この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

Sunday at the Village Vanguard Import, Live

5つ星のうち 4.5 38件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック



登録情報

  • CD (1990/10/25)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import, Live
  • レーベル: Ojc
  • 収録時間: 69 分
  • ASIN: B000000Y87
  • JAN: 0025218614023
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 38件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 130,087位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
6:09
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
6:55
アルバムのみ
3
30
6:21
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
8:53
アルバムのみ
5
30
8:35
アルバムのみ
6
30
7:01
アルバムのみ
7
30
8:15
アルバムのみ
8
30
8:04
アルバムのみ
9
30
3:50
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
10
30
4:06
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 

商品の説明

Amazonレビュー

   スコット・ラファロ&ポール・モチアンを擁するビル・エヴァンス・トリオは画期的だったが、残念なことにその活動期間は短かった。というのも、61年7月にラファロが自動車事故のため25歳の若さで急逝してしまったからだ。本作はラファロが事故死する11日前にヴィレッジ・ヴァンガードで録音されたライヴ盤。この時の演奏は『ワルツ・フォー・デビー』と本作に分散収録されており、どちらもすばらしい内容だ。
   選曲的にはスタンダード中心の『ワルツ・フォー・デビー』のほうが親しみやすいが、スコット・ラファロを中心に考えた場合は本作のほうが好適。なぜなら、こちらにはラファロのオリジナル「グローリアズ・ステップ」「ジェイド・ヴィジョンズ」とその別テイクが収録されており、加えてスタンダード曲でもラファロのベース・ソロをたっぷりと聴けるからだ。
   エヴァンス・トリオの演奏は、三位一体という言葉で表現されることが多い。それは3者の協調関係が二等辺三角形ではなく、正三角形をなしていたからだ。キース・ジャレットのスタンダーズ・トリオの原点がここにある。(市川正二)

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
ヤコブさんのレヴューに誘われて購入しましたが、オリジナルとは別のアルバムを聴いてるようでした。ライブの臨場感とは違うヴィレッジヴァンガードという感じで聴いて価値のあるアルバムでした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
名盤Waltz For Debbyの存在によって隠れているが、こちらも質の高い双子。

Waltz〜を華やかな桃色で表現すると、こちらは濃い茶色って感じでパッとした華やかさは
ないが、なんともいえない温かさと渋さがあります。Featuringとなってるように、LaFaro作曲の「Gloria's Step」と「Jade Visions」が収録されてます。
どちらも地味ながら磨けば輝くって感じで、まさに聞き込むことで良さに気づけるし、感覚
がどんどん研ぎ澄まされような感覚になる曲です。まさにJade(ひすい色)だね。

あとお勧めは何といっても「Solar」だなあ。これでもかってぐらい陶然としたアプローチを
していて、何とも妙なリズムになっててひきこまれます。ラファロのベース・ソロも充分すぎるぐらい堪能できます。

一流のベースプレイヤーの軌跡。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
一応、ヴィレッジのライブ盤二枚からセレクトしているみたいなんですが、お客様ノイズが全くと言って良いくらい無い!なんで?

ビル・エバンスのピアノの音は変わらないんですが、スコット・ラファロのベースは下の方までしっかり出ていて音の輪郭もクリアになってる、ポール・モチアンのブラシのやハイハットも凄いキレいで… 前は二枚ともXRCDだったんだけど、何だかベールが一枚も二枚も剥がされた感じの明瞭さです… いやぁ何か凄い、雑音が無いんで演奏に集中できます… 何曲か抜けてますけど仕方ないです、我慢できます。曲のつなぎの不自然さも全く無い… 二枚買いたくない人なら間違いなくオススメですね。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
リバーサイドレコードの共同経営者であった名ジャズプロデューサーオリンキープニュースによるヴァンガードライブのリイシュー盤。

まずは、ジュエルケース仕様のCDケースがとってもお洒落で綺麗。CDをケースからはずすと、そこにはグラス片手に上機嫌なプロデゥーサーのワンショット。リファインされたオリジナルジャケット写真に、キープニュースの巻頭言。ライナーの裏表紙に記載されたオリジナルライナーノーツは字が小さくて虫眼鏡がないと読めないが、2ページ目から大きい字体で復活していて簡単に読めるようになっている。その後には、キープニュースによるSunday At The Village Vanguard Revisitedのニューライナーも付いている。当時の裏事情ーギャラや薬にまつわるラファロとエヴァンスの軋轢ーその他もろもろが書かれていて興味深い。

次にーこっちのほうがずっと重要だがー音質向上が凄い。エヴァンスのピアノの高音は透き通った水のようにクリアーで、低音は鐘の音のようにぶっとく響き渡る。モチアンのドラムスは柔らかさと音幅を増し、ステイック捌きの強弱が手に取るようにわかる。ラファロのベースは音の輪郭がグット明確になり、まるで弦のしなりが見えるかのように繊細でメロディアス。ラファロのリリカルなベースが中心で、エヴァンスのピアノがその後ろで美しいメロディ
...続きを読む ›
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
以前の国内盤比較、スコット・ラファロのベースが心地よく響きます。
リマスターでアナログ(LP)の音に近づいた感じです。
マスターテープのノイズも除去されており最高です。
演奏内容については言うまでも無く、永遠の名演・名盤です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 エバンス道入門者は、大抵、本作の姉妹盤「ワルツ・フォー・デビー」から入る事と思うが、ラファロの追悼盤として先んじて出されたと言う本作の方は、親しみ易さではデビーに一歩譲るが、渋い選曲と言い、濃密なロマンチシズムと言い、総合的な魅力では引けを取らない、ピアノトリオの記念碑的名作である。マイルスが"& Modern Jazz Giants"で演奏した"Solar"など、同じ曲かと思えるほど、曲のメロディーが持つ以上の魅力ある演奏を繰り広げている。
 クールな"Solar"と対照的に、"Alice in Wonderland"の優しいメロディーは、本作の親しみやすさに大きく貢献している。最後の"Jade Visions"も同様。
 本作品には多くの別テイクが追加されていて、それはそれ、とってもオイシイけど、オリジナル盤の持つ曲配置に愛着を持つ古いファンとしては、ちとアレである。
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー