この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Symphonies & Orchestral Works : The Complete Stereo EMI Recordings Box set, CD, Original recording remastered, Import

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック


登録情報

  • オーケストラ: Hallé Orchestra
  • 指揮: John Barbirolli
  • 作曲: Jean Sibelius
  • CD (2000/2/11)
  • SPARSコード: DDD
  • ディスク枚数: 5
  • フォーマット: Box set, CD, Original recording remastered, Import
  • レーベル: EMI Classics
  • ASIN: B00003ZKRM
  • EAN: 0072435672992
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 47,269位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. Finlandia - Symphonic Poem Op. 26 (2000 Digital Remaster)
  2. I. Intermezzo
  3. II. Ballade
  4. III. Alla marcia
  5. Pohjola's Daughter - Symphonic Fantasia Op. 49 (2000 Digital Remaster)
  6. 1. Valse triste from Kuolema - Incidental music Op. 44 (2000 Digital Remaster)
  7. 2. The Swan of Tuonela from the Lemminkäinen Suite (Four Legends) Op. 22 (2000 Digital Remaster)
  8. 4. Lemminkäinen's Return from the Lemminkäinen Suite (Four Legends) Op. 22 (2000 Digital Remaster)

ディスク:2

  1. I. Andante, ma non troppo - Allegro energico
  2. II. Andante (ma non troppo lento)
  3. III. Scherzo (Allegro - Lento (ma non troppo) - Tempo I)
  4. IV. Finale: Quasi una fantasia (Andante - Allegro molto)
  5. I. Tempo molto moderato, quasi adagio
  6. II. Allegro molto vivace
  7. III. Il tempo largo
  8. IV. Allegro

ディスク:3

  1. I. Allegretto
  2. II. Tempo andante, ma rubato
  3. III. Vivacissimo
  4. IV. Finale (Allegro moderato)
  5. I. Allegro moderato
  6. II. Andantino con moto, quasi allegretto
  7. III. Moderato - Allegro (ma non tanto)

ディスク:4

  1. I. Tempo molto moderato - Allegro moderato - Presto
  2. II. Andante mosso, quasi allegretto
  3. III. Allegro molto - Un pochettino largamente
  4. 1. At the Castle Gate from Pelléas et Mélisande - Incidental music Op. 46 (Suite) (2000 Digital Remaster)
  5. 2. Mélisande from Pelléas et Mélisande - Incidental music Op. 46 (Suite) (2000 Digital Remaster)
  6. 7. Mélisande at the Spinning Wheel from Pelléas et Mélisande - Incidental music Op. 46 (Suite) (2000 Digital Remaster)
  7. 9. The Death of Mélisande from Pelléas et Mélisande - Incidental music Op. 46 (Suite) (2000 Digital Remaster)
  8. Adagio -
  9. Un pochettino meno adagio - Vivacissimo - Adagio -
  10. Allegro molto moderato -
  11. Vivace - Presto - Adagio

ディスク:5

  1. 1. All' overtura from Scènes historiques I - Suite Op. 25 (2000 Digital Remaster)
  2. 1. The Hunt from Scènes historiques II - Suite Op. 66 (2000 Digital Remaster)
  3. 2. Scena from Scènes historiques I - Suite Op. 25 (2000 Digital Remaster)
  4. 1. The Lover
  5. 2. The Way of the Lover
  6. 3. Goodnight, my beloved, farewell
  7. Romance in C for strings Op. 42 (2000 Digital Remaster)
  8. I. Allegro molto moderato
  9. II. Allegretto moderato
  10. III. Poco vivace
  11. IV. Allegro molto


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 織工 殿堂入りレビュアートップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/7/14
形式: CD
 もうすぐ Complete Symphonies Tone Poems の超廉価盤がでるが、同内容の現役盤。バルビローリはシベリウスを得意としており、はやくは1940年の録音(交響曲第2番、ニューヨーク・フィル)も語りつがれる名演として知られ、また、1950年代にも交響曲第1、2、5、7番(7番のみ1949年)の旧録音がある。一貫してシベリウスを好み取り上げておりその普及に尽力した。
 冷たい分析臭とは無縁。「北国」の音楽ながら、そこにはどのフレーズをとってもほの温かさが滲む。卓抜なオケ・コントロールからバルビローリの録音に駄作なしとの定評もあるが、作品によってはオーケストラには必ずしも恵まれなかった。しかしこのシベリウスに関する限り、永年連れ添ったハレ管弦楽団との集中力ある演奏は見事である。
 本録音は1966〜70年にかけてのものだが、1970年7月29日逝去のバルビローリ晩年の集大成であり、歴史的価値ある秀演である。

主要内容は以下のとおり。

【交響曲全集】
・交響曲第1番ホ短調 op.39  1
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
私が一番最初に聞いたシベリウスの全集です。ずっとLPで聞いていたのですが、今では大変お得なお値段でCDが入手出来るので購入してみましたが、音も改良され以前にも増して楽しむ事が出来ました。ハレO.は特別うまいオーケストラではなく、現在ではこの演奏のうえをいくものはいくらでもあるでしょう。私も、3種のベルグルンド、ロジェストヴェンスキー、カラヤン、ディヴィス、マゼール、バーンステインなど何種類も持っていますが、やっぱりバルビローリの演奏が一番しっくりくるのです。おそらく”刷り込み”なのかもしれません。かつては一番人気の2番に陶酔していましたが、最近では4番、6番、7番あたりをよく聴きます。解かりやすいメロディがあまり出てこないので、何回聞いても飽きる事がないのです。「悲しいワルツ」「トゥネラの白鳥」はいつ聞いてもいい曲だなあと感心します。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ジョン・バルビローリ指揮&ハレ管弦楽団によるシベリウス交響曲全集。
1966年~1970年のステレオ録音です。
カップリングには交響詩「フィンランディア」交響詩「ポヒョラの娘」組曲「カレリア」「悲しいワルツ」などを収録しています。
バルビローリがシベリウスを得意としていただけに安心して聴く事ができます。
昔から定評のある全集なので、シベリウスが好きな人はもう聴いていると思いますが、まだ聴いたことがない人は是非聴いてほしい。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
むかしからシンフォニーの7番が好きだった。

しかしながら、聞いてみたら、
ラッパはうるさいし、弦楽器は縦のアンサンブルが合ってないし、
がっかりした。
ハレ管って、あまりうまくないのかな・・・?
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック