Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,194

¥ 185の割引 (13%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[Murakami, Haruki]のSouth of the Border, West of the Sun: A Novel (Vintage International)
Kindle App Ad

South of the Border, West of the Sun: A Novel (Vintage International) Kindle版

5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー

その他(6)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,194
CD, Audiobook
"もう一度試してください。"
¥ 2,160 ¥ 3,936

紙の本の長さ: 224ページ Word Wise: 有効 タイプセッティングの改善: 有効
Page Flip: 有効 言語: 英語
【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


商品の説明

内容紹介

Following the massive complexity of The Wind-Up Bird Chronicle--Haruki Murakami's best-selling, award-winning novel--comes this deceptively simple love story, a contemporary rendering of the romance in which a boy finds and then loses a girl, only to meet her again years later.

Hajime--"Beginning" in Japanese--was an atypical only child growing up in a conventional middle-class suburb. Shimamoto, herself an only child, was cool and self-possessed, precocious in the extreme. After school these childhood sweethearts would listen to records, hold hands, and talk about their future. Then, despite themselves, in the way peculiar to adolescents, they grew apart, seemingly for good.

Now, facing middle age, finally content after years of aimlessness, Hajime is a successful nightclub owner, a husband and father, when he suddenly is reunited with Shimamoto, propelled into the mysteries of her life, and confronted by dark secrets she is loath to reveal. And so, reckless with enchantment and lust, Hajime prepares to risk everything in order to consummate his first love, and to experience a life he's dreamed of but never had a chance to realize.

Bittersweet, passionate, and ultimately redemptive, South of the Border, West of the Sun is an intricate examination of desire, illuminating the persistent power of childhood and memory in matters of the heart.


From the Hardcover edition.

Amazon.com

In South of the Border, West of the Sun, the arc of an average man's life from childhood to middle age, with its attendant rhythms of success and disappointment, becomes the kind of exquisite literary conundrum that is Haruki Murakami's trademark. The plot is simple: Hajime meets and falls in love with a girl in elementary school, but he loses touch with her when his family moves to another town. He drifts through high school, college, and his 20s, before marrying and settling into a career as a successful bar owner. Then his childhood sweetheart returns, weighed down with secrets:
When I went back into the bar, a glass and ashtray remained where she had been. A couple of lightly crushed cigarette butts were lined up in the ashtray, a faint trace of lipstick on each. I sat down and closed my eyes. Echoes of music faded away, leaving me alone. In that gentle darkness, the rain continued to fall without a sound.
Murakami eschews the fantastic elements that appear in many of his other novels and stories, and readers hoping for a glimpse of the Sheep Man will be disappointed. Yet South of the Border, West of the Sun is as rich and mysterious as anything he has written. It is above all a complex, moving, and honest meditation on the nature of love, distilled into a work with the crystal clarity of a short story. A Nat "King" Cole song, a figure on a crowded street, a face pressed against a car window, a handful of ashes drifting down a river to the sea are woven together into a story that refuses to arrive at a simple conclusion. The classic love triangle may seem like a hackneyed theme for a writer as talented as Murakami, but in his quietly dazzling way, he bends us to his own unique geometry. --Simon Leake

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 3158 KB
  • 紙の本の長さ: 224 ページ
  • 出版社: Vintage; Reprint版 (2010/8/11)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 英語
  • ASIN: B003XT602M
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2000/11/28
形式: ハードカバー
日本での発表時、村上作品にしてはやや辛口の批評を受けた中編の英語版です。長さもストーリーの展開も中途半端に思われた作品が、改めて英語版で読むと、引き締まって、無駄のない、タイトな作品に生まれ変わったようです。「雨月物語」が現代に甦り、作者の手で優れたラブストーリーに昇華したといっては大げさでしょうか。印象的な最後の数行は、長く重く心に残ることでしょう。新しい訳者の評価は、アメリカでは今ひとつのようですが、私には違和感なく読めました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
This novel's hero, whose life was contented and even envious, one day happened to meet a childhood friend. Since then, he was intrigued by her mysterious world which gradually invaded his mind and tried to wipe off his successful life... Just the same as his former successful novel "Norwegian Wood", loneliness in each character's mind was openly and naturally expressed, which I liked the most. Another point I loved was the implied idea that free market capitalism was substantially imperfect from the aspect of morals, which I thought seemed to predict the recent worldwide financial catastrophe.続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
恥ずかしながら、満足がいくまで読みきるのに3年の歳月を要した。

日本語版「国境の南、太陽の西」は、今まで何度も読み返しているので、本編もほとんど辞書なしでも読みこなすことはできる。

ただ、英文になったことで、イメージの膨らませ方に時間が掛かった。そして、言語の差はあるが、やはり同じ世界観であるという結論にたどり着いた。

満足がいくまで読みきることができる翻訳。納得がいった。

ただ、表紙絵が気持ち悪い、★ひとつ減。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
社会人留学中に書店でたまたま手に取ったので、英語版で読むことになりました。

村上春樹は人並みに読みますが、この作品は、日本語のタイトルさえ聞いたことがなかった。
そして初めの数十ページは正直言って退屈極まりなかった。

しかし。。。

路線がまるでちがいますが、「羊」と並び、私の中での最高傑作になりました。
おそらく翻訳家さんも、最高の仕事をしたのでしょう。もう何回かは読むと思います。

<以下、軽度のネタバレおよび雰囲気がわかってしまうコメントです>

ただの私見ですが、心に響く理由のひとつは、
誰もががフタをしている体験に光を当てているからでしょうか。

初恋の人と結婚し ほかの人にわき目もふらずに、死ぬまで寄り添う…なんて人はめったにおらず、
誰にでも、今の伴侶と出会う何十年も前に、別の好きだった人がいます。子供の頃だって誰かいます。
それと、深く傷つけた相手だって誰にでもいます。
もしもその人が25年もたって現れたら…

もう一つ理由を挙げると、
同氏の作品には珍しく、仕事や家庭のリアル、しかもどちらかといえば良いほうへ上昇していく様が描かれているのも新鮮でした。<
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/4/6
形式: ペーパーバック
Many american news writer were full of the usual simplistic acclaim for Haruki Murakami. I had no problem with what they showed newsy, but the writing was white lie and meretricious anti septic acclamaion.
“Childhood love lost ”....This word is good for nothing. Meaningful relationship is like nosh. Nostalgie de la boune's nostalgist melt into your memory element. Cuz obsessionist make an idol of toots.
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover