Stadium Arcadium がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,658
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,300MP3アルバムを購入

Stadium Arcadium CD, Import

5つ星のうち 4.2 115件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,131 通常配送無料 詳細
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、フルフィルメント エクスプレスが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
【1,500円OFF対象商品】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の レッド・ホット・チリ・ペッパーズ ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Stadium Arcadium
  • +
  • By the Way
  • +
  • Californication
総額: ¥3,725
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2006/5/9)
  • ディスク枚数: 2
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: Warner Bros / Wea
  • ASIN: B000EMGAOY
  • JAN: 0093624999621
  • 他のエディション: CD  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 115件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 2,392位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. Dani California
  2. Snow (Hey Oh)
  3. Charlie
  4. Stadium Arcadium
  5. Hump De Bump
  6. She’s Only 18
  7. Slow Cheetah
  8. Torture Me
  9. Strip My Mind
  10. Especially In Michigan
  11. Warlocks
  12. C’mon Girl
  13. Wet Sand
  14. Hey

ディスク:2

  1. Desecration Smile
  2. Tell Me Baby
  3. Hard to Concentrate
  4. 21st Century
  5. She Looks To Me
  6. Readymade
  7. If
  8. Make You Feel Better
  9. Animal Bar
  10. So Much I
  11. Storm In A Teacup
  12. We Believe
  13. Turn It Again
  14. Death of a Martian

商品の説明

内容紹介

前アルバム『By The Way』以来4年ぶりとなるニューアルバムは初の2枚組。

Amazonレビュー

2枚組の大作をリリースするまでに4年間のキャリアの中断があったことは、バンドとしてのレッチリの成長についての問題を暗示しているようだ。当初はなんと、3枚組にできるほどの曲をレコーディングしていたという。トラブルメイカーとしての悪ガキぶりを売り物にパンクとファンクの融合の可能性を携え、80年代のメインストリームに切り込むオルタナティブ・ロック旋風に手を貸した彼らだが、20年ほどの歳月を経た今、パンクのエネルギッシュで生意気な部分はほぼ完全に姿を消し、ファンクのほとばしるようなリズムはこの2時間に渡る28曲のアルバムではかなり抑えられている。レッチリらしい男っぽく、時にマッチョなエッジは失われてはいないが、そのあたりは故意に控えめにして熟成した作品としている。ずっとメロウで時に内省的となっていて、クロスオーバー・ヒットとなった「Under the Bridge」に代表されるポップスの特性はないかもしれないが、ディスク1では「Snow」、「Wet Sand」、ジャズのようにクールな「Hey」といった曲が立派に花ひらいている。


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
レッチリの短所として、

ジャムセッションで大量に生まれた曲を
やたらめったらアルバムに詰め込み、
結果としてダレるという。

そんな一面があるバンドですが、
今作はダレ知らず。

常時、一定以上のクオリティで爆走し
ハイライトも程々に。

ただ
物量の多さから、名盤!って印象はあまりない。
どちらかと言えば
”レッチリのオイシイとこ詰め合わせ”という、
ベスト盤のような後味。

そして何より嬉しいのが
フリーがほんと〜〜に活き活きとして、
そこかしこで名リフを連発。

それに呼応するようにチャドも勇猛果敢。

ま、この後
フルシアンテが抜けてしまう訳ですが。

もちろん惜しいなとは思いますけど
彼のいるレッチリとしては本作で極まったと、
そんな気もするので、宜しいんじゃないかな(何がじゃ)。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 さし 投稿日 2012/12/20
形式: CD Amazonで購入
2枚組で構成も隙がない。ただし、CDを取り換える手間は嫌だな。
そう考えるとi podなどに落として聴くことになるね。jupiter側とmars側どちらか
選べと言われれば、個人的にはjupiter側になるけどね。もちろんmars側もいいけど、
車でipodとか聴けない環境なんでこうなるという。(運転中のCD交換は危険だから
やめましょう。いうまでもないけどね)
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
一聴しただけでは、よさはわからないかもしれない。

特に、28曲という新曲として聴くには膨大な曲数が納められているため、

一曲一曲が耳になじむまで聞き込むのには、少し時間がかかるかもしれない。

(私は、そうでした。始めは、ちょっと残念?なんて思いました)

でも、何度もじっくり聞いているうちに、大好きな一枚(2枚)になりました。

どんどん、「あれっ、これってこんないい曲だっけ!?私の耳は節穴だったか!」という気持ちになりました。

始めに聴いたときに、好きになった曲より、後から気付いた曲のほうが、より愛着のある「好き」な曲になると思います。

Red Hot Chili Peppersが新アルバムを出すたびに、

「がっかり」「今度こそ昔みたいな曲が聴けると思ってたのに」という声を聴くけれど、

どうして、彼らの変化を受け入れないのだろうか?と不思議になる。

人は、年月を重ねることで変化していく。それを止めることはできない。

激しい曲が欲しいなら、「Give it away」などなど…がある。

年をとって、新しい経験を重ねて、考え方や
...続きを読む ›
コメント 106人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 chibi3 投稿日 2013/3/26
形式: CD Amazonで購入
これを聞きながら、職場に向かうと足が進む。リズムがいいので暗い気持ちもすっきり。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 LED LEPPARD トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/6/9
形式: CD
 2006年、RHCPのアルバムです。

 楽曲は、前作では、ちょっとメロウ系に偏った感じでしたが、
今回は、力強いRock系、マッチョFunk系、素朴なフォーク系、メロウ系、黄昏系etcの多彩な楽曲が収録されており、
2枚組のボリュームですが、バランスよくなっています。

 演奏は、各パートとも、より表情が豊かになった、深くなったと感じます。
 また、バンド・ハーモニーが、より熟してきたな〜と、痛感します。
 各パートとも素晴らしい演奏で、各パートとも良く聴こえるけど、
どのパートも、うま〜く溶け込み合って、楽曲を構成してます。 (翌日のカレー度・Upって感じかな〜?)

 で、恐ろしいのは、John Frusciante!
 個々のプレイも、いい味出してて聴き応えがありますが、
辛口カッティング、メロウなバッキング、唸るソロ etc、変幻自在度がすんばらしいです。(前作からソロ7作をリリースした後ですし。)
 例えば、「楽曲 & AnthonyのVo」を聴いているつもりが、
。。。いつの間にか、「Johnのラインを追いかけている」自分に、何度気付かされたことか!?

 全体の印象は、
「聴くほどに、味
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー