Strauss: Four last Songs,... がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

Strauss: Four last Songs, Arabella / Della Casa CD, Import

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,124 通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:21¥ 1,416より 中古品の出品:8¥ 260より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


登録情報

  • CD (2000/10/9)
  • SPARSコード: ADD
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: DECLE
  • ASIN: B00004XQ8H
  • EAN: 0002894671182
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 347,556位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト - アーティスト (サンプル)
1
30
5:16
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
2
30
4:03
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
3
30
3:19
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
6:00
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
5
30
7:05
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
6
30
6:57
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
7
30
8:15
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
8
30
5:41
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
9
30
3:43
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
10
30
1:43
今すぐ聴く 購入: ¥ 100
 
11
30
1:18
今すぐ聴く 購入: ¥ 100
 
12
30
3:59
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
13
30
9:35
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
R・シュトラウスのヒロインを歌わせたら、リーザ・デラ=カーザは間違いなく20世紀最高の歌手であった。この曲初演のフラグスタート、ライバルのシュワルツコップ、その後のヤノヴィッツ、フレミングと名歌手はこぞってこの曲を録音するが、スタジオ世界初録音のこの名盤の地位はいまだにゆるがない。
比較的早めのテンポでさらりと歌われているが、そんな中でも気品にあふれ、ロマンの香りを失わないデラ・カーザの声、古き良きウィーンの情緒を今に伝えるボスコフスキーのヴァイオリンソロ、甘く流れすぎずにしっかりと音楽を作り上げるベーム指揮のウィーンフィル。R・シュトラウスの遺言であるこの曲を語るにふさわしい録音である。

しかし、知名度が低く、シュワルツコップの決定盤とされるシュワルツコップ/セル盤の陰に隠れてしまっているが、人工的なシュワルツコップより、むしろ自然な流れを崩さず、曲の美しさを引き立てているデラ・カーザのほうが好ましいのでは。

後半のアラベラ、アリアドネ、カプリッチョのマドレーヌ、どこをとっても最高である。特にアラベリッシマと言われた彼女の歌うアラベラは素晴らしいの一言。個人的にはカプリッチョの最終場面も最高に気に入っている。私の中ではどう考えてもデラ・カーザこそ20世紀最高のシュトラウスプリマだ。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
「4つの最後の歌」がなぜ難しいかというと、音楽的には旋律・調性・オーケストレーションが複雑だからだろうが、さらに、ヘッセの詩が難しい。

私は「九月」という楽曲の旋律と、その詩が好きなのだが、よく読んでみると、その詩は難しい:

「九月」

雨が降っている。
バラの花が咲いている。一方、アカシアは落葉する。
「夏が微笑む」「夏が目を閉じる」という擬人化(春になればまた夢見ることができるよ、と夏は庭に微笑んでいるのか)。
私は、太陽(Sonne)が微笑み目を閉じるのかと思い込んでいたが、よく読むと主語は「夏」だった。雨が降ってるのだから、この詩には太陽は出て来ない。
上の光景を思い浮かべるのは難しい。

ベームとリーザ・デラ・カーザは、リヒャルト・シュトラウスを知っていた。つまりその二人は、作曲家リヒャルト・シュトラウスと親しかった。高橋アキが、モートン・フェルドマンの弟子であり、他のピアニストに比較して、フェルドマンを弾くのがうまいのと同様、リヒャルト・シュトラウスを知っていたベームとリーザ・デラ・カーザはうまい。ベームの指揮は「眠りにつくとき」で、イントロがフガート風に始まるところがうまい。

【追加】

音楽とは関係ない
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告



フィードバック