中古品
¥ 680
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ☆帯、付きです。 ☆カバー、特に問題なく綺麗です。☆本、折れや書込みはありません。☆厚手クリスタルパックで包装し発送します。朝7時まで注文分は当日の発送対応!(土日も対応)。(到着予定日はヤマトメール便・日本郵便クリックポスト各規約によります(最長発送日から4日目となります)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

South-ing JEEP ISLAND 単行本 – 2006/11/17

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 680

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

日本から3,500キロ、ミクロネシア連邦チューク州のトラック環礁内にある
1周4分、直径34メートル、野球場の内野ほどの大きさしかない小さな島があります。
椰子の木と美しいハウスリーフをもつ通称『ジープ』という名のこの島は、
1997年にそれまでサラリーマンだった吉田宏司氏が
一念発起して住み始めるまで、手つかずの自然が残る無人島でした。
現在、9年の時を経たジープ島は、そのロケーションと共にイルカと泳げる癒しのスポットとして
多くのダイバーから注目を集めています。
本書は、吉田氏が無人島暮らしの中で感じた様々な思や、
開島からのエピソードを書き綴ったエッセイと、
カメラマン宮地岩根氏の美しい海や珊瑚礁、
神秘的な沈船やイルカの写真を収蔵。
誰もが心の中に持っている、遠い南の島への憧憬を刺激する一冊です。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

吉田/宏司
随筆家・海洋研究家でもある氏は、JEEP島のある現地で、マネジメントやゲストの全ての道先案内を行っている。1997年から「開発」で荒らされていないトラック諸島に夢を託し移り住み、最も環境のいい無人島を、持ち主であるアイセック氏の協力を得て、人が滞在できる状態にしてジープ島として開島する。そのユニークな生き方が注目され、同時にアルパを筆頭としたイルカ達との触れ合いを探求し続け、今やトラック諸島でのドルフィンスイムのパイオニア的存在でもある

宮地/岩根
フリーランスのカメラマン。雑誌・広告写真を中心に活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 244ページ
  • 出版社: 晋遊舎 (2006/11/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4883805891
  • ISBN-13: 978-4883805891
  • 発売日: 2006/11/17
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 352,806位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
友人から貰った一枚の絵葉書には小さな島が、とっても綺麗で一目で惚れました。

それが、Jeep島!!

いつかは行ってみたいなぁ〜と思って瞬間。

行動を起こさないと始まらない…と、もう一人の自分が嗾ける。

なにか分からない勢いを背中で感じつつも即日予約を入れてました。

実際に行ってみると想像を遥かに超えた島でした。

言葉では言い表せない。物凄く綺麗な海に、天の川がしっかり見える満天の星空、

潜れば人懐っこいイルカなど最高の思い出。

なにもない中で、何かを忘れかけていた自分を取り戻すことが自然に

出来て一生忘れられない時間を過ごす事が出来ました。

そんな思い出を思い起こせてくれた本です。なんだか感謝!!
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
自分の知る世界だけがすべてではない。日本で長く暮らしていると、これほどシンプルな事実さえ頭をよぎらなくなる。多くの人との出会いがあっても、真の接点がない生活の連続に、気づかないうちにも、疲れが蓄積していく。気づかないことが一番怖いのだ。

この本にぎっしりと詰まった写真に目をやると、にわかに心がほぐれてくる。ダイバーと戯れる幻想的でさえあるイルカの群れ。水の色は蒼く濃い。島を全方向から囲む、突き抜けるようで開放的な空の青さとは違い、ゆっくりと心に浸み込んでくるような蒼さだ。無条件に優しいイルカとの遭遇−もちろん、写真の中に見える、人ごとなのだが、癒しが伝わってくる。

本書は写真がメインだと思う。イルカ伝説や海賊、ダイビング、無人島生活の話など、非常に興味深いエッセイがいくつも収められているが、それ以上に宮地氏の写真から伝わってくるものが大きい。屈託ない周辺島民の笑顔、ヤシの木がシルエットとなる魅惑的な月夜の情景、そして光輝いく珊瑚の海など、心を開放してくれる写真が多く収められている。

少しペースを緩めて、遠くを眺めてみたいという方にお薦めの一冊だ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
絵本や小説に出てきそうなくらい小さな無人島の本。

私も実はジープ島に行った事がある。

そこは本当に小さくて海がきれいな島。

泳ぐのも海も怖かった私がジープの海では素潜りが出来るように。

夜は満天の星空の下で寝て、天の川を見て、月明かりなんかまぶしいくらい。

southingの青の綺麗さに、そうそう、こんな感じだったな〜と、うっとりしたり笑ったりして見ました。

文と写真の組み合わせが最高。

イルカ、スコール、夕景、星、笑顔、すっごい生き生きした写真に

普段は忘れてしまっているけど、ハッとさせられるような事が書いてあったりする。

毎日猛スピードで過ぎて行くけど、southingはちょっとゆっくりした気持ちにさせてくれる。

ちょっと疲れた時に読みたい本。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック