T・R・Y [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,290
通常配送無料 詳細
発売元: BEST PRICEネットショップ
カートに入れる
¥ 2,400
通常配送無料 詳細
発売元: ケツアールGU
カートに入れる
¥ 2,890
通常配送無料 詳細
発売元: じゃんぐらー
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

T・R・Y [DVD]

5つ星のうち 3.6 29件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 2,290 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,786 (55%)
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Abo Co., Ltd.が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • T・R・Y [DVD]
  • +
  • 県庁の星 スタンダード・エディション [DVD]
  • +
  • ホワイトアウト<初回限定2枚組> [DVD]
総額: ¥10,488
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 織田裕二, 黒木瞳, 渡辺謙, 邵兵, 孫暢敏
  • 監督: 大森一樹
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: 角川書店/ポニーキャニオン
  • 発売日 2003/07/16
  • 時間: 104 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 29件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00007G0LH
  • JAN: 4988013503601
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 15,623位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   20世紀初頭の上海で、金持ちの悪党相手をだまして荒稼ぎしていたペテン師・伊沢修は、殺し屋から救ってくれた革命家の関のために、日本軍から革命用の武器弾薬を盗む約束をするはめになる。
   主人公が上海を舞台にした革命に巻き込まれていく姿をアクションたっぷりに魅せていく本作は、上海に広大なオープンセットを組んで撮影された織田裕二主演の娯楽大作。だますのは金持ちの悪党だけ、貧しい者にはやさしい伊沢。そのずる賢いけど、心根はやさしいというキャラクターに織田はピッタリ。そんな主人公を嬉々として演じる織田と、ずっしりとした存在感で野心家の将軍を演じる渡辺謙の共演も楽しい。共演は黒木瞳、丹波哲郎ほか、中国のスター邵兵(シャオ・ビン)が関を演じる。大森一樹監督作。(斎藤 香)

内容(「Oricon」データベースより)

20世紀初頭上海で、金持ちや悪党を相手に騙し儲けていたペテン師の伊沢修が、日本の軍部相手に武器を騙し取る計画を立てる。果たしてゲームは上手くいくのか!? 織田裕二主演で贈る、アジア発一大エンターテイメント作品。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

織田裕二の素晴らしさが、結実した作品。帽子を被り、歩く姿はまさに、ハマリ役です。
大掛かりなペテンで、悪徳商人を手玉に取る爽やかな主人公。
飄々としたキャラクターは魅力十分です。
そして、内に秘めた熱いハート。本当に、主人公はカッコいい!と素直に思えました。
渡辺謙の出演も、うまくハマっており、主人公とうまく対比されています。
アクションシーンも迫力十分で、ラストの二転三転は本当に目が離せません。
このテにありがちな大逆転!というだけでなく、静かな感動を生むラストは、まさにこの作品に相応しいと言えます。
完成度の高い傑作、是非、ご覧下さい。あと、短いのも、またいいです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
正直なところ、中国の情勢や歴史に疎い私にはストーリーを追うので精一杯なところがあり、1度観ただけではおもしろさがストレートには感じませんでした。
でも、心に何か“熱いもの”が残った感触は確実にありました。それが何かを確認する為にもう1度観ました。初めて観た時と感じ方が格段に違いました。
何度も観たくなりました。観る程におもしろさを強く感じました。幻想的な上海の街並みや貧富の差の激しい情勢をみると、タイムスリップでもした様な気分でした。
『国境を越えた友情』に感動もしました。観終わった後は爽やかな気持ちにもなりました。
とにかく観れば観るほど味の出る不思議な魅力を持った作品だと思います。DVDでまた何度も観れるのが嬉しいです。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
レンタル開始したので借りてみました。やっぱりとても感動しました。特に、最後の握手のシーンで見つめあう織田裕二と邵兵(シャオピン)の表情は最高でした。織田ファンでなくとも必見。国や宗教、思想や人種、そして言葉さえも、すべてを超えた友情の物語。これからの世界を作るのはこんな友情に結ばれた人間たちであってほしい。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 チエベ@いながめ VINE メンバー 投稿日 2003/7/12
Amazonで購入
観ていて、自分自身がいつ騙されるだろうか、
 いつから騙されているのか、とワクワクしながら観ていました。
ダースベーダーのようなシルエットの渡辺謙さんもよかったし、
史実から多少(もっと)逸脱させたとしても、
娯楽映画としても楽しめる映画だと思います。
私個人としては、石橋蓮司さん扮する警部さんや
 アノ弟(今井雅之さん)と伊沢修との対決(ドラマ)も
 気になります。
 あれで終わりとは、思えません。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
織田裕二が 伊沢での 映画。どうも、原作の 伊沢とイメージがかなり違う。
織田裕二は ペテン師らしくない雰囲気が漂う。
どこかがにやけていて、人の良さそうな感じが、伊沢とかなり違うなぁ と思った。
喜春ねぇさんも 黒木瞳ならば
色っぽすぎて、しゃきっとした 新橋の芸者のイメージが
でてこない。彼女は やはり 愛人向きなのだ。
しかし、脚本は 意外とよかった。
東陸軍中将が 渡辺謙 で 重心が 深くなった。
だまし、だまされのなかで、最後の終り方が 原作よりも 優れていた。
上海を 最後の舞台にしたのが 成功した。
なるほど、この方が 物語になっていると思った。
なぜか ごった煮 のような不思議な味わいの映画だった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kuppy 投稿日 2003/4/16
舞台は20世紀初頭の上海。チンケな詐欺で命をねらわれた伊沢修が革命を起こそうとしているグループに殺し屋から手を引いてもらうよう話をつけるという条件で彼らのために日本陸軍の上層部をペテンにかけて武器弾薬を手に入れるため奔走するというのが大筋のストーリー。
あの清王朝最後の皇帝、溥儀が登場したりとなかなか興味深かった。
歴史に弱くても十分楽しめる内容だったと思います。歴史に潜むヒューマンドラマが十分楽しめた。
ストーリーテンポもよく小気味よさが胸に残る。織田裕二の服のいろんなスタイルもよかったが、渡辺謙が着ていたマント姿が超カッコよかった。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 pochi-106 投稿日 2003/6/19
私は結構注意深く見ない方なので、思いっきり織田裕二の伊沢さんにまんまと騙されまくり、ラストもやっぱり騙されてしまいました。
どちらかといえばその方が物語を面白く見れたので良かったのですが。
ちょっとこずるい織田裕二の新しい魅力にはまった人が多いんじゃないでしょうか、私もその一人ですし。
衣装などもみなさんかっこ良く、最後もすっきり爽快に終わるので、見やすい映画だと思いました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す