだろうか、主役を演じている。いきなり正常位から始まるし、映画の筋書きは余り強く出て居らず、若い男と時々会って欲望に揺れる主役目線の映画になっている。座った姿勢で向かい合って喜悦の情事では、その演技もそうだが長身で脚が長く、躍動感が際立っている。

情事とそのときの主役の気分が短歌で紹介されてゆく展開であるが、カメラは尻や乳、太股をアップにすることはなく、正常位、座位、やった後に寝っ転がっている二人の全身を写して居り、昔の速水典子「ラブホテル」のカメラワークを思い出しました。ストーリー、カメラワーク、短歌を通じ、ずっと主役目線で進んでゆく作品です。が、「ラブホテル」ほど激しい作品でなく、「中学生までは見てはいけない指定」です。横乳の映像等はありますが、喜悦の表情と脚の長さが印象に残ります。

短歌の内容は女性ファンでないと、ちょっとついていけないという感じでした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
本作の製作は、東映大泉スタジオだ。暖簾貸しではなく東映の自社製作なのに、なぜ監督が「アレ」なのか?メイキングを観ても、もはや演出以前の問題ではないか。女性を綺麗に、官能的に撮れる監督はいくらでもいるのに、どうして素人なのか?黒谷友香も一糸纏わぬ姿で熱演しているのに、あんまりである。唯一、仙元誠三が撮影していたのが救いだろう。黒谷は、小雪とか伊東美咲とか、どちらかというとモデル体型なので、ヌードになってもカッコいい。でもカッコ良すぎて、官能的ではないかも。仙元の舐めるようなカメラワークは秀逸で、とくにラブシーンは素晴らしかった。その他のシーンは仙元らしからぬ凡庸さが目立ったが、これは指示を出せない監督の責任だろう。ベリーダンスの撮り方なんて、ちょっと?だったし。結局、ストーリーが支離滅裂なため、仙元誠三による、黒谷友香のプロモーションヴィデオの趣である。黒谷ファンは必携のDVDだが、活動写真ファンにはきつい一作(笑)。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック