中古品
¥ 179
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【外観】平成18年4月10日第1版第2刷発行帯つき。軽度のヤケ等経年による使用感は感じられる物の、目立つ汚れイタミなどもなく概ね良好です。【内観】書き込みヤケ、折れや汚れなどもなく良好です。ご注文後は迅速丁寧に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Subversion実践入門—達人プログラマに学ぶバージョン管理 単行本 – 2005/8

5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

プログラマとして知っておきたいバージョン管理のベストプラクティスを、極めて実践的(Pragmatic)に解説
原書: Pragmatic Bookshelf刊、"Pragmatic Version Control using Subversion"
監訳者による注釈・コラム、svk, Tracに関する追補あり
----
「バージョン管理は、プロジェクトを支える三脚の第一の支柱といえるだろう。筆者の考えでは、バージョン管理をすることはすべてのプロジェクトにおける必須要件だ。
バージョン管理は、チームと個人の両方にとって、多数の利点がある。
本書では、バージョン管理について、プロジェクトでの活用という観点に的を絞って解説する。単にコマンドを列挙して解説するのではなく、プロジェクトを成功させるために必要な各種の作業を説明した上で、バージョン管理システムをそのために役立てる方法を示していく。」(第1章より)

出版社からのコメント

Subversionは、オープンソースなバージョン管理ツールで、既に幅広いユーザの支持を得ている。本書はプログラマを対象にしたSubversionの実践的な解説書で、ユーザとして知っておきたいベストプラクティスを簡潔かつ十分に解説する。
原書:
Mike Mason, "Pragmatic Version Control Using Subversion" (The Pragmatic Bookshelf, LLC, 2005-02)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 212ページ
  • 出版社: オーム社 (2005/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4274066134
  • ISBN-13: 978-4274066139
  • 発売日: 2005/08
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 258,813位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
これからSubversion、あるいはTortoiseSVNを使ってみたい、使わなくてはならない、といった人が、Subversionについて一通り勉強するにはベストの本と思う。というか、今のところ、これと「Subversion解説書」だけしか、日本語で市販の本はないようだ。この本の内容は、プログラミングの現場で起こり得る実例に即していて読みやすく、分かりやすい。開発作業で必要となる使い方のポイントは漏れなく説明しているし、陥りやすい「落とし穴」についても抜かりの無いコメントがされている。「実践的」である所以であろう。ただし、説明はコマンドラインなので、CUIに慣れていない人にはつらいかもしれない。またWindowsではTortoiseSVNクライアント(GUI)を使うユーザーが一般的と思うが、こちらには、残念ながら日本語の解説書がない。この本でのコマンドラインでの説明と、Windows GUI上のTortoiseメニューを対応させながら読む(あるいは使ってみる)ことになる。TortoiseSVN組み込みのオンラインヘルプ(英語)はあるが、DiffやMergeツールなどのGUIツールは、実際に触ってみないと細かい機能は分からない。TortoiseSVNだけにフォーカスした(GUIインタフェースを細かく説明した)本も欲しいところだ。Webには、参考になる日本語のサイトがいくつかある。こ...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
内容は「Subversion解説書」とかぶっている個所が多いが、理論的なところよりも実践主体で書かれているので、まず使ってみたい人にはこちらの方がいいかも。
リポジトリのレイアウトの例もこちらの方が詳しい。
こちらの方が新しいので、fsfsについてやtracについても(ほんの少しだが)触れられています。
どちらにしても、ざっと本を読んで実践してみて、最新情報をインターネットで調べるといった使い方が良さそう。
実際はTortoiseSVNを使う人が多いと思いますが、操作方法がGUIなだけなので、CUIの使い方も知っておくとより便利に使いこなせると思います。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
Subversion実践入門とあるが、まさしくそのとおりに実践の入門のための本でした。

薄い本ながら初めてバージョン管理システムを使用する人のために

必要性や概念から説明されていますが、

他のバージョン管理システムから移行してきた人のためにも、

使用方法や、どのように運用したほうがいいかについて

しっかり記述されています。

ツールに関する本で、単なるコマンドリファレンスや

インストールガイドになっているものが結構ありますが、

本書はそうではなく、実践するためのバックボーンとしての知識を提供してくれる本でした。

唯一難点をあげると、紙面の都合上か、ネットワークを使用しての利用、

セキュリティについて、触れている量が少ない点です。

実際に運用する際には、この点を意識しないということは

少ないと思いますので、もう少し詳しく記述してほしかったです。

また、関連ツールに関しての記述も少ないです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告