¥ 1,412 + ¥ 350 関東への配送料
在庫あり。 販売元: Rarewaves-USA

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

Swing Lo Magellan Import

5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,412
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Rarewaves-USA が販売、発送します。
新品の出品:9¥ 1,372より 中古品の出品:10¥ 720より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ダーティー・プロジェクターズ ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Swing Lo Magellan
  • +
  • Bitte Orca (Ocrd)
総額: ¥3,107
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2012/7/10)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Domino
  • ASIN: B0082A3GRY
  • JAN: 0801390031229
  • 他のエディション: CD  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 122,149位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 cure 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアー 投稿日 2012/7/15
形式: CD
米ブルックリン6人組Dirty Projectorsの3年振り6作目。ブルックリンのオルタナ・シーンを代表する存在として彼らの知名度を高め
た前作「Bitte Orca」は、世界中の音楽に点在するあらゆる要素を根底から縫い合わせ、幅広い音楽好きにその個性をアピールし
た力作だった。ビョークとのコラボ活動を経て出される新作がどういう展開を見せるか高い注目が集まっていたが、実際届けられた
12曲は意外なほど力みが無く、音の尖りは若干控えめになり何処かレイドバックした空気が印象的だ。

中心人物であるデイヴ・ロングストレスが「歌・楽曲のアルバム」になると予告した本作、特定の物語が先にあり、楽曲を後付で創
作する従来の過程を今回根底から変えたという。具体的には先に70〜80を数える候補曲を自由に制作し、それを絞り込む形。
大量の候補から選ばれた12作品の旋律はどれも輪郭が明確で美しい、つまりうたものとして優れた出来だ。これは斬新な音創り
に心を奪われ、肝心な楽曲の芯が貧弱なものが溢れる現在のシーンでは貴重に思われる。

デイヴは「今の音楽は、香水の様に漂って香るだけの音楽」と語る。それは見てくれだけが派手な音楽が巷に溢れることへの危惧
感であり、本作はそのアンチテーゼとも言える。面
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
初めて聴いた時は前作に比べ聴きやすくなったメロディーとコーラスに魅かれました。
その後、何度も聴いているうちに複雑なリズムワーク、アレンジに耳が向くようになりました。
結果、聴くたびに新しい発見があり、何度も何度もリピートしてしまいます。

最近の消費化された音楽には無い魅力があり、「時代性をあまり感じないアルバム」といったキーワードが似合います。

内容が濃い作品なのでこの位の曲数もちょうど良く、バラエティー豊かな楽曲がそろっていますが、まとまりを感じさせるところが流石です。

あまり日本人には馴染みの無いメロディーやリズムですが、癖になりますよ。
初めてdirty projectorsを聴く方にもお薦めの一枚です!
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
音源自体はこの前のアルバムなんかでも聴いていたのだけど、正直ちょっと変わった音楽やっている人たちだな、くらいの印象で、そこまで興味は持てなかった。
どう楽しんでいいかわからなかったというのが正直なところだけど。

だけど、彼等のライブを観て評価はガラッと変わった。
とにかくライブは楽しくて、どこで合わせているのかよくわからない、複雑怪奇なのに統制が取れている。
そして実は主たる楽器はコーラスではないか?と思えるくらいコーラスワークが見事。
ビョークとのコラボ作も顕著だけど、楽器の複雑さの背景でそんな人間らしさがあってとても魅力的。
何より非常にクリエイティブでエンターテインメント性にも富んでいて、こんなバンドが「USインディ」とかいって一部のマニア向けみたいな扱いになるのは勿体なさすぎる。

翻って音源を聴くと、これまでと違った響きを持って感じられて、今や愛聴盤です。
上がってこうぜ!みたいなタイプでもないし、無条件に楽しませてくれるタイプでもないと思いますが、ただメロディをなぞるだけが音楽だと勘違いしている人には特に聴いてみてほしいですね。
好む好まざるはあるにせよ、一つの経験として聴いておいて損はないと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
相変わらずの「複雑怪奇なポップミュージック」を満載した2012年作。
変態コード進行、変態リズムパターンが止め処なくあふれ出してくる、ある意味「奇作」ではあると思います。
ありとあらゆるジャンルの音楽が奔放に取り込まれており、その雑食性の高さには目を見張るものがあります。
しかしながら、素材となる楽曲そのものについて言えば、これは決して難解なものではなく、基本はあくまでシンプルなポップソングであり、その部分が余計に本作を奇々怪々なものにしているとも言えるんじゃないでしょうか。
良い意味での「坐りの悪さ」が、本作の最も特徴的な部分であるという風に僕は解釈しました。

とは言いつつも、所謂ポストロック的な側面は幾分後退したかなという風には感じさせられました。
各曲とも比較的輪郭のはっきりした歌メロ中心の作品づくりが標榜されているようで、聴き易さ、親しみ易さといった部分では、前作よりも上なんじゃないかなとは思います。
ロングストレスのヴォーカルスキルにも格段のレベルアップが伺えるし、何しろ全ての面におけるバランス感覚が素晴らしいですよね。

いかにもNY、ブルックリンな空気感が、一般のリスナーを遠ざけがちになっているのは確かだとは思いますが、各メディアから絶賛されていただけのことはあるとは思いました。
音楽作品としての斬新性、芸術性が、極めて高いアルバムです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー