TAKESHIS' [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,670
通常配送無料 詳細
発売元: Route 77 (365日毎日発送、代引、コンビニ決済、ATM払等も可/海外発送対応)
カートに入れる
¥ 3,746
通常配送無料 詳細
発売元: リンクス オンライン (ご注文当日または翌日に発送致します)
カートに入れる
¥ 3,747
通常配送無料 詳細
発売元: 羽柴堂(本・CD・DVD・ゲームの買取行っております。『古本買取ドットコム』で検索できます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

TAKESHIS' [DVD]

5つ星のうち 3.4 80件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,319 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 785 (19%)
ポイント: 36pt  (1%)  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ハッピー電気オンラインが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • TAKESHIS' [DVD]
  • +
  • 監督・ばんざい! <同時収録> 素晴らしき休日 [DVD]
  • +
  • アキレスと亀 [DVD]
総額: ¥8,777
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ビートたけし, 京野ことみ, 岸本加世子, 大杉漣, 寺島進
  • 監督: 北野武
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2006/04/07
  • 時間: 107 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 80件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000C5PNU0
  • EAN: 4934569624505
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 59,839位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   北野武の監督12作目は、観る者を混乱せせることを彼自身が楽しんでいるような仕上がり。その複雑な構造を受け入れられるかどうかで、評価が変わるはずである。監督が演じるのは、コンビニでバイトする俳優志望の「北野」と、彼があこがれる人気俳優の「ビートたけし」の2人。幻想と現実、さらにビートたけしの演技部分の区別も判然としないまま、物語は暴走するように展開し、幻想のなかにも幻想が…と、複雑さは加速化していく。場面が切り替わるたびに、どの次元なのか分からなくなるのだ。
   共演者たちも、それぞれのレベルで別の役を演じたりするのだが、岸本加世子はつねに主人公を批判する人物だったりと、役割は固定されているのがユニーク。『ソナチネ』『HANA-BI』と、自作へのオマージュともとれるシーンも多く、コンビニの店員の衣装など映像は『Dolls』のごとくカラフルだ。とにもかくにも“感じる”映画。監督の新たなチャレンジ精神には、ほとほと頭が下がる。(斉藤博昭)

内容(「Oricon」データベースより)

芸能界で大物のタレントとして成功した“ビートたけし”と、コンビニで生計をたてる売れない役者“北野”。そっくりな二人が偶然出会い、不思議な世界へと迷い込んでいく物語を描いた、北野武監督の第12作目となる作品。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
とにかくシュールです。シュールですが、北野監督らしい
ショットはタップリ。私は北野作品に、独特の不気味さ漂う美しい
画面とバイオレンスを求めているので、かなり満足しました。

ストーリーがない訳ではなく、矛盾が多かったり、直接関係なさそ
うなシーンや登場人物がしょっちゅう織り込まれるので混乱するの
かも知れません。
大きな流れの中に、いい場面がバラけて存在しているという感じで、
コンビニの裏のゴミ捨て場のシーンや、線路でのタップ、
寺島さんの「本物かよ」のやられ方など大好きです。

これは、笑いでも映画でもシュールなものが好き、ビートたけしの
銃を撃つ姿が好き、という方ならいけるでしょう。
反対に、ストーリーに整合性を求める方や、例えばミュージカルで
歌とダンスナンバーは飛ばしたくなっちゃうようなタイプの方には
おすすめとは言えないかな。
どちらにせよ、お試しする価値は充分ありと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 くにたち蟄居日記 VINE メンバー 投稿日 2006/10/23
他の方のレビューを読んでから見たので 初めはそれなりに「緊張」して見始めた。あれだけ賛否両論が出ている以上 いったいどんな映画なのかと思いながら。

 見終わった感想としては 案外素直に見れたなというものであった。

 ある意味で同様の映画として「みんな やっているか」という作品を既に撮っている北野だが 「みんな やっているか」よりは はるかに不気味な展開になっている。特に コンビ二店員を演じる ビートたけしの 不気味さは 相当なもので 久しぶりに 監督としてではなく俳優としてのビートたけしの迫力を見た気がした。

 筋については 実に入り組んでいて 大変混乱させられたが 基調に漂う不気味さに助けられて(?) 興味深く混乱させられたことも確かである。これは例えばルイスブニュエルの「自由の幻想」や「ブルジョワジーの密かな愉しみ」あたりと同列に並べてみてもよいかと思う。

 あえて 結論付けるとしたら カルト映画 ということかと思う。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2010/5/2
 非常に怖い映画を観たような気がする。

 唐突な暴力や奇妙な映像演出など、北野武が作品を撮る上で重要なファクターと
しているものがこれでもかとぶち込まれ連続する様は、作品に登場する俳優や女優に
複数の役を与えて様々な場面で登場させ、繰り返し死なせたり同じセリフを喋らせたり
するという特異な手法とあいまって、これまでに自分が映画監督として獲得してきた
ものをここで全て使い潰してゼロになってしまおうとしているかのような印象を受ける。
これまでの北野映画が個人の死を描いていたとすれば、これは監督としての北野武の死を
目的としているように思えた。
 ただこの映画が凄まじいのは、何もかも終わりにしてしまいたいというその願いさえ
叶うことがないことを、同じ作品の中で示しているように感じられることだ。殺しても
殺しても、死んだ相手が蘇ってくるので、また殺す。傷つけあう中で武だってもちろん
負傷するのだが、どれだけ深手を負っても息絶えることができない。とっくに死んでいる
はずなのになぜか生き続けるか、場面が変わってリセットされるだけだ。終わりがない。

 劇中劇で、北野武が敵対するヤクザと銃を向け合うシーンがある。「どうする?」と
相手は
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この映画はなかなか評価が難しいです。はっきり評価は二分される作品ですね。

私、個人的に言えば「無し」です。ストーリーが解らないとか、そういうことは問題ではなく。

この映画はキタノファンが観るべき映画でしょう。門戸が狭い映画です。

キタノ作品がはじめての方には絶対にオススメできない映画です。はじめて観るキタノ作品がコレなら、他の映画は二度と観る気がしないでしょうね。

今作には監督の過去作のオマージュが数箇所あり、北野監督自身もそれは承知の上で撮っていると思います。

北野監督が何かのインタビューで「観る者を混乱させることを楽しんでいる。」みたいな事を言ってましたが、それ以上でもそれ以下でもない、言葉そのままの作品です。

北野監督ほど、世界から注目を浴びる監督がこの映画を敢えて撮ったことには敬意を表しますが、すでにデヴィット・リンチ監督がいますし、極めて斬新な映画とは思えませんでした。

前々から思ってはいましたけど物語の時間軸を交錯させたり、北野監督はかなりリンチ監督の影響を受けていると思います。

本人はそうは言わないと思いますけど…。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック