Sweet Rain 死神の精度 スタンダード・エ... がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Sweet Rain 死神の精度 スタンダード・エディション [DVD]

5つ星のうち 3.8 27件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,675
価格: ¥ 2,923 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 752 (20%)
通常7~10日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 2,923より 中古品の出品:18¥ 530より
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Sweet Rain 死神の精度 スタンダード・エディション [DVD]
  • +
  • アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]
  • +
  • ポテチ [DVD]
総額: ¥8,694
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 金城武, 小西真奈美, 富司純子, 光石研, 石田卓也
  • 監督: 筧昌也
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: VAP,INC(VAP)(D)
  • 発売日 2008/08/27
  • 時間: 113 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 27件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001BBY5A8
  • EAN: 4988021131469
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 27,775位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

死神がいつもと違う“判定”をした時から、時を超えて運命の輪が動き始める― 金城武6年ぶりの邦画主演作品!!
若い世代を中心に絶大な支持を集める“ 伊坂幸太郎”の人気小説、待望の映画化!
★金城武が6年ぶりに邦画主演!今秋には「レッドクリフ」も公開、再びブームが・・。
★ついに映画化実現!日本映画界が注目する筧昌也のメガホンで伊坂ワールドの魅力全開!

《STORY》
千葉(金城武)が現れるのは、人間が不慮の死を迎える7日前。
7日間の観察期間の後“実行=死”か、“見送り=生かす”かを判定するのが彼の仕事。
仕事はさっさと済ませ、CD ショップで“人類最大の発明品”として愛するミュージックを試聴するのが彼の最大の楽しみ。

そんな彼の職業は・・・死神。
今日も雨の中、彼は待っていた。7日後に死を遂げることになっている新しいターゲットを―。
藤木一恵(小西真奈美)。27歳。とあるメーカーの苦情処理係。仕事を終え疲れ果てた彼女が会社から出てきた。
さあ、仕事の始まりだ・・・

■ 本編 ■ 劇場用予告編集 ■オーディオ・コメンタリー(筧監督)※予定本編129分/カラー
/5.1chドルビーサラウンド、2chステレオ、オーディオ・コメンタリー/ドルビーデジタル/片面2層/16:9L(予告編集4:3)
※内容は変更される場合があります。

(C)2008「Sweet Rain 死神の精度」製作委員会

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

伊坂幸太郎の人気小説を金城武と小西真奈美の共演で描いたファンタジードラマ。人間を7日間観察し、生死の判定を下す役割を担った死神・千葉と、7日後に死を控えたOL・一恵の間に芽生えた奇跡が、時空を越えて広がっていく。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

命を軽んじる事件や人の命を簡単に殺める事件が多発する昨今、
この作品では「死神」というテーマを用いて、
命の大切さ、そして生きることの意味について、
考えさせてくれる。

「死ぬことが予定された人間に近づき、話をして、
その人が死に値する生き方をしたかどうかを確かめこと」が、
死神の仕事だという。

しかし、死神にもわからないことがいろいろあるらしい。
死ぬということは決して特別ではないが、
死ぬまでの人生というのは、ひとそれぞれにとても大切な意味を持つということ。
どうせ死ぬならと考えて生きるか、
最後は死ぬけど、それまでは必死に生きる。
死神は死を扱えるが、生の意味については疎いというわけだ。

きっと命の尊さを世に響かせたいと願って作られた作品ではないか。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 一色町民 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2008/7/11
伊坂幸太郎原作の6つ短編から3つのエピソードをとりあげ、3つをリンクさせるために原作とは異なる設定とか、黒い犬とかドアとかの、原作にはない演出をしています。

1話目は、婚約者が交通事故死し失意のなか自殺も試みた女性・一恵(小西真奈美)。ストーカーの恐怖を体験するが、意外な展開になるのが面白い。2話目は、ヤクザの兄貴分(光石研)をかくまう舎弟・伸二(石田卓也)を軸にしたヤクザ抗争の現場。そして、富司純子演じる海辺の理容院の女性という3つの話で構成されています。この3つの話をコインの裏表で占うコイントスと、小西真奈美の歌う「Sunny Day」という曲が繋いでいます。ありがちの演出と言えなくもないですがスマートですね。

死神は登場人物たちに「死ぬことについてどう思う?」かと問いかけ、観ている我々にも同じように考えさせます。人それぞれ、どういう人生を歩いてきたかで“死”に対する考えは異なるでしょうが、ラストでは、そのひとつの考えを富司純子が見事に表現していました。
3つの話はどれも時代やカラーが違うし、小西真奈美、光石研、富司純子といった共演者それぞれいい味を出していましたね。金城武の演じる死神は、紳士的でカッコよく、ちょっぴり愛嬌がある。ところどころ人間の会話の意味を理解しておらず、コントじみた場面を素直に受け取ることができるか、『
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ストーリーが分かりやすく、展開も面白かったです!

3つのバラバラのストーリー。ラストにそれぞれの物語のからくりが明らかになるのですが、人物の顔の見分けがつかない私にとって、1つ目と3つ目のからくりは分かっても2つ目のからくりはDVDを見直すまで分かりませんでした・・・。俳優さんの顔をひとつの記号として、髪型などもっと分かりやすくしてくれたらと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ベストセラー作家伊坂幸太郎の同名小説を映画化。ミュージック好きな死神という共通の人物?が登場するものの、基本的には一話完結の短編を集めた小説で、第一話目と最終話以外の関連性はまったくといっていいほどない。この映画はそのうち3話のみをピックアップしているが、原作の第一話目と最終話との間にポコっとヤクザの話が挿入されるという見た目かなりイビツな形になっており、脚色にもう一工夫ほしかった1本だ。

愛する人がすべてあの世行きになってしまうという悲しい運命を背負った藤木一恵役に見るからに幸薄そうなコニタンを、「実行」と「保留」を判定する浮世ばなれした死神役に金城武をあてたキャスティングはGood。しかし、死神と会話するドーベルマンの台詞にテロップを使った安直な手法が、重厚な映像表現とアンマッチなのが多少気になるところ。同一人物であるはずの2人が(違う女優を使っているせいか)全く別人格に見えてしまったのも演出不足といわざるをえない。

はじめにも述べたが、この映画は(原作に縛られることなく)最初から最後まで藤木一恵と死神の物語で終わらせた方が良かったのではないかと思えるのだ。一つのストーリーの中間にはさまった、異物のようなエピソードが1本の映画としての統一性を大いに損ねているのである。元々バラバラだったエピソードをムリヤリ一つの作品にまとめあげた原作の悪影響がモロに出てしまっているのだ。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック