¥ 1,500
通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
Sportiva 羽生結弦 Over the To... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

Sportiva 羽生結弦 Over the Top その先へ 2015フィギュアスケート グランプリシリーズ総集編 (集英社ムック) ムック – 2015/12/22

5つ星のうち 4.8 15件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ムック, 2015/12/22
"もう一度試してください。"
¥ 1,500
¥ 1,500 ¥ 350

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • Sportiva 羽生結弦 Over the Top その先へ 2015フィギュアスケート グランプリシリーズ総集編 (集英社ムック)
  • +
  • フィギュアスケートLife Vol.4 (扶桑社ムック)
総額: ¥3,336
ポイントの合計: 101pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

表紙と裏表紙はグランプリファイナルで3連覇を達成した羽生結弦!
羽生結弦・両面ピンナップつき。

ファイナルでの世界最高演技写真と貴重なオフショットはもちろん
スケートカナダ、NHK杯での勇姿も多数掲載。
復帰した浅田真央のここまでを振り返る現地レポートのほか、
宮原知子、宇野昌磨、村上大介、本郷理華、無良崇人、永井優香ら、
日本人選手の世界を舞台にした活躍を紹介します!

■CONTENTS■
羽生結弦 Over the Top その先へ
羽生結弦 GPファイナル「絶対王者の誕生」
浅田真央 GPファイナル「自分との戦いは続く」
[羽生結弦BEST SCENES] スケートカナダ
ブライアン・オーサーが語る2015年の羽生結弦
[羽生結弦BEST SCENES] NHK杯
[特別寄稿] 宇都宮直子「彼のスケートは人を幸せにする」
[浅田真央BEST SCENES] 中国杯/NHK杯
宇野昌磨 シニア参戦1年目、止まらぬ快進撃
小塚崇彦 全日本で求めるのは「納得できる演技」
村上大介 今までと違う緊張感と集中力で試合に臨む
無良崇人 アメリカで失った自信を取り戻して、全日本選手権に臨む

[海外選手ライバルリスト・男子編]
宮原知子 結果となって表れた、積み重ねた努力の日々
本郷理華 目標をクリア、さらなる高みへ
村上佳菜子 結果よりも大切なもの。新たな取り組みで得た自信
永井優香 重圧で押し潰され、涙する日々の先に待っていた表彰台

[海外選手ライバルリスト・女子編]
[八木沼純子さんが語る 2015全日本選手権展望]
三田友梨佳アナウンサー 「選手とコーチの師弟関係に注目です! 」


登録情報

  • ムック: 100ページ
  • 出版社: 集英社 (2015/12/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4081022097
  • ISBN-13: 978-4081022090
  • 発売日: 2015/12/22
  • 商品パッケージの寸法: 29.7 x 23.2 x 1.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 166,208位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
表紙の羽生選手、いい笑顔ですね。写真はどれも美しく温かみがあって素敵でした。
記事の内容も、冷静でありながら選手やコーチへの尊敬が感じられます。
特に、宇都宮直子氏のNHK杯での羽生選手についてのエッセイ「彼のスケートは人を幸せにする」
は、とても嬉しい内容です。この方はノンフィクション作家とのことですが、他の本も読んで
みたくなりました。
あまりにもたくさんの雑誌が出ているので、買う雑誌を絞らなければと思っていますが、
Sportivaは買い続けると思います。
コメント 70人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
JAPANジャージの羽生選手の表紙とても気に入りました。羽生選手のSEIMEIとレクイエムの両面ポスター付き。能登氏の写真が羽生選手含め他選手も本当に素晴らしい。写真もいいし選手の言葉が載っているし折山氏などのテキストもレベルが高く読み応えあります。オーサーコーチが語る羽生選手のページは特に興味深くよかったので購入して本当によかったと思います。やはりスポルティーバは安心信頼のクオリティでオススメです。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
写真の雰囲気が良いな、と思ってクレジットを見ましたら、カメラマンは能登直さんでした。
ややカット数は少ないのですが、その分質の良いショットが厳選されています。
羽生選手の表情が柔らかく自然なのも、やはり彼と能登さんの長年の信頼関係によるものでしょうか。
記事の内容も落ち着いていて、好感が持てます。
今季注目のほかの選手にも相応にページが配分してあり、バランスも取れています。
(ほとんど撮影は能登さんのよるものです)
お勧めの一冊です。
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
リラックスした表情の羽生選手の表紙が印象的で、中の写真もリラックスモードあり、真剣モードの試合シーンのカッコイイ写真アリ、綴じ込みのピンナップもかなりの大きさで大迫力…と羽生選手がメインの構成ですが、次に浅田選手が大きく取り上げられていて、また、他の選手にもきちんとページが割かれている、総合紙的ないいムック本だと思いました。

ブライアン・オーサー氏の記事の、結弦を超えるのは結弦…という言葉に象徴されるように、2015年末の羽生選手の活躍は間違いなく伝説として後世に残ると思いますし、そしてすぐに、これは伝説の始まりに過ぎなかった…ということにもなりそうですが、彼の活躍を記念して何か本を買っておこうと思われる方であれば、これは購入されてもいいのではと思います。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sopran 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2015/12/26
Amazonで購入
選手別のページ割りは、羽生選手36頁、浅田選手16、宇野選手7、小塚選手1、村上大介選手4、無良選手4、宮原選手4、本郷選手4、村上佳菜子選手3、永井選手3頁となっています。
若手の山本選手、島田選手、樋口選手、本田選手、横井選手、白岩選手、坂本選手についても簡単に紹介されています。海外選手ライバルリストは男子編・女子編共に2頁ずつです。

NHK杯での脅威の300点超えの後、それを上回る世界最高得点で前人未踏のGPファイナル3連覇を成し遂げた羽生選手の写真と記事が3分の1以上を占めており、写真と記事内容にとても満足しています。(欲を言えば宮原選手のかわいい写真がもう少しあればなお良かったです。)
写真は最後の方のごく一部を除き能登直さんによる撮影です。

「絶対王者の誕生」(取材・文 折山淑美さん)は短い記事ですが、アクシデントに見舞われた昨シーズンの不調から羽生選手がどう考え、どう立て直し今回の偉業に繋げたのかがよく分かります。
「ブライアン・オーサーが語る2015年の羽生結弦」(文 野口美恵さん)は羽生選手のモチベーションの変化について、パトリック・チャンだけでなく、彼とハビエル・フェルナンデスとの存在の違い、つまり、ライバルでありながらチームメイトであるハビエルからのアドバイスがあったこと、そしてオーサー
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
NHK杯エキシビジョン「天と地のレクイエム」の羽生選手の写真は鳥肌もの。照明が落とされた中でグリーンの衣装にスポットライト。
あえて言葉を選ぶなら、荘厳。彼がまさに天と地の間、神と人の間にいる存在であることを見事に写し出している。
もちろん皆さんご存知の通り演技は素晴らしいのだが、本誌を見てこれは写真にして残すべきものであると確信した。
浅田選手の写真も多い。すべて美しい。
女子では他に宮原選手、村上選手などもページを割かれているが、もう少しかわいらしい写真が選べなかったかな、と思う。
浅田選手の写真には外れがないだけに、比べてしまうと、少し残念。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック