中古品の出品:4¥ 16,068より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,400MP3アルバムを購入

Symphony 3 (Ms) (Sl) SACD, Import

5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:4¥ 16,068より
【1,500円OFF】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の アンネ・ソフィー・フォン・オッター ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 指揮: Pierre Boulez
  • 作曲: Gustav Mahler
  • CD (2003/6/10)
  • 注意: SACDの互換機が必要です
  • ディスク枚数: 2
  • フォーマット: SACD, Import
  • レーベル: Dg Imports
  • 収録時間: 286 分
  • ASIN: B00008IH95
  • JAN: 0028947429821
  • 他のエディション: CD  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 430,712位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト - アーティスト (サンプル)
1
30
33:33
アルバムのみ
2
30
9:27
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
3
30
16:34
アルバムのみ
ディスク 2
1
30
9:17
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
2
30
4:05
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
3
30
22:21
アルバムのみ

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
5
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(5)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
最早「絶版」と思われるSACD盤をひょんなことから入手、マーラーもそこそこに過去の名盤と称されるものは聴いてみましたが、このSACDは感動しました。音楽の詳しいことは分かりませんが、過去盤の聴取時よりも音の広がりなど、アドバンテージが大きいように感じます。ハイブリッドですので、SACDレイヤーと通常レイヤーの双方を聴いてみましたが、やはりSACDの響きは格別です。
SACDどころか音楽CD自体の危機的状況ではありますが、だからこそ、斯かる良質の音源を良質のフォーマットで聴けるようにして頂きたいと、切に要望します。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
私はこの演奏がマーラー3番のベスト、と思っておりまして、なおかつSACD, SACDサラウンド、CDのハイブリッド盤になっております。2002/3年ドイツ・グラモフォン(ハンブルグ)盤。

SACDモードで、通常CD(2002年、日本プレス)と較べると、わずかな差ですが、SACDの方がホールの拡がり(かなり広く響いて、ほどよい反響に聴こえる)がより立体的に捉えられています。しかし、通常CDでも、驚くほどリアルなホルン、トロンボーンが響きわたり、ティンパニーは自分の部屋で炸裂しているような録音(グラモフォン4D録音)ではあります。デノンSA1, B&W 802Diamond使用。

あとSACDの方が、細かい伴奏(相当パワフルな演奏なので、前面の楽器がどうしても目立つ)が幾分聴き取りやすく、またわずかにHi-fi的な音質と思います。

演奏については、申し分ないオーソドックスな解釈と思いますが、鳥の鳴き声をやや滑稽に擬音するところなど、人工的でなく自然な味わいを感じます。中古で少し高かったのですが、手許に置く価値のあるSACD盤と考えます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
ブーレーズー、ウィーンフィルでの秀逸版であることは言うまでもないが、SACDのアドバンテージが明瞭に聴こえる演奏。長時間の作品であるが、いつ聴いても 心が揺さぶられる名盤です。
 SACD愛好家であれば、必携の盤であると思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2007/9/26
形式: CD
2001年2月ウィーンで録音。僕の記憶ではウィーン・フィルと組んでこのマーラーの第3番を振った指揮者はブーレーズで3人目である。あとの二人はクラウディオ・アバドとロリン・マゼール。この3つの演奏を時間で比較してみると以下のようになる。

アバド1980年9月19・26日録音    34:17→9:29→16:57→10:43→4:30→26:38
マゼール1985年4月18・19日録音   36:52→11:42→18:19→9:21→4:20→29:51
ブーレーズ2001年2月録音       33:34→9:27→16:38→9:17→4:05→22:22

6楽章全てにおいてブーレーズの演奏が最も速いということが分かる。ただ聴いてみると決して速いなぁとは感じない。むしろ気持ちよく時間が過ぎていくちょうど良い速さで心地よい。僕の一番好きな演奏だ。

私見だがハイドン・モーツアルトに始まり百余年を経た『交響曲』というものはこのマーラーの第3番で完成したと思える。何しろ大編成、Pi:(2); Fl:4; Ob:4; Eh:(1); Cl:5; Bcl:(1); Fg:3; Cfg:(1); Hr:8; Tp:5; Tb:4; Tub:1; Timp; Perc; Hp:2; Str; Alt; Choir(s,a,knaben)である。夢のように繋がるこの大交響曲に浸るとき何時もそう思う。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
ブーレーズのマーラー交響曲チクルスも残すところ、第2と第8。第10は、補筆版を使うのか?と思っていたところ、DGGのサイトで、2005年にはまず、歌曲集が出る予定。これも楽しみですが、遂に今年ブーレーズも80才を迎える事となる。元気に長生きして多くの録音を残して欲しい。コンサートスケジュールを見ると、ハイドンの交響曲演奏もしている。現代音楽作曲家という枠を超えて、音楽の素晴らしさを多くの聴衆に伝える事を大切にしているようで、同時代に生を受けた事に感謝!である。勿論、長大な第3交響曲も、ブーレーズの精緻なコントロールで、適度なバランスに仕上がっており、申し分ないのは、言わずもがなである。しかもSACDハイブリッドで、通常規格のCDより安いのは、驚異である。既発売の第4なども次々にSACD化されており、全集完成のあかつきには、SACDハイブリッド規格でのボックスが期待できそうである。待ち遠しい。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告