Symphonies: VIRGIL THOMSO... がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,200MP3アルバムを購入

Symphonies: VIRGIL THOMSON Import


価格: ¥ 1,808 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 856より 中古品の出品:6¥ 246より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の James Sedares ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


登録情報

  • 指揮: James Sedares
  • 作曲: Virgil Thomson
  • CD (2000/2/22)
  • SPARSコード: DDD
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Naxos American
  • ASIN: B00004D3IW
  • EAN: 0636943902226
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 924,979位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
4:06
今すぐ聴く 購入: ¥ 100
 
2
30
5:58
今すぐ聴く 購入: ¥ 100
 
3
30
6:22
今すぐ聴く 購入: ¥ 100
 
4
30
3:51
今すぐ聴く 購入: ¥ 100
 
5
30
3:55
今すぐ聴く 購入: ¥ 100
 
6
30
4:41
今すぐ聴く 購入: ¥ 100
 
7
30
4:00
今すぐ聴く 購入: ¥ 100
 
8
30
9:42
アルバムのみ
9
30
8:07
アルバムのみ
10
30
4:48
今すぐ聴く 購入: ¥ 100
 
11
30
3:09
今すぐ聴く 購入: ¥ 100
 
12
30
5:34
今すぐ聴く 購入: ¥ 100
 

商品の説明

Amazonレビュー

Virgil Thomson studied composition under the tutelage of Nadia Boulanger in Paris, remaining there for nearly two decades before the invading Germans forced him to flee back across the pond to New York (where he became the notoriously sharp-tongued music critic of the Herald Tribune). His Symphony on a Hymn Tune (1928) serves up a witty mix of American vernacular (listen out for those two Southern-Baptist favourites, "How Firm a Foundation" and "Yes, Jesus Loves Me") with the surrealist, Parisian cool of Erik Satie and Les Six. It's an engaging, unpredictable creation, by turns serene and clowning, and rather more compelling than the Second Symphony of two years later (beautifully scored though that is). The Third Symphony started out as Thomson's 1932 String Quartet No. 2 but wasn't heard in its orchestral guise until pressed into service as the ballet music for his 1972 opera, Lord Byron. You'll probably either love or hate its sophisticated artlessness. That just leaves the 1964 essay Pilgrims and Pioneers, which tends to fall off in quality after a promising start. These are, however, really fine performances under James Sedares's sensitive lead, and a very good recording too. --Andrew Achenbach

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック