Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

Kindle 価格: ¥ 1,200

(税込)

ポイント :
12pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle App Ad

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
[Mead, Walter Russell]のSpecial Providence: American Foreign Policy and How It Changed the World (English Edition)

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


Special Providence: American Foreign Policy and How It Changed the World (English Edition) 1st Edition, Kindle版

5つ星のうち4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(5)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
¥ 1,200
ハードカバー ¥18,473
ペーパーバック
¥8,557 ¥3,348
【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


商品の説明

Publishers Weekly

   アメリカには対外政策の伝統はないと考えられているが、実際には、対外政策に関する対照的な4つの主義が存在すると、外交問題評議会のシニアフェローであるウォルター・ラッセル・ミード(『Mortal Splendor: The American Empire in Tradition』の著者)は主張する。「ハミルトン主義」は、アメリカが、国内および海外で経済的にうまくやっているかどうかを重視する。「ウィルソン主義」は、アメリカの価値観を積極的に世界中に広めようとする。「ジェファソン主義」は、危険に満ちた世界の中でアメリカの民主主義を守ることに焦点を絞る。そして、好戦的でポピュリストの「ジャクソン主義」は、世界におけるアメリカの利益と名誉を守ることに積極的に取り組む。

   ミードはこれらの主義の起源と発展について詳細な歴史的分析をおこない、それぞれの長所と短所を明らかにした。ウィルソン主義が理想主義的すぎるなら、ジャクソン主義は世界に対して懐疑的すぎるが、それぞれが互いにチェックしあうことで、冷戦時代のように、どれかひとつの主義が支配的となって、「基本的なコンセンサスが得られる」ことはないと主張する。しかし冷戦が終結し、世界はより複雑になり、コンセンサスは失われてしまった。ハミルトン主義やウィルソン主義は、世界の経済と道徳をアメリカのイメージするとおりに変えてしまう機会ととらえる一方で、ジェファソン主義者は、ボスニアのような海外での行動に疑問を呈し、ジャクソン主義者は、WTOのような組織に対する疑念を抱いて、すぐに壮大なプランに「待った」をかける。

   ミードは今日のアメリカの対外政策はあまりにまとまりに欠けていると不安を表し、複雑にからまりあった歴史の糸をたくみにほどきながら、過去の4つの主義の相互作用に学ぶべきだと主張している。本書はアメリカの対応に関する議論をより鮮明なものにし、利益を求めるうえでの助けとなるだろう。
Copyright 2001 Cahners Business Information, Inc.

内容紹介

From one of our leading experts on foreign policy, a full-scale reinterpretation of America’s dealings—from its earliest days—with the rest of the world.

It is Walter Russell Mead’s thesis that the United States, by any standard, has had a more successful foreign policy than any of the other great powers that we have faced—and faced down. Beginning as an isolated string of settlements at the edge of the known world, this country—in two centuries—drove the French and the Spanish out of North America; forced Britain, then the world’s greatest empire, to respect American interests; dominated coalitions that defeated German and Japanese bids for world power; replaced the tottering British Empire with a more flexible and dynamic global system built on American power; triumphed in the Cold War; and exported its language, culture, currency, and political values throughout the world.

Yet despite, and often because of, this success, both Americans and foreigners over the decades have routinely considered American foreign policy to be amateurish and blundering, a political backwater and an intellectual wasteland.

Now, in this provocative study, Mead revisits our history to counter these appraisals. He attributes this unprecedented success (as well as recurring problems) to the interplay of four schools of thought, each with deep roots in domestic politics and each characterized by a central focus or concern, that have shaped our foreign policy debates since the American Revolution—the Hamiltonian: the protection of commerce; the Jef-
fersonian: the maintenance of our democratic system; the Jacksonian: populist values and military might; and the Wilsonian: moral principle. And he delineates the ways in which they have continually, and for the most part beneficially, informed the intellectual and political bases of our success as a world power. These four schools, says Mead, are as vital today as they were two hundred years ago, and they can and should guide the nation through the challenges ahead.

Special Providence is a brilliant analysis, certain to influence the way America thinks about its national past, its future, and the rest of the world.

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 4777 KB
  • 紙の本の長さ: 392 ページ
  • 出版社: Knopf; 1版 (2012/6/20)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 英語
  • ASIN: B0086N7DSU
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
評価の数 1
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ
100%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件のカスタマーレビュー

2003年2月11日
形式: ハードカバーAmazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告

Amazon.com で最も参考になったカスタマーレビュー

Amazon.com: 5つ星のうち4.1 38 件のカスタマーレビュー
Leonard J. Wilson
5つ星のうち5.0Thought Provoking Analysis
2012年4月24日 - (Amazon.com)
Amazonで購入
28人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Trevor Merris
5つ星のうち5.0Hundreds of years explained
2016年1月20日 - (Amazon.com)
形式: ハードカバーAmazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Joseph Ryan
5つ星のうち4.0Mead on Special Providence
2005年8月21日 - (Amazon.com)
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Dad to 2 wee nippers
5つ星のうち5.0Great read for anyone interested in the US and the world (which should be everyone!)
2013年6月13日 - (Amazon.com)
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazon Customer
5つ星のうち5.0U. S. Foreign Policy Schools of Thought
2015年8月28日 - (Amazon.com)
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
click to open popover