この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Star Trek - The Motion Picture (Widescreen Edition) [VHS] [Import]

5つ星のうち 4.4 51件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:6¥ 13,432より 中古品の出品:2¥ 9,000より

キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


登録情報

  • 出演: William Shatner, Leonard Nimoy, DeForest Kelley, James Doohan, George Takei
  • 監督: Robert Wise
  • 脚本: Gene Roddenberry, Alan Dean Foster, Harold Livingston
  • 製作者: David C. Fein, Gene Roddenberry, Jon Povill
  • 形式: Widescreen, Import
  • テープ数:: 1
  • 販売元: Paramount
  • VHS発売日: 1997/04/02
  • 時間: 132 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 51件のカスタマーレビュー
  • ASIN: 6303201954
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
ウィリアム・シャトナーさんを初めて知ったのはボストン・リーガル。
超リッチな爺さん弁護士役で、観ているうちに、この人は若い頃は
イケメンだったのでは?と思い、ちょっと辿ったら、スター・トレック
に行き着きました。内容はネタバレになるのでいいませんが、私は個人的に
スターウォーズより好きです。テレビ版の宇宙大戦争もレンタルして
観ました。背景や演出などは笑っちゃうほど、ショボい(テレビ版は1960年代?)
けど、そんなこと気にならないほど俳優陣が素晴らしい。若いシャトナーさんは
ジョージ・クルーニーさんより全然イケメンでチャーミングですし、
レナード・ニモイさんの独特のオーラと味のある演技は誰にもマネできないと
思いました。という訳で、すっかり私もファンになってしまいました。
DVDを全部集めたいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Aurasoma 投稿日 2017/8/13
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
ゆる~く進む展開と見せ場に時代を感じます☆カーク船長がボストンリーガルの人とは知りませんでした( ゚Д゚)これを見た後にスタートレックビヨンドを見ると、また楽しめます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
LD(レーザーディスク)と云う前時代の遺物が家庭で映画を所有する手段だった頃のお気に入りの映画だった。ほぼセリフも丸暗記している作品。勿論、LDは持っているけどキャンペーン販売中だったので取り敢えず購入。リマスター版と云っても最新の映画の様な解像度とはいかないが映画館で観た以上のクオリティを家庭で楽しめるのは有り難い。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
Star Trekの放映が1966年に開始され、これが1979年に公開されたことを考えると、13年の時を経て出来た待望の第1作目だったに違いない。しかも1979年って今から約40年も前の作品だ。当時斬新な特撮技術や宇宙という夢のような舞台を、多くの人々が映画館で釘付けになって観ていた事を想像してみるだけで楽しくなる。

20年という歴史があり、それに相当するシリーズがずらりと並んでいるのでなかなか手が出せなかったけれど、遂に観た。その感想ですが・・・全く予備知識が無いと何が起こっているのか、登場人物達が誰なのかさっぱり分からなかった(笑)。製作側は観客が少なからずStar Trekを知っているという前提で作っていましたね。私は招かれざる客、まだまだこれからです。

作品自体、資金潤沢、精巧さも分かります。それぞれの役者がワンシーン・ワンシーン、どのように動くべきか緻密に指導を受けているのか、ものすごく『キチン』とした作品でとても好感が持てました。それが故、作品の流れは全体的にスローにも感じました。

現代の映画はセクシーシーン盛沢山で、男女が結ばれない映画を探す方が難しい位。この作品ではIliaとDeckerが特別な感情を持ち合わせるわけですが、とにかくひたすら見つめ合うだけなんです。2人が触れ合うシーンも無かったのでは。でもIliaのあの微妙な顔つきから発する想いはとっても心に残りました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
TVの連続ものを時々つまみ食いする程度
だった少年時代には、意味を分かろうと
していなかったので、すぐにつまらなく
なっていた。

数十年ぶりに一本の映画で観てみれば、
何とも素晴らしい壮大な話で驚いている。
そう言えば、当時このシリーズを楽しんで
観ていたのは気の利いた大人達だった。

広大無辺の宇宙空間を任務で自在に旅する
設定ながら、結局のところわれわれ "人類 "
の可能性と成長を試し、人間とは何かを問
いかけ、未来の在り方を鋭くSF的に提示す
る。この辺りの発想は、特別科学コンサルタント
にアイザック・アシモフを起用した効果と
みる。

今回の物語は、
生きた機械と炭素ユニット(人間)の合体
で新たな生命が誕生し進化していくという
内容であるが、荒唐無稽とは全く感じない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ
オチなので最後まで引っ張りますが、ヴィジャーヴィジャーってうるさいわい。SWは賑やかで子供受けしますが、厳かなスタートレックは金賭けた割りに人気が無かった様です。79年当時に映画館で見たときは眠かった記憶しか残っていませんが、見直してみると素晴らしい特撮レベルですね。細かい部分を妥協せずに作りこんであります。それにしてもAIの技術特異点は意志を持つ事とは別だと思いますが、いつ来るのでしょうかね。ウィリアム・シャトナーは「巨大クモ軍団の襲撃」が妙に好きでした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す