¥ 7,733 + ¥ 257 配送料
  • 参考価格: ¥ 18,208
  • OFF: ¥ 10,475 (58%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、thebookcommunity が販売、発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
¥ 7,733 + ¥ 257 配送料
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

The Struggle for the Long-Term in Transnational Science and Politics: Forging the Future (Routledge Approaches to History) (英語) ハードカバー – 2015/5/5


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
ハードカバー
¥ 7,733
¥ 7,733 ¥ 7,733
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

This book reconsiders the power of the idea of the future. Bringing together perspectives from cultural history, environmental history, political history and the history of science, it investigates how the future became a specific field of action in liberal democratic, state socialist and post-colonial regimes after the Second World War. It highlights the emergence of new forms of predictive scientific expertise in this period, and shows how such forms of expertise interacted with political systems of the Cold War world order, as the future became the prism for dealing with post-industrialisation, technoscientific progress, changing social values, Cold War tensions and an emerging Third World. A forgotten problem of cultural history, the future re-emerges in this volume as a fundamentally contested field in which forms of control and central forms of resistance met, as different actors set out to colonise and control and others to liberate. The individual studies of this book show how the West European, African, Romanian and Czechoslovak "long term" was constructed through forms of expertise, computer simulations and models, and they reveal how such constructions both opened up new realities but also imposed limits on possible futures.

著者について

Jenny Andersson is CNRS research professor at the Center for European Studies of Sciences po, Paris.

Eglė Rindzevičiūtė is a researcher at the Center for European Studies of Sciences po, Paris, and Associate Professor in Culture Studies at Linköping University, Sweden.


登録情報

  • ハードカバー: 272ページ
  • 出版社: Routledge; 1版 (2015/5/5)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 9781138858534
  • ISBN-13: 978-1138858534
  • ASIN: 1138858536
  • 発売日: 2015/5/5
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 1.6 x 22.9 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう