¥ 2,800 + ¥ 740 関東への配送料
通常3~4日以内に発送します。 販売元: TAKASUE SHOP

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

招き猫発祥の地 豪徳寺の招き猫(招福猫児)6号

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,800
通常3~4日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、TAKASUE SHOP が販売、発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
  • 招き猫発祥の地、豪徳寺で売られている招き猫です。
  • サイズ高さ:15.5cm
お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら) マーケットプレイスからの新品/中古品購入は簡単&安全!



この商品を見た後に買っているのは?


商品の情報

詳細情報
食洗機対応いいえ
電池式いいえ
  
登録情報
ASINB06WLP6D85
おすすめ度 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング ホーム&キッチン - 92,762位 (ベストセラーを見る)
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2017/2/17
  
ご意見ご要望
さらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

江戸時代彦根藩第二代藩主・井伊直孝が鷹狩りの帰りに豪徳寺の前を通りかかった。そのときこの寺の和尚の飼い猫が門前で手招きするような仕草をしていたため寺に立ち寄り休憩した。すると雷雨が降りはじめた。雨に降られずにすんだことを喜んだ直孝は、後日荒れていた豪徳寺を建て直すために多額の寄進をし、後に盛り返したという。 和尚はこの猫が死ぬと墓を建て弔った。後世に招猫堂が建てられ、猫が片手を挙げている姿をかたどった招福猫児(まねぎねこ)が作られるようになった。この縁で豪徳寺は井伊家の菩提寺となった。幕末に桜田門外の変で暗殺された井伊直弼の墓も豪徳寺にある。 また、同じ豪徳寺説でも別の話もある。直孝が豪徳寺の一本の木の下で雨宿りをしていたところ、一匹の三毛猫が手招きをしていた。直孝がその猫に近づいたところ、先ほど雨宿りをしていた木に雷が落ちた。それを避けられたことを感謝し、直孝は豪徳寺に多くの寄進をした…というものである。 これらの猫をモデルとしたもうひとつのキャラクターが、井伊家と縁の深い彦根城の築城400年祭マスコット ひこにゃん である。 前述のように、招き猫は右手若しくは左手を掲げているが、豪徳寺の境内で販売されている招き猫は全部右手(右前足)を掲げ、小判がない。これは井伊家の菩提寺であることと関わりがあり、武士にとって左手は不浄の手のためである。そして小判をもっていない理由は「招き猫は機会を与えてくれるが、結果(=この場合小判)までついてくるわけではなく、機会を生かせるかは本人次第」という考え方から。 (Wikipediaより)


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2017年4月27日
Amazonで購入
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告

注文した商品はどこ?

配送と返品について

ヘルプデスク