中古品:
¥ 108
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 Round3JP
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご注文確定の翌営業日にアメリカ合衆国・ジョージア州より発送いたします。全商品
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Southern Steel Import

5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:3¥ 2,593より 中古品の出品:9¥ 107より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の スティーブ・モーズ ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック


登録情報

  • CD (1991/2/5)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Mca
  • ASIN: B000002OF6
  • EAN: 0008811011222
  • 他のエディション: CD  |  カセット
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 95,354位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. Cut To The Chase
  2. Simple Simon
  3. Vista Grande
  4. Sleaze Factor
  5. Battle Lines
  6. Southern Steel
  7. Wolf Song
  8. Weekend Overdrive
  9. Arena Rock
  10. Point Counterpoint


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 LED LEPP トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/2/1
形式: CD
 1991年、STEVE MORSE BANDのアルバムです。

 「Steve Morse・初期の名盤」と評判の高いアルバムですが、私も、同感です。
 曲のバラエティ、超絶技巧プレイ、エモーショナルなプレイ etc、
Steve Morseの魅力を余すことなく伝えてくれるアルバムです。

 いきなり超絶技巧・爆発!なアップテンポな曲、tr. 1
 「静」をベースに、随所でテクニカルなフレーズが出てくる、tr. 3
 泣きメロを「歌うギター」で魅せてくれる叙情的なバラード、tr. 7
 パワーメロで「強く歌うギター」で聴かせてくれる、tr. 9
 バッハの鍵盤音楽のような、tr. 10  

 などなど、魅力満載です。

 演奏は、
Steve Morse (G), Dave Larue (B), Van Romaine (Dr)
ゲストで、Jeff Watson (G on "Cut to the Chase", NIGHT RANGER) です。
 
 Steve Morseは、セルフコントロールの天才という感じがします。
 「音は正確に出し、ノイズは確実にミュート」
「エモーショ
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 blue devil 投稿日 2004/7/18
形式: CD Amazonで購入
前作「High Tension Wires」は、Steve Morseのソロ・アルバムとしてアコースティックなサウンドを追求したものでしたが、1991年発表の本作品は、Steve Morse Bandとしてファンキーなヘビーメタルと前衛的なカントリーをミックスしたインストを追求した作品です。
メンバーは、Guitar、Guitar SyntheにSteve Morse、BassにDave Larue、DrumsにVan Romaine。
元NIGHT RANGERのJeff Watsonが、中間部のタッピング・パートでエイト・フィンガーズ・タッピングと後半のSteveとのギター・バトルに参加している疾走感あふれるハード・チューン「CUT TO THE CHASE」、
クリーン・トーンのチキン・ピッキング・パートとディストーションのかかったヘビーメタル的なメインテーマからなる「SIMPLE SIMON」、
カントリー・フレーバーたっぷりな「SOUTHERN STEEL」等のSteve Morse Bandの代表曲を収録する最高傑作アルバムです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
断然コレですが、正直ほかでもいいような(笑
超絶技巧ですがテイストがスーパーアメリカン
なので、派手な割にあっさりと、凄まじいけど
聴くのにストレスを感じないライトさが魅力です

逆に音楽そのものの奥深くには入っていきにくい
というか、どうしても耳が表層テクニカル処理的な
パフォーマンスに捉われてしまうので、実際どの
アルバムを聴いてもほぼ同じに聴こえてしまいます

このアルバムのラストナンバーの音のクリアさが
なんともアメリカ的。鮮明で、乾いた野太い弦の
織り成すアンサンブルに心が浮遊します
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
スティーヴ・モーズが彼自身の名義で1991年に発表した初期の最高傑作です。実質的なソロデビュー作「High Tension Wires」(1989年)ではやや消化不足な印象を受けましたが、このアルバムあたりから剛腕ハイテクギタリストとしてのキャラクターが早くも確立された感がします。この作品ではギターに加えてギターシンセを導入して音の広がりが格段に増したうえに、楽曲としての完成度も一段と磨きがかかり、スティーヴ・モーズ自身の堅調な成長が明らかです。

さてギターマニアにとって大いに気になるハイテクプレイぶりですが、たとえば6曲目のアルバムタイトル曲「Southern Steel」で聴かれる目にも止まらない超絶プレイはまさに驚愕の一語。とてつもない速さのパッセージがこれでもか!という感じで叩き出されていますが、それでいて胃にもたれないカラッとした爽快感はスティーヴ・モーズしか出せない作風です。ジャンルは異なりますが、ちょうどエドワード・ヴァン・ヘイレンのプレイを聴いた時に受ける印象に一脈通じます。豪快でいて繊細、そして全力疾走しながらも汗の匂いをほとんど感じさせない独特のプレイは、やはりギター好きにとっては堪らない魅力を放っています。まだまだ日本ではあまり知名度が高くないスティーヴ・モーズですが、ギター好きにはぜひお勧めしたいミュージシャンです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック