Kindle Unlimited読み放題の対象です
ポイント: 11pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送 5月28日 土曜日詳細を見る
または お届け日時指定便 最も早いお届け日 配送 明日 8:00 - 12:00の間にお届け 2 時間 5 分以内にご注文の場合。 詳細を見る
在庫あり。
Kindle版は、無料のKindleアプリがあればお持ちの端末で今すぐお読みいただけます。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
Sound & Recording Magazin... がカートに入りました
配送料 ¥350 5月 30-31日詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
発売元 えーほん堂
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 表紙に折れ目(開き癖)、引っ掻き傷が多少ありますが、書き込みや破れはありません。※商品の状態についてご不明な点がございましたらご連絡下さい。除菌クリーニング済みです。発送方法はゆうメール(追跡番号なし、土日祝日のお届けはありません)になります。クリアパック、封筒に入れて迅速に発送します。但し既定のサイズ、金額を越える場合は郵便局、またはヤマト運輸の追跡番号付きの発送となります。※十分な検品、クリーニング処置を施し出品いたします。万が一本商品に不備があり、ご満足いただけない場合は注文履歴から「出品者に連絡する」もしくは「商品の返品・交換」にてご連絡頂けましたら即座に対応させていただきますのでご安心ください。
シェアする
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2022年 1月号 (表紙&巻頭特集:プライベート・スタジオ2022) 雑誌 – 2021/11/25

5つ星のうち4.1 51個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥1,100

購入を強化する

よく一緒に購入されている商品

  • Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2022年 1月号 (表紙&巻頭特集:プライベート・スタジオ2022)
  • +
  • Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2021年 12月号 (巻頭レポート&インタビュー:TM NETWORK)
  • +
  • Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2022年 2月号 (表紙&巻頭:DEAN FUJIOKA) (付録小冊子:『サンレコforビギナーズ2022』音楽制作ツール購入ガイド)
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
一緒に購入する商品を選択してください。

出版社より

【表紙&巻頭特集】プライベート・スタジオ2022

プライベート・スタジオ2022
プライベート・スタジオ2022
プライベート・スタジオ2022

毎年1月号恒例のプライベート・スタジオ特集、今年は国内外16 組のアーティスト/ミュージシャン/エンジニアに、自身の作業環境を披露していただきました! 充実の設備を誇るスペースや、制作のみならず配信を視野に入れたスペース、さらには商業スタジオとは一線を画した空間まで、そのスタイルはさまざま。読者の皆様には制作時の工夫や機材セットアップの参考にしていただけたらと思います。

■自宅録音&DIY配信のクオリティ・アップ術

プライベート・スタジオ2022

近ごろ、ますます必要性を高めているホーム・レコーディングや自宅からのライブ配信。クオリティ・アップのためには、まず"音の入り口"を見直すのが近道だろう。この企画では、エンジニアの林憲一氏が普段から愛用のソニー製コンデンサー・マイク=C-100を使いながら、マイキングを指南。バック・トラックに合わせての歌録り、アコースティック・ギター録音、弾き語りやデュオのレコーディングなど、さまざまなパターンを解説していただいた。また、廉価のコンデンサー・マイクを音質比較用に使ったので、C-100との違いを連動音源で確かめてほしい。それでは、自宅録音&DIY配信に効くレクチャーの始まりだ!

■Ableton Liveを使う!ライブ実用例 織田哲郎/RED ORCA/感覚ピエロ/モノンクル

プライベート・スタジオ2022

ドイツで生まれ、2021年で発売20周年を迎えたDAWソフトAbleton Live。楽曲制作ツールとしてもさることながら、その名の通りライブ・パフォーマンスに適した機能や操作性、優れた安定性がプロからの厚い信頼を得ているのだ。ここでは、4組のアーティストによるライブ・パフォーマンス内でのAbleton Live 実用例を紹介。時には多様な楽器を操るマルチプレイヤーの中核を担うシステムとして、またあるときはバンド編成にとらわれない表現を可能にする自由な楽器として、プロの現場でAbleton Liveが見せる目覚ましい活躍を紹介していく。

登録情報

  • ASIN ‏ : ‎ B09K21M14N
  • 出版社 ‏ : ‎ リットーミュージック (2021/11/25)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2021/11/25
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 雑誌 ‏ : ‎ 292ページ
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.1 51個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1
星5つ中の4.1
51 件のグローバル評価

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2022年4月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入