Symphony 2 がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,950
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: TESTAMENT JP
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Symphony 2 Import

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,954 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 1,693より 中古品の出品:4¥ 849より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 「CDを買うとデジタルミュージック(MP3)ストアで使える200円クーポンプレゼント」キャンペーンの対象商品です。2016年8月31日23時59分(日本時間)までのご購入が対象となります。(マーケットプレイスでのご注文は対象外)

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中。 今すぐチェック


登録情報

  • オーケストラ: Vienna Symphony Orchestra
  • 指揮: Carlo Maria Giulini
  • 作曲: Anton Bruckner
  • CD (2001/10/9)
  • SPARSコード: DDD
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Testament UK
  • ASIN: B00005K3PZ
  • EAN: 0749677121020
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 303,119位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Symphonie n°2 / Orchestre Symphonique de Vienne, dir. Carlo Maria Giulini


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

カルロ・マリア・ジュリーニがウィーン交響楽団を指揮して演奏したブルックナーの交響曲第2番(ノーヴァク版)のディスク。1974年の収録だ。LP時代はEMIからリリースされていた。ウィーンで最も音質の豊かなムジークフェラインでの収録であり、ジュリーニの柔和な解釈もあいまって、叙情的な、ゴツくない独特のブルックナー世界を展開する。ブルックナーがそれほどポピュラーではなかった頃にも、このディスクの美しさは喧伝されていた。CD時代になってこのレーヴェルでさらに曇りのない音になってリマスターされ、懐かしい思いである。音が明るく柔らかく、またカットも多いため、昨今のブルックナー演奏とは異なるスタイルだが、説得力のある名演であると思う。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
カルロ・マリア・ジュリーニがウィーン交響楽団を指揮して演奏したブルックナーの交響曲第2番(ノーヴァク版)のディスク。1974年の収録だ。LP時代はEMIからリリースされていた。ウィーンで最も音質の豊かなムジークフェラインでの収録であり、ジュリーニの柔和な解釈もあいまって、叙情的な、ゴツくない独特のブルックナー世界を展開する。ブルックナーがそれほどポピュラーではなかった頃にも、このディスクの美しさは喧伝されていた。CD時代になってこのレーヴェルでさらに曇りのない音になってリマスターされ、懐かしい思いである。音が明るく柔らかく、またカットも多いため、昨今のブルックナー演奏とは異なるスタイルだが、説得力のある名演であると思う。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ブルックナーの交響曲の系列のうち第2番までの4曲(番号なしのヘ短調、第0番、第1番、第2番)は習作的作品とされている。実際、第3交響曲が大傑作であり、同じく第3交響曲で、そのジャンルの雄渾な新たな創造を見出したベートーヴェンになぞらえることもあって、第2番と第3番の間隙に、天才の飛躍を見出すのだろう。

しかし、最近ではその「習作」とされてきた作品にも数多くの録音がある。ブルックナーの交響曲を全曲録音したものも結構な数があり、しかも多くの版や稿が取り上げられている。そんな中で交響曲第2番もそのステイタスを上げた作品と言えるだろう。

だが、それ以前はどうだったろうか?私の記憶では70年代から80年代初めにくらいまでは、このような「習作交響曲」とみなされている作品の録音は、それこそ数えるほどしかなかったと思う。それなので、カルロ・マリア・ジュリーニ(Carlo Maria Giulini 1914 - 2005)のような巨匠クラスの指揮者がこの曲を1974年に録音したというのは、それ自体が一つの驚きだと思う。あるいは、自らがこの曲をセッション録音することで、曲自体の認識も高めたいと考えたのかもしれない。しかしEMI原盤のLPは短命のうちに廃盤となり、以来長らく眠っていた音源がTESTAMENTによってCD化されたことになる。
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 織工 殿堂入りレビュアートップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2008/3/2
 いまでこそ、ジュリーニ指揮のブルックナーには確立した評価がありますが、本盤は初期ブルックナーをジュリーニがはじめて取り上げたという意味で貴重な1枚です。全般にかなり個性的な印象ですが、表情がとても豊かでウイーン響からなんとも心地よいサウンドを引きだしています。

 ジュリーニは1930年に、ローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団でヴィオラを弾いていたときに、ワルター、クレンペラーそしてフルトヴェングラーらブルックナーの泰斗の指揮を一奏者として経験しています。その後、自ら聖チェチーリア国立アカデミーで指揮を専攻します。
 1914年生まれのジュリーニがブルックナーをはじめて録音したのは60歳の時で、1974年にウイーン交響楽団とこの2番のシンフォニーを取り上げています。この年、ボストン交響楽団の客演でも同曲を取り上げ、また、ニューヨーク・フィルとでは9番を演奏しています。1976年にはシカゴ交響楽団とこの9番を録音、1982ー83年にはロンドンで7番、8番を演奏しています。ジュリーニが他の番を好まなかったかどうかはわかりませんが、7ー9番は曲の完成度の高さと美しいメロディの聴かせどころでジュリーニ好みだったのかも知れません。その後、ウイーン・フィルと後期交響曲で名演を残したことは記憶に新しいところです。

 2番はヨッフム、ヴァント、朝
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック